2009年11月24日火曜日

申請書から思うこと。

とある申請書Aは書く気がさらさらない。しかし書かなければならない。

また、別の申請書Bはやる気満々。

見る人が見れば何のことかお分かりだろう。





申請書Aには結局2週間かかり、しかも中途半端な出来。一方、申請書Bは3日で済んだ。
結局本人のやる気の問題なんですね。


後輩の育成もこれと同じで、いくら知識や技術を教えても、あまりやる気の無い子には意味がないのでしょう。逆にやる気さえあれば、(今は駄目でも)知識や技術は後からどんどん付いてくる。

うちのラボは後者ばかりが集う場所であり続けてほしい。

0 件のコメント: