2010年2月15日月曜日

今日の言葉

「シミュレーションを行う場合に必要なのは結果である。何らかの命題があり、それに対するある種の解決法が有効かどうかを試すのがシミュレーション。」





これは、2chに書かれていたものなので、どういう人が言った(書いた)言葉なのかは分かりません。しかしながら、この言葉はシミュレーションという実験(あるいは検証)の本質を少なからず捉えていると思います。





要するに「こういう条件でやったら思ってた通りの問題が起きた。ほらね~」だけじゃいけんということですね。





何か問題があって、おそらくこれこれこういう原因があってその現象が起こっているのだろうと考えられる。シミュレーションはその前提に基づいてそれに忠実(あるいはもっと単純な)モデルを用いてやるわけですから、期待通りの結果が出るのはある意味当たり前です。






そういった問題が大多数の人間に誤って認識されている場合は、シミュレーションで因果関係をきっちり示すことそのものにも意義があると思いますが、たいていの場合現実にその問題に直面しているものの意見としては






「・・・・・・・で?」





というだけでしょう。






原因と結果が予測されているなら、どうやってその問題を解決するか。そこまで踏み込んで初めてシミュレーションというものの価値が出ると思います。








僕のやっている研究も今まではその部分が弱かったように思います。どこかもやもやした感覚があったのもそのせいかもしれません。RY codingの有効性を(塩基だけですが)ある程度は証明したことによって、僕のやったシミュレーションが皆の目に留まるくらいの価値が出てくれればよいのですが・・・

0 件のコメント: