2010年3月31日水曜日

Decision

植物研究雑誌に投稿していた論文の査読結果が返ってきた。

1か月もたっていないのでビックリ、若干メールを読むのが怖かったけどminor revisionでした。

大半のコメント・訂正には対応済み(昼飯食いながら)、あとは写真ともしかしたら解析をやり直しか。

あ、あとresponseも書く必要有だけど、ほとんど"corrected"で済むと思う。

NTくんの学振申請にも間に合いそうでよかった、よかった。



今年度いっぱいでバーツク大を離れるgamiさん、NTくん、H兄さん、新天地でがんばってください。みんながいなくなると寂しいです。

NTくんはすぐ近所なので、また焼鳥屋で会いましょう。

一年

今日で三月も終わる。親しかった人も今日でみなさん旅立って行った。


思えば、僕が研究室に入って(四月に入ったと考えると)丁度一年が経過したわけだ。


明日から新しい年が始まるが、まずやることは、この一年の結果を出来るだけ早く論文にしてpublishすること。


今計算中の新しいデータについての結果をまとめる傍ら、読むべき関連論文もあと2報ほど残っているので、それらを片付けたあと、漸く英作文に取り掛かることになる。


そして英文を書いた後やる(というか書きながらやろうと思ってる)予定のテーマは今のところ3つある。



ひとつはkami様とやってるもの。もうひとつは今のテーマを発展させる&僕の卒研テーマの当初の目的であったものにチャレンジする。最後の一つは今日思いついてyujiさんと簡単に方向性などを話してみたもので、今までやってきたものよりもっとsystematicなものになると思う。




・・・最近思ってることだが、kami様やyujiさんがよく使っている「てっぺんを目指す」という言葉を借りれば、僕はそれとは逆に「底辺」を目指したいと考えている。

うちの研究室が関わっている分野の「底辺」には、まだまだ解決されてない問題がごろごろ転がっている。僕はそういった問題を検証したり解決したりすることにすごく惹かれていて、ぶっちゃけた話生物の具体的な系統関係とか進化自体にはあまり興味がなくなってきている。(一回酒飲んだ時にYAさんとこのことで言い合ったっけ・・・)



重要なのは、今までに出されてきた多くの結果というのはそのような問題を抱えた底辺の上に積み重なったものだということを忘れてはいけないことだと思う。


でも、何かいい方法があってその需要を考えれば、例えそれが未知なる問題を含んでいたとしても多くの人は使いたくなるだろうから、「底辺がしっかりしてないからちょっと待って!」というのはムリな話だろう。



だからこそ、方法論や現実に存在する解析方法というのは常に警鐘を鳴らされ続けなければならないし、それと同時にリアルタイムで検証され、進歩していかなければならない。そしてそれをメインにやる人間が常にいなければいけないと思っている。


そういう気持ちで上に挙げたテーマに取り組みたい。


まあ、あれもこれもに手をつけるとどれも中途半端になる、という懸念もあるが、しかしながらそんなことはやってみないと分からない。それに「僕のキャパシティを超えます」という泣き言は、時間と気力を徹底的に使って”やるべき”全ての仕事に全力を尽くした結果ぶっ倒れそうになったときにいうものだ。



「研究は気合と根性」。うちの合言葉である。

2010年3月30日火曜日

進化を続けるRAxML

一カ月ぐらい前になるが、RAxMLが更新されていたらしい。


今はver 7.2.6 これはα版ではないようなので、早速双子にコンパイルしといた。



今回のバージョンではMPIとPTHREADSを組み合わせて使うことが出来るようになったらしい。

MPI+PTHREADSのハイブリッド処理では計算する行列の範囲をMPIで分割し、さらに各ノード上での計算をPTHREADSで並列処理するようだ。


MPIでは複数の「プロセス」によって計算をし、PTHREADSでは複数の「スレッド」によって計算をする。両者の違いは、前者はプロセスごとにメモリを独立に使用するが、後者ではスレッド同士はメモリを共有している、ということだ。

分かりやすく言うと、ある仕事をする、となったときに、前者はそれぞれの仕事人が別々の場所で分割された仕事をしその成果を電話で伝えあうようなもので、後者は仕事人が一つ屋根の下で分割された仕事をして口頭で結果を伝えあうようなものだ。



だからこのハイブリッド処理では、系統解析での膨大な計算について、まず大まかな仕事を「家」ごとに割り振って、その後それぞれの家の中でさらに仕事を分担している、という感じだろう。



MPI+PTHREADSはMPI+OpenMPと同じくらい効率がいいらしい。


・・・まあ、とにかく簡単にいえば「更にめちゃくちゃ速くなった」ということだ。


ただ、うちのラボのコンピュータで実際どれくらい速くなるかは分かんない。
一度適当なデータセットを作って処理速度の比較をしてみようか・・・。



あと、GUIも使えるようになった。アイコンが僕的にはかっちょいい。



うちの准ボス曰く「Unixでコマンド打ってやる方が玄人っぽい」とのこと。僕もそう思う(Unixでは自分がどういうコマンドを打ったのかすぐに確認できるし)。


ただ、CUIがよく分かんない人でも手軽に使える、というのはこういったプログラムの需要が増える手助けとなるだろう。


(RAxMLの作者がHPで「機能増えすぎたからマニュアルも早く作り直さんとやべぇww」と言っていた。7.0.4で止まってるからなあ。切望します)

言った傍からまた忘れる神様

kami様が先程帰った。




ふとデスクを見るとあってはならないものが・・・



ちょwwwww携帯www




一時間前くらいに「kami様はよくものをほったらかしにして帰る」という会話をしたのに・・・!

2010年3月29日月曜日

WRYYYYYYYYYY!!

↑いいソフトウェアを見つけた時の反応。吸血鬼じゃないよ、ゾンビでもないよ。・・・ただ使ってみたかっただけだよ。

あればいいのになあ、と思っていた機能を備えたものが今日見つかった。


2002年から更新が止まっていたのであまり注目していなかったが、過去にそれを使った論文やマニュアルを見てみると、案外完成度が高そうである。



今シミュレーションデータで実験中。


これで良い結果が出れば、自分の研究のオリジナリティがさらに増す!と思う。

2010年3月28日日曜日

やっぱり楽しい

今日筑波大学では日本金属学会というものがあったようだ。

・・・まあ僕は完全スルーしたけど。金属とか分からないです。
情報処理学会とかだったら当日参加でいろいろ見学したいんだけど、筑波大学でやってくれないかなあ。


それで、研究室に行った後はずっと引き籠ってプログラムを書いていた。シミュレーションについて新しいデータの続きをとるのと、先行研究を参考にして細かいパラメータの見直しをするためだ。


やっぱり、この作業が一番楽しい。誰もいない休日の研究室で、自分の好きな音楽を大音量でかけながらコーディングに没頭するのはとても幸せだ。かなり疲れるけど、それはそれで達成感がある。


定期的にこういうことをやっておかないと、次何か別のコードを書くときにもすんなりいかなくなるかもしれないし。



・・・話は変わるが、今読みたい(見たい)ものが二つある。

一つはJOJO、MUGEN動画をみているとキャラがすごく魅力的なので、原作ではどうなのか、ぜひ一度一気読みしたい。


けどJOJOすげえ長いんだよなあ。根気が要りそうだけどいつか慢喫とかで読んでみたい。



もうひとつはグレンラガン、とりあえずアツいらしい。でもガキ臭くはないらしい。お金がないから、webででも見てみようか・・・

うちの子ザル(4歳)

午前中に桜の○もにショッピングにでかけた。

子ザルは雑誌コーナーで、ねーちゃんと2人で雑誌を見ていた。

レジで並んでいるときにチラッと二人を見たら、ねーちゃんは「チャオ」を、子ザルはゴルゴ13を立ち読みしていた。

わが子ながら末恐ろしい。

論文の嵐が去った春は・・・

実家に帰ったり、卒業旅行にいったり、いろいろですね。

僕は来週久しぶりに那古野の実家に帰省しますが、「森風」の表記だと別の街みたい。

秋口からこの間までは実にたくさんの論文を書いた。現在投稿中が6報…(現在執筆中の論文は2編くらい) 直しを待っている人のことを考えると、結構精神的に追い詰められるものだ。

いま直しているのは「フーセンモナス」論文、というかその第2稿が帰ってくるのを待っている。

このジャンルの論文はこれで3つめなので、送られてきた第1稿を「カッチャカチャ」に直すことができない。YAくんと今後何度かやり取りが必要でしょう。なんか今はポワァ~ンとしています。

でもうかうかしてはいられない。kamiさまもMちゃんも別の論文の原稿を書いているし、そろそろ一斉に投稿中の論文のdecisionが来てもよいころ。

なんて、ちょっと余裕があるかも?なんてときに、「分子生物学と進化」から投稿論文のレビューの依頼が。アブストラクトを見ると、ちょっと逃れられない内容なので受けちゃった。

「分子生物学と進化」からはよく査読の依頼が来ますが、「5報査読したら1報無条件で掲載できる」とかいうルールがあればいいのに。

2010年3月25日木曜日

式典は投げ捨てるもの(笑)

今日は卒業式です。



今、大学会館では卒業式の式典が行われています。

そろそろみんなで送別の歌でも歌っていることでしょう。



で、こんなことをここに書いているのだから、当然僕は出ていません。


だってメンドクサイモン。



この後の学類ごとの学位授与式には出ますけどね。




さてと、データを取りますか。

2010年3月24日水曜日

すっきりしたぜ!

今日は午前中行きつけの整骨院に行ってバキバキやってきてもらった。

谷田部まで自転車こいで行くので少々気力がいるんですが、それに見合うくらい治療が上手いです。

つくばでは30年くらい前からやっている人で、うちの体専も御用達の医院です。


テニスで痛めた僕の腰もここに行ったら治りました。


今日治療してもらってもまだ疲れは残ってるっぽいし、身体も曲がってるような気がする。近くあと何回か行くことにしよう。



整骨院の後学校に行って、シミュレーションで新しく論文に加えるデータをとった。期待通りのキレイな結果が出たので嬉しかった。あとはこれについてどういう風に議論するかだ。



どうやら風邪も治ったもよう。(入れ替わりにkami様が風邪引いちゃったのでうつしてしまったかもしれない。すみません)



最近自転車がぶっ壊れたり風邪引いたりetc...であまりいいことはなかったので、これを機に運気が上がればいいんだけど・・・

2010年3月23日火曜日

とれた~

今まで培養していたEuglenaがいい具合に増えていたので、土曜日にゲノムをとった。



psbAのプライマーでは1種しかPCRでバンドが出なかったが、kami様に貰ったプライマーで今日PCRをやってみると、新たに6種でバンドが出た。negative controlでは何も出てないので、おそらくゲノムはきちんと取れているのではないかと思う。




とりあえず、このゲノムは保存しておいて、何かに使えないか今考えているところ。





論文の方は、引用文献などを探していると読んでおくべきと考えられるものがいくつかあったので、今はそれを読み、使えそうなフレーズなどを探しつつ、Discussionの仕方やIntroductionの書き方を自分なりにまとめている最中です。



日本語では一応書いてみたけど、その時とはデータの出し方や議論の仕方の方向性が変わってきているので、こちらはあくまで鋳型として、先行研究や関連の論文での議論を参考にし、変えるべきところを英訳しながら変えていくつもり。








・・・それにしても、最近姿勢が曲がってきている気がする。疲れが溜まってきたかな?


よし、明日は久しぶりに行きつけの整骨院に行って、ボキボキゴキゴキやってもらおう。

変なカードゲーム

リフレッシュルームにコーヒーを飲みに行くと、何やら変なカードが数十枚あった。



表紙を見てみると、「細胞内遊戯 マイクロ王!」とある。





・・・どうやらムシキングのようなものらしい。





クリーチャーカードには「タイヨウチュウ」や「パンドリナ」とか「ユーグレナ」などがあり、それぞれに攻撃力らしきものが表示されている。




ちなみに最強のカードはオオアメーバだった・・・



さらに特殊カードもあり、「コンタミネーション」や「洗い場」といったカードが用意されていた。





ちなみに、「洗い場」は出すとそのターンに場にある全てのカードを一掃できる強力カードである。(MTGで言うラスゴや激動みたいなもんか)






・・・いやあwwww、これははやらんだろう・・・

2010年3月22日月曜日

地道なデータ

Mちゃんから色素解析の報告があった。

件のウズベンには、件の補助色素はないとのこと。よくやった!

過去の報告は何だったんだ。personal communicationなどというものは全く。あやふやな情報に何年communityは振り回されたのか…

このデータは所謂"ground-breaking"なものではなく、一般誌にもでないだろう(当然論文にはするけど)。でも僕たちの研究の上で埋めるべき重要なピースである。

この先も、埋めるべきピースをきっちり埋めてゆき、2年後くらいには完成形の「絵」を世に示したい。



こういう地道なシングルヒットや送りバントのような仕事を積み重ねているうちに、ホームラン的な一般誌ネタがやってくるのだと思う。

幸いなことに、我々は一般誌ネタをいくつか抱えている。でもそれはそれ、地道な論文もしっかり書いて行くことを肝に銘じましょう。

地味な安打も打てないやつはホームランも打てないし、いまの世の中の流れでは「打席」にも立てなくなる。

怒涛

なんだかんだで3月が終わろうとしている。
今月は異様に長く感じる。

上旬はカナダでお国のために尽くし(まだ言うか)、

中旬は奥さんと子供が里帰りし(けんかじゃないよ、念のため)、

下旬は学会。



残すところ後1週間で新年度を迎える。
来年度は今年度以上のデータを叩き出したい。
少なくとも一般紙と呼ばれている雑誌には最低1つか2つくらいは出すことを目標に。
そして目標で終わらないように。

とりあえず、今のデータを後1週間で「科学」用フォーマットにしてボスへ。
でもSupplのFigがイマイチsexyにできない。。。
その辺の尻拭いはお願いします。

2010年3月21日日曜日

意外なところに共通点が

昨日、今日と行われた藻類学会も無事終わった。



僕の発表は最終日の午後だったので、てっきりみんな観光に行ってガラガラだろうなあと思っていたが、案外オーディエンスが集まっていて嬉しかった。そもそも筑波だと観光するところもないか・・・





藻類学会では、kami様が研究奨励賞を貰っていました。おめでとうございます!
僕もいつかこんな賞をもらえるようになりたいものです。






それはそうと、先程リフレッシュでフランスから来たO田さんとお話しした。今度はノルウェーのオスロに移ることになったらしい。僕も早く海外に行きたいなあ。




そこで分かったのだが、O田さんは福岡県出身で、僕の出身地とむちゃくちゃ近い場所に住んでいたらしい。



筑波で例えると、大穂から天久保くらいの距離。近っ!




意外な人と郷土の話をすることが出来た。ISEPでも会えるといいですね。

2010年3月20日土曜日

今日気づいたいろいろ

今日は午前中学会の発表を聞いて、午後は今まで培養してた株がいい具合に増えていたのでゲノムを抽出した。10種もあるから、少なくてもひとつくらいはPCRで当たりが出て欲しい。明日ゲノムが取れてるか確認がてらやってみる予定。こいつら(あるいはもっと)を使って、なんか他にも面白いことはできないだろうか・・・?



家に帰る前、スーツをクリーニングに出すため、桜のクリーニング屋にいった。いつもは天久保の方に頼むから気が付かなかったが、こちらでやった方が千円くらい安かった。


クリーニング店もいつのまにか同じ通りに四件も建ってるし・・・

サービスしないと大変なんだな。激戦区はお客さんに還元しないとやっていけないのだろう。値段も出玉も(おっと



あと、十二時ぐらいに佐川急便さんから電話が来た。佐川が荷物を届けるときは配達人がほぼ決まっていて、いつも妙齢の女のひとが配達時間の確認をしてくれる。



この人は、郵便物を届ける前にいつも連絡を入れてくれる。密林関係で何度もお世話になったので、僕が昼間にいないことは向こうも分かっているのだろう。配達時間の変更にも丁寧に対応してくれる。


思えば、こんなに対応がいいのは佐川だけ。他の郵便はどちらかと言えば無愛想だ(ヤマトのあんちゃんは再配達の電話を入れたら学生だと分かった瞬間タメ語になるというちょっと間違ったフレンドリーさがあるが)。


やっぱり、愛想がいいとどんな業務の人でも好印象だ。


この人が来るときは、「有難うございます」「お疲れ様です」というようにしている。




・・・風邪はまだ治らない。春先にこじらすと長引くというしなあ。

2010年3月19日金曜日

病人だらけ

やっぱり風邪のようだ。


まず鼻水が止まらん。今日だけでマスク五枚くらい消費した。(ぶえっくしょいで大惨事になるため)




な~んか身体もだるいんですよね~。う~・・・




学会の発表用のスライドは準備したが、この状態で上手く喋れるもんかね?まあ卒研発表とほぼ変わらんのですが。




今日はyujiさんの家で宴会予定でしたが、こうも病人だらけなので次回に延期になった。三年生には誘っといて申し訳ないことしたな・・・



早く治して、また元気な状態でやりましょう。

鈍痛

、、、痛い。

左の肩から上が、、、

、、、痛い。



原因は親不知。京都で抜き損ねた一品です。
右は上下ともに抜いてあるのだが、左は両方とも残っている。
そのうちの下の方が昨日から疼いてたまらない。

鏡を見ると、思いっきり腫れている。
そして、上の奴がその腫れた歯茎を噛んでいる(ヒ~)

今朝からはその痛みのせいか、左肩と首がこっている。
この鈍痛、、、若干親不知自身より性質が悪い。

明日はまともに歩けるのだろうか?それなりに大事な日なのに。
とりあえず酒は無理だな。

2010年3月17日水曜日

おもしろそう

四月十日に東京大学でグローバルCOE「ゲノム情報ビッグバンから読み解く生命圏」の公開シンポジウムがあるそうな。



情報学系の方も関わっているようで、大規模データ解析のための並列処理環境についてのお話なども聴けるそうだ。




かなり面白そうなので、行ってみようかしら。


入学式も終わってるだろうし、土曜日だし多分暇だろう。




将来、僕らが日常的に行っている類の系統解析でも超大規模なデータを手軽に解析できるような環境が出来るといいんですけどね~。







・・・それはともかく、なんか体がだるい。喉も痛いし、頭も痛い。




花粉症か、風邪か。



明日になれば分かるだろう。ここ数日の激動の日々の疲れが身体にキタのかもしれん。


今日はもう早く寝よ。

2010年3月15日月曜日

出たぜ!

バンド!そう、PCRの!

そう!ほしかった長さの!

やった!この流れだとマジで「科学」かも!







ピペドとはこのようにPCRごときで一喜一憂する生き物である。

ただいま帰りました。

というか金曜日には帰っていたんですが・・・



先週の水曜日から金曜日まで、部活の同期の仲間と一緒に卒業旅行で大阪に行って来ました。


とりあえず飲んで食って遊んでのエンドレスでした。平均睡眠時間三時間というなんとも体力勝負な三日間でした。最後大阪城を見に行きましたが僕は立ったまま寝てたらしく、な~んにも覚えておりません。


けど、串カツは最高に美味かったし、USJでは僕が誕生日だったのでいろいろ優遇されました。観客一体のショーで最前列に座り、出演したキャラクターとハイタッチしたのが一番の思い出です。


夜中の宴会ではお互い最後に腹を割って、思い出と一緒に本音を語り合ったのもとても良かったです。



土日は部活の追いだしコンパ。これもまた壮絶です。


kami様は想像つくかと思いますが、体育会の追いコンは当に地獄絵図です。


楽しく?何それ?なノリのイベントですので、前に立たされてとにかくOBからも後輩からも問答無用に飲まされるのです。しかもビールオンリー。


最後の方は飲んで吐いて飲んで吐いての繰り返しでした。

卒業生からの言葉も自分泥酔してたから何言ってたかわかりません。




日曜日はその状態でテニスをしました。勿論ガチで。五試合もしました。


あんま打てなかったんで沢山ミスをしましたが、現役の大将ペアにファイナルで勝つことは出来ました。まあ組んだ後衛がとてもうまい方だったおかげですが・・・


そのあと夜も仲の良かった先輩方と食事に行ったり土浦の風呂にいったりして、四年間最後の行事を楽しく終えることが出来ました。(卒業式?なにそれ)




今日は、男子の同期の奴と一日中遊んでました。就職で東京の方に行っちゃう奴らばっかりなので、こんな風に遊ぶのも最後なのかと思うと、感慨深かったですね。




今帰ってきたんですが、正直ボロボロです。体をしっかり休ませて、万全の状態でまた研究室の日々に集中して臨みます。

2010年3月14日日曜日

Hagebutte

ぼくは外国に行くと必ずジャムを買ってくるのが習慣です。

去年ベルリンに出張した際、"Hagebutte"とラベルに書いてあるジャムを買ってきた。

ラベルにはイラストがあり、ベリー系の何かだと思うが見たことないので買って帰ったのだ。

今朝まで嫁さんと「何のジャムかなぁ」といいつつ調べもしなかった。

ついに今朝ネットで調べたら、ローズヒップらしいことが分かった。

そこで2年前のProtist2008の際、スウェーデン人の友人(AJ)がもってきた、ローズヒップソースを思い出した。

何時間もローズヒップを煮込んでソースにしたとのことで、シリアルにかけたり、アイスクリームにかけたりして食べたが、ジャムと同じ色をしていたことを思い出した。

北米もベリー系ジャムはいろいろありますが、ヨーロッパはまた変わったジャムがあり、旅行の一つの楽しみです。

今年はノルウェーで会議があるので、オスロ大のKSTとウプサラ大に寄ってのJAと奥さんのAJにも会いたい。両方とも共同研究者だし。

JAとAJは今年は金沢に来るのだろうか・・・ 実は彼らは5年ほど前に日本に遊びに来て、一緒に金沢にも行ったのであるが。

2010年3月13日土曜日

空港から家までの長い道のり

十数時間の旅を終え、なんとか帰ってきた。
本当に充実した毎日だった。

この充実感を忘れずに

今まで以上に

まじで

やっていきたいと思う。


とりあえず家に帰る前に大学に寄り

大ボスにお土産のGarrisonを届け

RT PCRかけて(例の「科学」のための追加実験)

植え継ぎして

牛丼のS屋に寄り

ようやく家。

そして玄関は2重ロックをかけられていて

寒空の下(カナダよりマシだが)

気づいてくれるのを待ち続けましたとさ、あ~疲れた。

2010年3月11日木曜日

思い残し

ハリファックスの空港ナウ
そこのBurger Kingナウ

正直思い残すことはあまりない。そのくらい目まぐるしい数日だった。
AJR曰く

「君らが言っていないパブはもうほとんどない」

との事。
緊張もあり、笑いもあり、いい友達もできた。そして丸ちゃんとの友情を再確認した(たぶん)。

2つ思い残しを挙げるとすれば

となりのラボのJMAとディスカッションする機会が無かったこと。
ランチを一緒にする予定だったが彼のファンドに関する書類が忙しすぎて結局キャンセルになった。
(かわりに彼のラボメンバーがインドカレーの店に連れていってくれた。)

そしてAJRの家に腕時計を忘れた☆%▲*~$○!
、、、ISEPの時に持ってきてもらおう。

2010年3月10日水曜日

病人だらけ

月曜日からうちの家族は病人だらけ。

嫁さんは日曜の晩に食べたカキに当たった様子で、月~火はずっと激しい腹痛+上げ下げ。今日は良くなったけど。

目が落ちくぼんでゲッソリ顔になり、自分で鏡を見て「諸星(大二郎)のマンガの登場人物みたい」との感想が。

確かにカウチで寝ている顔は、即身成仏する途中みたいだった。

おかげで昨日今日と飯支度と片付け、洗濯、掃除、子ザルの世話をする羽目に。

その合間を縫って大学に来て、打合せやら卒論発表を聞いたり。せわしなさすぎ。

昨日から子ザルが結膜炎になり、夕方急きょ眼科へ連れて行った。目薬嫌いの子ザルは、点眼されるとき「おクスリ、目に入れないでね~」と涙のリクエスト。でも「目薬を目に入れないでどうする!」と両親はダブルつっこみ。

いま弁当を食べてたら、子ザルが発熱したとの連絡がきました… くそっ

弁当箱を片して3時過ぎの会議まで、もう一仕事するか。今日から嫁さんは仕事に復帰しているので、キッズ、特に子ザルのケアに早めに帰宅しなければ…



kamiさま、Mちゃんはなかなか楽しんでいる様でうらやましい。


informal meetingでもAJR、JMA、AGBS、MGなどがそろうのは本当の「拠点」だから。YAが言うところの「拠点ごっこ」しているグループとは違うんです。

Informal meeting

神様がおっしゃっている通り、海外のinformalは恐ろしかった。
僕の時も、十数人が詰め込まれ「これはformalだろ」と思っていたが、今日のミーテイングはもっと恐ろしかった。
狭い部屋に、ぎっしり詰め込まれた重鎮たち。僕のときは、JA研の人々達が相手で、みんな優しく迎えてくれていたが、今日のは白熱した議論が交わされていた。

今日の神様は、朝からいつもと違い緊張していた。久しぶり、、、いや初めて見る光景でした。
そして、発表後にキョトンとしている神様も初めて見た。

昨日は、ASのラボに招かれてスライドを見せながら説明をしてきた。ラボミーテイングの時よりうまく説明できず少し消化不良だったが、その後のデイスカッションをゆっくり出来て少し満足しました。

さて、Lの解析ではウキウキな結果が出たわけですが、今上がったSの解析は。。。
ギガロングブランチで、欲しい結果は出なかった。
この流れでいけば、出ると思っていたが甘かった。

明日は、JAとの昼食会です。これまで、ファンドの締め切りがありとても忙しそうでした。明日が締め切りらしいので、ゆっくりと話をしてきます。

Informal?

午前中は僕の発表だった。
内容は下痢の原因となる小さい生き物の話。
「科学」に挑戦してみよう、となっている話をたどたどしい英語で説明した。

お世話になっているAJRからは

「informalだから気楽にね」

と言われていた。
たしかにMっちゃんがinformalに話したときには、となりのラボメンバー数人がランチタイムのついでに聞く感じだったのでそう信じ込んでいた。

しかしふたを開けてみるとそんなことはない。
今お世話になっているラボメンバーに加えて、周りの3ラボ(つまり合計4ラボ)のメンバーが狭い部屋に集まったのだ。しかもそれぞれのBossたちも。。。

これが海外の"informal"か。
国際学会でもトップクラスのメンツじゃないか。

と思ったが、ラボの学生やポスドクはこのメンツの中で常に議論しているわけだから、鍛えられているのだろうな~。
そういえば

「国際学会?ラボミーティングの方が緊張する」

、と誰かが言っていた。

明日はランチタイムに光合成関連のラボのBossと話合いがある。
たぶんこれはMっちゃんが中心になるはず。高みの見物と行こう。

2010年3月9日火曜日

はい、次~

卒研発表が終わり、今打ち上げで飲んできた。去年自分たちもやったから苦労が分かるが、慰労会をやってくれた三年生にはとても感謝している。

一年ぶりにいろんな面々と話をすることもできた。




んで、発表終わって一息つく間もなく明日は四時起きで始発の電車に乗って大阪へ行く。


さらに三日後に大阪から帰ってきてすぐ部活のハードな追いコンがある。




なかなかシンドイ五日間になりそうだ。



論文を書き進めるのは来週から・・・




ということで行ってきます。

懐かしい面々

昼時にボスたちと三年生に手伝ってもらい発表練習をしたあと、リハーサルへ行ってきた。

謝恩会のスタッフの仕事があるので僕は最初から最後までいたが、今年の運営は去年よりもスムーズに行ってそうだった。運営する三年生の数も去年よりもかなり多い気がしたし。あとは機材が本番も機嫌いいといいけども・・・



久しぶりに同じクラスの奴らと顔を合わせることが出来、他愛もない話をしてきた。

ほぼ一年間会ってなかったやつもいたが、元気そうで何よりだった。


消えてしまった奴も数人いたが・・・



明日の発表が終われば、僕の大学四年間も終わりということになる。終わってみればあっという間だったな。



まあ大抵の奴は院に進むから、今後も機会があったら遊びに行ったりしたいですね。

2010年3月7日日曜日

週末

昨夜は、範都隆家のカレーパーティーに招かれた。
めっちゃ辛かった・・・けどおいしかった☆辛いのが苦手な僕ですが、おいしくていっぱい食べてしまった。辛いけど、このスパイスが、食欲をそそる。
その結果、喉と口がヒリヒリした。
でも、この食欲を止めることはできず、次から次に口に運んでいた。また、いつか食べれる日が来るといいなぁ。

うちのドラゴンは、柳仙と同様にSleeping Dragonになっていた。リビングで話ている時に、急に落ちた(笑)
T下さんは、「時差で疲れてるんだね」と心配してくださったが、僕は「as usualです」と、心の中で叫んでいた。
柳仙の時のように下ネタは出なかったので安心してください(笑)

今日は、T下夫妻のおうちに招待されているので、楽しんできます☆

誕生日おめでとう、オレ。

一週間前にも書いたが、本日をもって22歳になった。



嬉しいのやら、寂しいのやら微妙になってきた。20歳(酒飲める!ヒャッハー!の歳)までは誕生日楽しみだったんですが。




鹿児島で畜産科で牛やら馬に囲まれている妹からは、自宅で飼っている猫の写真と一緒にメッセージが送られてきた。


あいつは何故か猫の写真を撮るのが上手いのだ。絶対いいポーズを猫がとる。不公平だ。拾ってきた当人である俺がやると逃げるかそっぽ向くか顔面にパンチを喰らわしてくるのに。犬はそうでもなかったけどね。




今日は一日実験室で卒研発表のスライドを作り、今ボスに確認してもらってきた。
発表終わったら部活の行事の関係で一週間くらい実験室にこれなくなるので、ウェットの実験はもうちょっと落ち着いてからにして、英語の勉強に集中した方がいいかもしんない。




なんか最近気温の差が激しいので、風邪ひかないように気をつけんと。



そんな誕生日。

お国のために、、、

今日はMっちゃんとT下夫妻と共にファーマーズマーケットに行ってきた。
匂いに誘われてリンゴジャムの乗ったワッフルを食べることにした。
焼きたてということもあるのだろうけど、すごくおいしい。こちらにしては珍しく甘すぎない一品。
それでも買うとき「リンゴジャムの上に砂糖かける?」とか聞かれたが当然No。
僕はNoと言える日本人でした。

それから何かの品評会で優勝したというチーズを試食。たしかにうまい。舌の上でトロッとしたまろやかさがあるのだけど、飲み込んだ後にしつこさが残らない。ノーマルなやつとスパイシーな奴を買った。日本に帰った後これを"あて"にしよう。

嫁さん用のピアスもここで探す。小さな水晶がついているやつがあった。売り場の人に聞くとオーストリアで取れる極めてpopularなやつだとのこと。

最後にシナモンロールと名前は忘れたが春巻きのなかにコロッケの中身が入っている奴を購入。
これをもってGarrisonへ。Irish redのほかにNut Brown、Hopyardを昼間から堪能。すこし顔が赤い。
ラボのみんなと飲むためにGarrison mixを買う。これには今飲んだ3種類に加えてAmber、Stout、Raspberryの3種類が入った6本入りのものである。前回、Y吹がPropellerを持って帰ってきたので今回はGarrisonにします。

最後にスーパーマーケットに行ってNutellaを買う。これはI垣家行きの予定。

今日の夜はAndrewの家でカレーパーティーです。
彼の家のカレーは本格的らしい。

お国のために頑張っています。

2010年3月6日土曜日

2日目

kami様は、横で爆睡しているため、初ブログ更新します。かく言う僕も、さっきパソコンに向かいながら30分ぐらい寝てましたが・・・・時差ボケ意外と強力です。

今日は、朝からAndrewラボでみんなを紹介してもらいました。残念ながら、○山さんはお休みだったので会えなかったんですが、56-さんと仲良くなりました。

今日のお昼は、Archibaldラボのランチミーティングに参加&発表してきました。簡単な発表をする技量は無く、長々と喋ってしまいました。56-さんやArchibaldがミーティングが終わってからも話をしてくれたので、楽しかったです。
なぜか、英語より、日本語で発表する方が緊張するってことがわかった・・・
今日は、いつものように、カミカミオドオドな発表ではなく、気楽に喋れました。

さてさて、僕の”国のために汗水流す仕事(棒読み)”は終わったので、明日はファーマーズマーケットに行ってきます☆

PS Halifaxの夜は鬼のように寒いです・・・

2010年3月5日金曜日

あれれ?

ドライヤー動かないnow ww

カナダ派遣の2人

M本くん、kamiさまは無事ハリファックスに到着した模様。

あすから本格的な「お国のための仕事(棒読み)」が始まるようです。

やはりあちらは寒いようです。こっちはポカポカですよ。

体に気をつけて、have a fun!

無事?


今innでくつろいでいる。
先ほどAndrewと奥さんとビールを嗜んで別れたところ。
お国のためという目的は日本に置いてきてしまったようだ。いまさら取りに戻れないので成行きに任せようと思う。

しかし今回は出発から躓いた。
東京→トロント間の便が2時間遅れ、Halifaxに着いたのは午後10時。
空港での5時間待ちはつらかった。。。

疲れドラゴンです。

2010年3月4日木曜日

関鉄バスに関するエトセトラ

とりあえず関鉄バスの運転は荒い。

今日の帰宅時にのったバスの運転手も酷かった。停留所にありえないスピードで近づいて来て、急停止する。

道が曲がれば遠心力、バスの停止・発進時には慣性の法則が存在することをまざまざと体感させてくれた。

今日の運転手は○村マサオさん、写真では帽子の斜めかぶりがファンキーです。



バスがまだ動いている時にドアを開けたり、発車しながらのドア閉めも日常チャメシゴト。

それでいて「バスが完全に止まるまで、お席を立たないようお願いします」の車内アナウンスはもうギャグでしかない。



降車ボタンを押していたのに停留所で止まってくれず、草むらに降ろされたりもされたこともあったなあ。

ほら、東大通りの竹園付近ってグリーンベルトみたいなとこがあるでしょう。つくばに来てすぐの頃で、自分がなにかヘマをしたのかとドギマギしてあやまっちゃった。

最近では、曲がる角を一つ間違えて一般道でUターンしたこともあった。もちろんアナウンスなんてあるわけなく、粛々とバスは元のルートにもどっていきました。

別の日では、大学からセンターに行くバスには随分大勢の人が乗っていたんだけど、だれもセンター直前で降車ボタンを押さなかった。そしたら運転手は降車口のドアを開けず、つくばセンターで降りようとした客が「ドアを開けてくれ」と言ったら、むっとして「なに、お客さん降りるの?」って文句を言ってたこともあったなあ。ほとんどの乗客がセンターで降りたんだけど。



でもいいところもありますよ。小銭とかがなかったりすると「また次に払ってね」って言ってくれることも。もうちょっと乗客と地球にやさしい運転してくれるとうれしいです。

2010年3月3日水曜日

頭痛い

頭痛がする… 久しぶりだわ。

朝からなんか調子がいまいちだったけど、昼過ぎから頭痛が。

嫁さんはジャザの夜のクラスの担当、しかも年に1度あるコナミスタッフのチェックがありバタバタと家を出て行きました。

嫁さんはいつもは風呂の準備をして出て行くのですが、あわててすっかり忘れていた様子。

キッズが風呂に入ろうとしたら、「お湯がないよ~」だって。しょうがないので急遽シャワーに。

今晩のキッズの世話は僕の担当ですが、頭痛がひどくならぬよう感情の起伏をなるべく避けつつ寝かしつけた。

彼らを寝かしつけた今、自分はどうしてもお湯につかりたいのでお湯を張っています。

相棒が終わるころには風呂の準備ができてるでしょう。

風呂好きな子供たちよ、スマン。


ところでM本君、kamiさま、カナダ派遣、気をつけて!

2010年3月2日火曜日

あぶねぇあぶねぇ

自分の書いてる論文で引用する先行研究を今日見直してみた。



しっかり読むと、どうも他にも似たような論文があるらしい。


確認してみると、びっくり。
その論文に載ってる結果は僕の論文でのDiscussionに多大な影響を与えるものでした。


しかもその論文、なんか見たことあるタイトルだと思ったら、前に検索したときにもヒットしたのを僕が見事にスル―してたものでした。



あのまま書いて投稿したらいい恥晒しだったな。アブネー・・・



こっちの方もしっかり読まんとな。

2010年3月1日月曜日

インスタントコヒー

今日は雑用雑用雑用の日だった。



謝恩会の打ち合わせに二時間近く費やし、入学金の支払いや卒業旅行費の支払いなどで学内を行ったり来たり。




今からも大学院入学用の書類と、部活の卒業文集のための記事を書かねばならない。はあ・・・






最近九時近くなったら眠くて仕事をする気にならないのですが、コーヒーでも飲んで頑張らねば。






自分の好みの味の豆を買って、それを挽いて淹れた本格的なものとか飲んでみたいのですが、そういう贅沢は10年後くらいにとっておく。前にボスに淹れてもらったやつは美味しかったなー






インスタントコーヒーでは、僕はスプレードライよりフリーズドライで出来た方が好きですね。匂いがいい気がします。







最近一番気に入っているのはKEY COFFEEのスペシャルブレンド。どこでも手に入るし、値段も手ごろ。酸味が強くなく、渋みが強いです(勿論ストレート)。僕の好みはこういう味の配分らしい。香りもいいです。





さて、やるか。