2009年11月2日月曜日

ラクダ本ほしいなあ

 とりあえずシミュレーションで途中でマシンが止まっても大丈夫なようにプログラムを書き換えた。



 変数を増やすと上手く子プロセスが進行しなくなったので、共有する変数の数は変えず、プロセスのある地点でそれまでの結果を抜き出してファイルにまとめられるようにした。とりあえず全プロセスを4つに分け、四段階でファイルのバックアップを取るように設定したので、途中で止まっても上手く再開することが出来るだろう。



 簡単なテストは成功したので、今は60*60*100でシミュレーションを行っている。上手くいったらもう少しパーティション分けを細かくするつもり。3コアでやってんだから落ちないでくれよ~。




 やってみた感想としてはperlは結構便利だな。もっと使いこなせるようになりたい。CGIでも自由にプログラミングが出来ればいいが。



 オライリーから出てるperlのラクダ本がほしいなあ。あれすごく高いけど、バイブルなんだよなあ。

 でも進化学会の旅費が入んないので当分無理。・・・ふう。



 明日もまた泊りがけでコーディングだろう。今度はあんまハードル高くないからいいけど。

0 件のコメント: