2010年4月11日日曜日

戦歴

おふくろ弁当の夜の部で働いているおばあちゃん。

注文を取り忘れる、注文内容を忘れる、おつりが計算できない、と三拍子そろったお方だが、今日話をしてみると高校時代にハンドボールで日本一になったらしく、そのあとも実業団でバリバリやっていた人らしい。

外見から想像するに80歳前後といったところなので、戦後間もない動乱の時代にやっていたのだろう。


僕の部活のOBにもその位の歳の方がいるが、その時代には「空襲の後の焼け野原の中、焦げた土地を整備してコートを作り練習をした」というような話を聞いたこともある。

今となってはおばあちゃんがハンドボールをやる姿など想像もつかないが、僕らとは別の次元で必死にスポーツをやっていたのではないか、と思う。



まあ昔の話はさておき、最近このおばあちゃんを見なくなったから「もしや・・・」と思ってた僕としてはほっとしましたよ・・・



おばあちゃん、少なくとも俺が筑波にいる間は元気でね。




・・・さて、僕は僕で「戦績」を残すべく頑張らねばならない。

昨日ようやく部活がOBOGに発行する年会誌に使う部員全員の原稿の修正が終わった。これで後は奨学金関連の書類を出せば年度初めの事務処理は一通り終了するだろう。

なので、今日は夜メシ持参で研究室に引きこもり。


ちょっと長引きそうかもしれないので、もしかしたら久しぶりにナイトフィーバーすることになるかもしれん。

0 件のコメント: