2010年1月31日日曜日

柳仙疲れ

柳仙後3名で2次会だった。おきまりの○まん屋へ。

結局看板の2時までいて帰宅。珍しくヤンキーがめちゃうるさかった。

土曜日は普通に過ごしたのだが、8時半過ぎすごい眠気が襲って来た。

眠気には戦う主義ではないので、風呂に入り(風呂でも寝て)9時過ぎには寝てしまった。

今朝の起床は9時だったから、12時間寝たことになる。子供よりも寝ている。ひさしぶりだな〜こんなに寝たのは。

今日は鉾田にある室内プールにキッズを連れて行くのである。

そういえば、柳仙でのアッキーのパラオの話おもしろかった。特にビールを飲みながらのフィルタリングの件が最高でした。

2010年1月30日土曜日

柳仙にて、、、

また寝てしまった。

寝るつもりなど毛頭ないのに。。。
突然スイッチというか電池が切れる。
ブレーカーが落ちるがごとく、目の前が真っ暗になり、気づくと1~2時間平気で経っている。

寝起き一発目で下ネタを言うのが恒例になりつつあるが、

こんな僕も既にアラサーの2児の親である。

2010年1月29日金曜日

今日は楽しい柳仙の日~

本日七時より柳仙で宴会がある。


今回は三年生も来るしかなり大規模である。


このイベントに全力で臨むために今日の昼飯は早めにとって腹を空かせる!

昼寝もして眠気もばっちり取った!

セミナーのプレゼン資料には殆ど手をつけてない!       orz





ここ二週間くらいダイエットに挑戦し3kgくらい痩せたがこれで台無しになるだろう。


しかしながらこれに関してだけは出し惜しみするわけにはいかないのである。
だって美味しいんだもん。






ふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふ、喰うぞ~

2010年1月28日木曜日

文字にするのは苦手だぜ

Result&DiscussionとConclusionとFigure Legends(日本語)は書いた。



が、どうも手応えがない。とっても自信ない。



まあ初めて書く論文で自信があるという方がおかしいのだろうけども。



口で何かを説明するのと文字で説明するのでは全く勝手が違いますね。口で説明するときはいいながら修正したり付け加えたりするのも可能だが、文字だとそうはいかない。分かりやすい言葉で、簡潔に、何より正しく説明しなければならないというのは非常に難しい。


話の流れのおかしさとかも文章だと露骨に出ますしね。



とりあえず、自分の書きたいことを書いたという感じだが、指導教官に跡形もなく改変されるでしょうね、きっと。。。フィギュアは大丈夫だと思うけど。



そしてこの後はB2セミナーで発表するプレゼンを急いで作らなければならぬ。

今度はなるべくシンプルに作りたい。

2010年1月27日水曜日

RAx「愛がなきゃ動けないっすよ」

kami様のプログラムである配列を35aaくらいの短いウィンドウに分け、それらを順々にRAxMLで解析する、ということをしている。


が、なぜかWindowの解析が途中で止まってしまうことがあり、どうやらUser TreeをWindowのデータについて最適化して尤度を計算するというところで止まっている。どうも計算が永遠に終わらないようだ。


この解析はPROTGAMMA+Fの設定で行っていたのだが、これをPROTGAMMA"I"にするとなぜか計算がうまく進む。どうやらFは要らないらしい。




結論:RAxMLは愛がなきゃ動かない。





。。。というくだらないことは置いといて、なぜこうなってしまうのかとても不思議だ。



+Fがあると駄目って言うのは、配列がすごく短いからWindowによっては配列の組成に大幅な偏りが生じてしまうことに原因がありそうな気がするのだが、何故+Iのみだとうまくいくのかよく分からん。なんなんだ。

しぶといなさすが緑しぶとい

自分が今培養しているEuglenaの一種であるPhacus,葉っぱみたいにひらひら動くのが特徴だが、ここ最近は集団で寒天質の膜みたいなものに包まれて動かない。


これはパルメロイドといって、環境が悪いとその状態になるらしい。


そして現在ほぼすべてのPhacusがパルメロイドを形成している。

ようするに今の環境が彼らにとってあまりよろしくないようだが、それでも死滅することなく膜に包まれたまま元気に(?)殖え続けている。



そして何故か元気に動き回るやつがいつも必ず2,3匹いる。パルメロイドを破って出てきたやつかな?


とりあえずRNAとか取りたくなったら培養条件を考えないとなあ。

2010年1月26日火曜日

ファイル同期

SugarSyncを導入し、オフィスのdesktop、モバイルPC、家のPCとDocuments folderが同期するようにした。

SugarSyncには去年末から興味があったのだが、思い切って60GBを購入した。自分のDocument folderは7GB程度なので、丸ごとクラウドにコピーしても余裕です。

まだ慣れていないので、これから使い勝手が分かると思います。が、ネットでのSugarSyncの評判は上々です。

これでどのPCでも仕事がシームレスでできます。「USBを家(あるいはオフィスに)に忘れた!」とか、家に電話して「PCのどこそこのファイルをメールに添付して送って!」とかせずに済みます。

それに音楽ファイルがストリーミングできるようですが、まだ試していないです。

これで論文がスイスイ書けることに?

ところで、今日はカナダの東海岸からのお客様のセミナーがあります。

前回のセミナー演者も同じ大学からですが、その隣のラボに所属しています。みんな、怖がらずに参加しましょう。きっとためになるはずです!

2010年1月25日月曜日

軽〜い!

T辺さんにキーボードを新しく付けて貰いました。


反応がすごく軽い!



前のと比べると段違いですね〜。小さいから場所も取りませんし。



キーを打った感触も気持ちいいです。


”打ってる”という感触がします。


前のは板を叩いてる感じだった。。。

すんげえ打ち辛い

前から思ってたんだがMac付属のキーボードむちゃくちゃ打ち辛いんだよね。




薄いのよ、キーが。




もっと厚い奴でガチャガチャ打ちたいわけよ。





今のキーボードだと指が疲れる。





マウスもそうだがMacの周辺機器って機能性よりデザイン重視な気がする。


別にデザインもこれといって好きじゃないけど・・・

2010年1月24日日曜日

今日は作業はムリですね

やはり現役と同じ練習を一日中やると体にキますね。



今日も研究室には来たんだが、「体動かない」「頭働かない」「やる気起きない」といった具合で心技体三拍子そろって出力不足。




データに対する回帰分析やその結果に対し統計的にどう結論付けるか、といったことをボスに質問したかったんだが、今日は来てないみたい・・・






ということなので、今は完全なる無気力状態。




なんか面白いことないかね。

勉強不足

無念だ、無念すぎる。
実験に必要な生物(とあるノリの一種)の株が手に入らない。

しかもその原因は自分の勉強不足で時期を逃してしまうという間抜けさ。
思い込みではなくきちんと情報を集めるべきであった。

みなさんごめんなさい。その分ほかのところでカバーできるようにします。

それはそうと、うちの高額機器もうまく働いているようだ。今週中にも1つの研究テーマで必要な「定量的」データはそろうはず。来週からは別のテーマでの定量性について解析し、ひたすら論文を書くことになるはず。「はず」が多いが、この手の実験、予想外の結果が出ることはしばしばあるので柔軟に対応していけるようにしなければ。

2010年1月22日金曜日

早いんですけど(゜д゜)

思ったら今日は金曜日ですか!?


なんか土日作業してから今日までが凄まじく短かったんですけど!?




こりゃー、一日を上手に使わないと月日が経つのが一瞬ですね~。





が、明日は部活の一日練習に参加するので、とりあえず今日はもう寝る。

次にやること

今書いてる論文が完成したら次に何をするか?


そういうことについて今日話す機会があった。


今やってることが終わらないうちにあれもこれもと手を出すのは中途半端。しかしながら、自分の出した結果を次にどう発展させるか、または新しいことをやるならどんなテーマならproductになり得るか、そういうことを常に考えるのは研究者になるには必須な能力だと思った。



自分としては次はwet実験主体の研究をやりたいと思っている。wetにはwetの、dryにはdryのノウハウや苦労があり、どちらか一方で得られたものがもう一方で役に立つこともある。そのどちらもを経験することは自分にとって将来大きな財産になるだろう。勿論それで成果があってこその話だが。




ただ、今のところ自分としてはdryな方向に進みたいと思っているので、出来ることなら二つの分野の研究を両立、出来なくてもプログラミングやコンピュータサイエンス、統計学や数値計算などの勉強は絶えずやっておきたい。






とはいえ、今は「論文を書く」ということに集中するべきだろう。


来週前半までにはresult&discussionまでの日本語版を書き上げたい。がんばるぞ。

おひさしぶりです

ついにこの時が来た。

半年ほどラボの片隅で埃をかぶり、
カタログ置きにされ、
若干邪魔物扱いされていた「高額機器」が機能する時が来た。

リアルタイムPCR。
通常のPCRにおけるDNA増幅過程で2本鎖DNAへの蛍光物質の取り込みや蛍光プローブの破壊をおこし、その蛍光量の変化からDNA量の変化を推定し、DNA量(コピー数)を計算する機器だ。

こう書くとそこそこ威厳はありそうだけど、言ってしまえば「試薬をいろいろ混ぜて、スタートボタンをぽちっとな」で済む。

帰り際にかけてきたので結果は明日。約2年ぶりに触ったこの手の機器は言うこと聞いていてくれただろうか。

2010年1月21日木曜日

ふいー

久しぶりにこの時間まで実験室で作業した。



論文に新しく加えるデータを全部まとめて図を書いた。


あとFigure legendsが図一個分残っているので、それを書き終わったら明日からResult&Discussionを書き始めることができる。



毎日一時前には就寝し八時には起きるようにしてるので、今日は早く帰ってふろ入って寝なければ。





しかし、図多いな........俺の



ボスにも投稿するジャーナルの図の制限数を確認してみろと言われたので、明日確認してみよう。

でっけ



頼んでいたトナーがきた。



予想外にでかかった。




これだ容量がありゃそりゃ高いですわな。

2010年1月20日水曜日

うちのボスwwwwwwww

今さっきボスからccでメールが回ってきた。


今度柳仙に行くので三年生を誘ってくださいといっていたのでその御誘いのメールを自分にも一応回してくれたようだ。




ふと見てみると、ボスの誘い文句が






「絶対に、超・ウルトラ・ミラクル馬いのでぜひ参加してください」




(゜。゜)








.....ハードル上げまくってるよwww








普段こんなこと言わない人なんだけどなあ。よっぽど好きなのかな。







それにしても、どうもうちのトップ陣はどっか子供っぽいところがあるな。





なんにせよ、う○こ野郎どものせいで擦り切れた神経がほぐれました。






丁度論文に載せるデータで足りないものがありプログラムに機能を付け加える作業が控えてましたので、ガンバリマス。

2010年1月19日火曜日

行かなきゃ良かった

事前に裏話を聞いていたからバイアスがかかっていたかもしれないが、あまりにもイライラして途中で出てきてしまった。



若輩者の意見ですが、言いたいことが二つあります。


一つ、


「この結果が間違ってて怒られてもいい、それで議論が活発化すればそれでいいと思ってこの結果をsubmitしました」


そんなことするからサイエンスの世界が汚れていくんです。


一見大義名分のように聞こえますが、それは単なる言い訳です。じゃあ聞きますが、だからといって客観的根拠のない結果をさも当然のごとく出していいんですか? それとでっち上げとはどう違うんですか? やってることの程度の大小で区別するのはナンセンスです。


それが許されるのは、その時点では皆(人間)が納得できる根拠が得られているが、実はそれは方法論に限界があって我々(人間)が真実を正確に探り当てられてない、という場合のみです。科学の発展はその限界を突破することでのみ起こるんです。



二つ、


自分の結果について根拠が薄いと言われたときに、すぐ「分類の世界は曖昧だから〜」とか「人によって〜」とかいった理由を挙げるのはやめなさい。それは理由になってないです。そんな当たり前のことはわかっている上であなたはなぜこの結果を出したのかと聞かれているんです。あなたのそれは言わば責任転嫁です。




最後にもう一つだけ、


あなたは何につけても言い訳が多いです。それは聞くものを不愉快にするだけでなく、あなたの出した結果に対する信頼性を著しく下げる要因になります。もう少し弁えましょう。


あなたは何につけても言い訳が多いです。それは聞くものを不愉快にするだけでなく、あなたの出した結果に対する信頼性を著しく下げる要因になります。もう少し弁えましょう。



大事なことなので、二回言いましたよ?




こういうことを面と向かって言えるくらい成長したい。

2010年1月18日月曜日

ヤトロさんイイ

プリンタのトナーがなくなったのでヤトロ電子さんに注文した。



何回か注文してるけど、ヤトロさんはすごく対応がいい。




年末にもメールで挨拶くれたし。下っ端の自分にもそういう対応をしてくれるのは凄く嬉しい。


返事の早さと丁寧さはあの職業では最も重要な要素であろう。







自分がいくら早くしているつもり、丁寧なつもりでも相手がそれを感じてくれなかったらそれで終わり。もう頼まないよハイおしまい、という顛末になってしまうので営業の人は心身ともに大変だろう。






これからもお世話になります。

アイスコヒー

昼飯食ったあと目ざましに飲もうと思ったけど熱かったから冷やそうと思って氷がなかったから冷凍庫に入れていたコーヒーのことを忘れてそのままゼミに行ってしまった。




今見てみるとコップの中で奇怪なオブジェと化していた。





しかもお湯入れても中々溶けねえ。














・・・今日は結局あまりやる気が出なかった。

株の植え継ぎとiLWsの簡単な調整と論文用の図をまとめたくらい。



明日は頑張ろう。

NW-A845とCompanionⅡ-2の不満点

NW-845,
音質には全く問題ないが、以下の点がちょっと残念。




1、最大スペックで聴いた時のバッテリ消費が若干激しい。一日持つかどうか。

2、曲ごとにプレイリスト指定することが出来ない。つまり、聴いているで気に入ったものがあったときこの機器だけでプレイリスト登録することが出来ず、クソ重いXアプリを使わないとできない。しかも、Xアプリでも出来るのはプレイリスト指定ではなく、新しく曲入りのリストを作ってそれをウォークマンに転送することしかできないので、要はそのままだと曲がダブる。


とくに2、前のはウォークマンの方で簡単に指定できたのに、なんで?





CompanionⅡ-2、


低音は申し分ないが、高音域でほんのちょっとだけシャカシャカ音が混じる。
同じ曲でもNW-845でイコライザ調整、高音域補完、クリアステレオ機能を付けた状態で出力させると殆ど気にならなくなるが、パソの方では上の問題が顕著。PCスピーカとしてこれはどうか。




まあどちらもほぼ満足してるからいいけど。







余談だが、土日頑張ったせいかどうも午前中は軽く燃え尽きてた。




コンピュータに向かって仕事をする気にならなかったので、とりあえず株の植え継ぎだけやった。

こんな時間にこんなことを書いているのもそのためである。






メシ食ったらガンバろ

2010年1月17日日曜日

もう一台欲しい

デスクトップがもう一台あるといいなあ。



それでシミュレーションやプログラミングをして、Macは実データの解析のみにする。





それで新しい奴にはLinuxを入れていろいろ勉強したい。



いろんなdistroを試して、使いやすさとか、最新の系統解析のプログラムやその他のツールがなるべく問題なくインストールできるものを使いたい。あと稼働が安定してるやつ。




科研費余ったら買ってくれないかな・・・




ヤトロさんにお願いしたらBTOのOS抜きとか用意してくれんのかな・・・

ようわからん

件のデータを仮説検定なしで解析しても結果のどこがどう違うのかがよく分からん。






明日kami様に聞いてみよう。

ギャオオオオオオオオオオオ

データセットの中にRF1と2のrecombinationを調べるものだけでなく1と1、2と2のを調べるやつもあったためエラーが吐きだされてしまった。



別に解析に問題はないが、これでは仮説検定するときに利用するalternative treeを作るためのconstraint file が作れない。なぜなら1と2のrecombinationなら1と2に属するtaxaを分ければよいが、こちらの例では何と何がrecombinationしているかは実際に解析をしてみないと分からないから。



でも、1と2だけでrecombinationが起きているわけではないから、この例にも対応させないとなあ



実データ解析から推定されたML treeから自動的にconstraintを作るのは(それをどんなデータに対してもやれるようにするには)自分の実力では無理である。




しょうがないからconstraint file を自前で用意してそれを読み込むようにするか・・・

できたー

仮説検定は一番制御しやすそうなPAMLを使うことにした。




これからシミュレーションも含めて全てのデータをとる。



データが9つあるので、一つずつ順次解析を行うように別のプログラムを作ってかけることにした。


明日までに終わるかな?

第三の神BGM候補

前の柘榴は結局良曲止まりだったので、今まで作業用神BGMの追加がなかったが、昨日のコーディング中に新しく候補があがった。




AC4のサントラにある「Fall」、前に気に入ってガンガン聴いていてしばらくほっといたのを昨日作業に行き詰まったときにかけてみると中々よろしかった。




この兆候は「deadangle」でもあったので、こいつには期待できるだろう。




少々テンポの激しいテクノ系の音楽だが、強制的にテンションをあげるのでケンカ腰で作業するとき(テンションがあああああああああああああああのとき)役に立ちそうである。





今は午前中なので昨日追加した新しいJAZZ詰め合わせを聴いているが、また行き詰まったら助けてもらおう。

2010年1月16日土曜日

明日もですかそうですか

仮説検定のとこ以外は出来た。




動かしてみたが特に問題なし。




新しいiLWsはseq-genを使う。あとtreefileも用意しなくて実データから推定されたものをプログラムで取り込むようにした。αの値とかも同様。

これで使う側はだいぶ楽だろう。後は結果をひとつどころにまとめるようにしたいなあ。今のはごちゃごちゃしてて分からん。




Treefinderで仮説検定をやってみたが、いい結果がちゃんと出た。ただ、これをコマンドラインでやるのは出来なさそう・・・






なので明日PAMLかPAUP*を使ってやってみる予定。






久しぶりに疲れた。

カワチでお買い物

今日は天気よかったが、寒い!

そんななかキッズをお留守番させ、奥様と2人でお買い物でした。

桜のカワチでいろいろ買い込んだのですが、いつも気になるのが薬品サイドにあるドリンクコーナー

マカコウテイエキとかはどこでも見るのですが、「そりかえりマッチョ」という商品があります。

あれを見るといつも笑ってしまう…

帰宅して筑波山の方を見たら、なぜか花火があがっていました。

だあっは!

そういえばCONSELはSnow leopardでコンパイルすることが出来なかったんだ。




どうも'psort'(parallel sor functions)が/usr/include/stdlib.hにあるのが原因で、これはSnow Leopard固有の原因らしい。10.5ではコンパイル出来てたし。




解決策を探してみたが見つかんなかった。





さて、どうしようかな。


SH testだったらRAxMLでも出来るし、今回は2つの系統樹での仮説検定だから多重検定でのSH testの脆弱性(第2種の誤り)はあまり気にしなくていいような気もするが、出来ることならAU test を使いたいよねぇ・・・





TreefinderのCUIで出来たかしら? ちょっと調べてみよう

しあわせ

休日の研究室は誰もいないので好きな音楽をガンガンかけながら作業することができる。




今もニコ動からとってきたジャズの詰め合わせ(計四時間強)を聴きながらコーディングを行っている。




どうも自分はコーディングで試行錯誤しているときのあの首の後ろがちりちりする感じとそれが終わったときの開放感が好きらしい。Mなんだね。





とりあえず、iLWsのシミュレーション部分をRAxML用に変えて、あとどういった機能をつけるか考案中。



とりあえず、ブートストラップは全体の配列とLnLの差が最も激しいWindowでやればいいでしょ、あとは全てのWindowでUser guide treeとML treeをAU testで比較させようかな。


あとで手動でもできるけど、自動でできるならやるに越したことはないよね。

RAxMLでsite-likelihoodsを計算させて、CONSELで検定をやらせよう。





もちろんこれらの動作は任意でやるかやらないか選択可能にする。



Stand aloneで制御不能なプログラムなんてナンセンスだからと某情報部の犯罪者も言ってるしね。




そういえば今日はセンターだった。高校生よ精々頑張り給え。

2010年1月15日金曜日

ものものしい

いまセンターについたら、見慣れない背広姿の人が玄関に大勢いる...

自分は派手なウィンドジャケットをきて、ダンベルを持ってるので早々に退散した。

事務の人や、技官の人も背広だし。

だれかえらい人がくるのかもしれん。モンカの役人とか?

もしかしてレンポー議員だったりして

2010年1月14日木曜日

二時間目、国語

とりあえず今まで取ったデータの作図は全部終わった。




Rを使うと慣れると速いね。



まだ軸のラベルや凡例で使う英語がかなりアヤシイが、そこらへんは後でイラレでも使って修正しよう。

メモも残してるから後ですぐまた作れるし。







さて、次は作文である。





文字にするのはちょっと苦手なんだよなあ。実験のレポートとか極めてテキトーに作ってたし。。。





その前にiLWsのプログラムを修正しなければ

くさいでガス

くさい。
朝からずっとラボの半面に硫黄臭が漂っている。
原因はおとなりさんラボの培地らしい。ドラフトとか考えてくださいよ。

この硫黄臭にむっとする感覚を覚え、肥溜を連想する自分がいるが、その反面懐かしさもある。
なぜならこの手のにおいは、前いたラボのデフォルトだったからだ。

僕自身は微細藻類を担当していたこともあり、実際使ったことはないのだが、古細菌や好熱細菌を扱っていたmajorityは常にこの匂いだった。つまりラボメンバーの大半の体臭がこの匂いだったとも言える。

ともあれ早く匂い消してください。

カモちゃんず

朝おふくろさん弁当に寄る時に自前の弁当箱におかずを詰めてもらうことにした。



弁当の容器はでかいしほっとくと臭うからすぐにゴミに出さないといけないのでとてもメンドクサかったのだ。









あと、今日通学途中に大学近くの池を見ると、面積の9割が凍ってた。


そんで残りの1割にカモたちがぎゅうぎゅう詰めになってた。






今年は去年より寒い気がする。

2010年1月13日水曜日

図工の時間

ようやく論文のmanuscriptを書くところまできた。


まずは日本語で書いてみる。というか僕の英語力を考えればそれしかない。




今はmanuscriptに載せる図をRで書いている。
これは後でも使うからラベルとかを最初から英語で表示している。






Rは慣れたらどんなことでも出来そうで便利。



これでLaTeXとかも使えるようになったら一層いいんだが、今回文章作成ではwordを使うことにする予定。





生物ではWordが一般的らしい。
CSとかはLaTeX使えないとお話にならないらしいが・・・




二月いっぱいで日本語版がある程度完成するといいなあ。

とてもいいです

買ってよかったBOSE companion 2-Ⅱ。




低音が心地よく腹に響きます。




が、お隣さんに迷惑がかかるので日中に最大スペックで鳴らすことが出来ないことが唯一の欠点か。



試した中ではジャズ、フュージョンらへんのジャンルがこれに最もあってる気がする。





あとは音の響く範囲が狭いことかな。



ほんとにデスク周辺でしかその音の素晴らしさが分からない。






実は家にももう一台あったりして。

2010年1月11日月曜日

おお・・・ふ・・・

卒研発表のタイトル公開されたけど、ふざけてるの俺だけやん・・・






毎年おもしろいタイトルやろうとするやつが何人かいるのになあ。今年はマジメったいね。







まあ、俺の卒研の内容をクソ真面目にやったところで面白くもないし理解もされないだろうから(というか容量が卒研発表の時間ではムリ)、せいぜい楽しくやりますよ。

これでいいか

なんとなくかっちょ悪かったので、こうしてみた。





なんかどっかの機関みたいだな。





この三連休はMEM wikiの整備をしようと思っていたのだが、これに費やしてしまった。





まあいいや、論文の下書き用の資料を作り終わってからちょこちょこやろう。

ロゴ改造

どうしても桐の葉が入れたかった。




体育会に所属してると桐の葉に愛着が湧くものです。






どこに配置しようか迷って結果、今の位置が一番無難となった。





卒研発表で使ってみよう。

2010年1月9日土曜日

MEMロゴ

暇だったので作ってみた。



完全非対称系統樹を作って、Taxon name でMEMの文字を作った。あとはTreeillustratorで系統樹の形を変えて、Adobe illustratorで仕上げ。



ブログ用にjpgファイルのリサイズをするときの調整がちょっとめんどかった。




結構いい出来だと自分では思う。

自分の発表の時使おうかな。

2010年1月8日金曜日

驚異のおふくろさん弁当

おふくろさん弁当は朝4時からやってるらしい。



そんで夜10時までやってるんだと。



すっげ。






店主体壊さないのかな・・・?





まあ朝飯までここのお世話になろうとは思わんが。





唐揚げがなかったのでカキフライにしたらおかずおまけしてくれた。ラッキー

お引っ越し

今まであった自分の作業スペース兼デスクをMac pro のところに全部移行した。




ウェット用のスペースだけ残して本とかも全部。



実際こっちのが格段に居心地いいんだよね~。






ま、新しく三年生も来るだろうし丁度いいでしょ。

2010年1月7日木曜日

あけましておめでとうございます

kami様ファミリー同様、kidsが病気でさんざんな年末年始でした。

予定していた年末の夢の国訪問、その後の実家への帰省、すべてパーでした。

自分の体調も崩れたし、極めつけは来週からは学生実習ではないか!

来年の目標を掲げている人もいるので、私めも2010年の目標を発表します。

 1.お口を慎む
 2.論文を10報出す(内1stは1報)
 3.書けん悲以外の外部資金も取る

現在revision中が2報、投稿中が2報、in preparationが4報あるので、先に目標を掲げた2名もいるので10報は行くやろ(自分が律速にならないようにしなければ)。

1つくらいはP茄子的一般誌に出したい… 2009は一般誌ゼロの年になってしまったからさぁ。

発見

おふくろさん弁当は朝9時くらいには開いている!



ということは朝歩いて学校来る時にそこに寄って昼飯を買ってくることが出来るぢゃないか。




弁当を買いつつ、ちょっと迂回して大学の中を散策しながら研究室に向かう。




所用時間約30分、なんて健康的な通勤コースなんでしょ。




これからそうしよう。

2010年1月5日火曜日

今年の目標

kami様が偉大な目標をお立てになったので、僭越ながら僕も2010年の目標をここに記したいと思います。


1、論文3本出す。(ファースト2本、なんでもいいから名前入っているやつ1本)


2、今のperlぐらいには使える言語をひとつ増やす。(勿論perlの上達も含めて)


3、減量10kg!!(どこぞのだれか"様"のようになりたくないので)





達成できなかったらパターン青系忘年会で一発ネタでもやりますか!








*これでkami様は逃げられなくなりました。お互い頑張りましょう!

 M本さんやY司さんやK松崎さんもどうぞ(パス)







あした帰りま~す。

My own 2010

明けました。。。
下の娘の発熱とともに。

39度が12月30日から元旦まで3日続き、
その翌日から突発と思われる湿疹が体中に現れ、
彼女は機嫌が悪くなりましたとさ♪

そんなこんなで年末年始のために持ち帰った仕事ができず、
ちょっくらテンパってます。

Y司さん、I川くん、ごめんなさい。

そんな僕ですが、今年は論文7報を目標に頑張ります!(2009年は3つしか出なかったので、、、涙)
達成できなければ、

年末に「笑ってはいけない大学」をMっちゃんとともに開催します。
ちなみにMっちゃんも仕掛け人ではなく「罰」の方。

仕掛け人として石○デラックスにも出てもらおう。

場所はGースー黒光りT大D308とD508で。


2010年1月3日日曜日

今年のいい作品ひとつめ

明けましておめでとうございますよ・・・っと。





今福岡でだらだらと年始を過ごしております。
年末忙しかった反動で、なあんにもする気が起きません。



惰眠を貪りタダ飯を食らって生きてます。






今も深夜のテレビ番組を見ていたら、久々に星進一のショートショートを見ることができた。



何回か見たことがあるが、今回のが一番印象に残ったなあ。




どこかノスタルジックでそれでいてSFチックな雰囲気の中、作品ごとにちょっとしたジョークやミステリが散りばめられ、まさに「大人の童話」と呼ぶにふさわしい短編集である。


実写もあるけど、アニメがいいね。こういう深夜にちょろっと流れる番組のなかでもこれだけのクオリティがあるのだから、やはり日本のアニメ技術のレベルは高いのだと実感した。





一番おもしろかったのは「午後の恐竜」。最後のオチがその内容にも関わらず凄惨さがなく、むしろ幻想的で夢の終わりのような感覚が残った。






新年早々いいアニメを見させていただきました。今度小説を探してみよう。







さて、そろそろ今年度の目標でも立てましょうかね。