2010年2月10日水曜日

なぜ、俺は、ヒーローになれないのか?

なんでかよく分からないのですが、僕は定期的(二カ月に一回くらい)に悪夢を見ます。





その内容ですが、大まかには次のような感じで一貫しているのです。

それは







恐ろしいもの(恐竜とかバイ○ハザードみたいなの)に喰われそうになり、それから必死に逃げる。







というものです。しかもそれがとてもリアル。目の前で誰かがマジで襲われて喰われます。しかも家族とか親しい人間が(ガクガクブルブル







さらに、そういうのから逃げようとするときに自分の足が必ず遅くなるという被害者補正ももれなくついてくる。








今日見た夢は、自分の実家の上空にイン○ペンデン○デイみたいな宇宙船が突然ワープしてきて、そこから人を喰う(なぜかそこは一貫している)宇宙人が今にも降下してくるという状況だった。






昨日の夜は買ってきたA3を組み立てたりしていたので、そこら辺もうほんとガチ。BETAやん。








それで、逃げる場所なんてないわけですから、実家の二階に家族と一緒に籠城しようとする俺。

自宅にある限りの食料をかき集め、妹やばあちゃんを連れて二階へ上がろうとしたところで宇宙人登場!





・・・という瞬間に目が覚めました。この悪夢はいつも「もう駄目だ・・・!」という瞬間に目が覚めるのです。



そう、だから例えパニック映画に出てくる主人公の映画前半部分での立ち回りのような展開でも、そこで夢が終わってしまうので、僕は結局「被害者その1」で終わってしまうのです。なので凄く後味が悪い。






僕がそこからヒーローになって無双するような夢はないんですかね?








しかし、夢は人の深層意識を反映するというが、僕のそれは一体どうなっているのやら・・・

0 件のコメント: