2010年4月15日木曜日

ついに、、、

追加データを取り終えた。ぶっちゃけ、この再現性をとるのに一番気を使い、一番労力を使った気がする。そして一番気が抜けたのが、その実験の条件。

再現性をとりやすい条件を探すため、
色々条件をいじってここ一月やってきたが、
得られた結論は

「最初のやつがいいね、、、」

だった。


まあ研究なんてそんなもんだろう。根性でどうにかしなきゃならない時もあるのだから。
もちろんスマートな実験手法であるにこしたことはないが、
根性でどうにかなるのであれば、
マシな方と思うしかない。
「今の科学技術では無理」なわけではないし。


ラボの後輩諸君。
実験がうまくいかないときは、条件に問題がある時もあるが、時には自分の根性に問題がある時もあることを覚えておいてほしい。たいがいなんとかなる。

2 件のコメント:

S.Ishikawa さんのコメント...

「10000回叩けば壊れる壁を前にして、9999回で諦める輩が多い」という言葉を聞いたことがあります。
叩く場所->条件,叩く回数->気合,反復回数->根性ですね。

いながいY さんのコメント...

「でもあきらめない」と心の中で呟いていたのですね(笑)