2010年5月29日土曜日

管理組合総会だん

今日午前中に、うちのマンションの管理組合定期総会があった。この1年管理組合理事会の理事長をしていたので、無事終わってホッとしている。

毎回わけのわからない文句を言う方がいるのだが、今回は「銀行口座に修繕積立金を入れていては金利が安いので、運用するとか工夫したほうがいい」とか、トンデモナイことを言っていた。そんな金、運用に失敗したら誰が責任持つのか・・・

来月に次期理事会のメンバーに引き継ぎをして、我々は引退。いろいろ勉強になった。

毎月1度理事会をするのも結構大変だった。騒音とか苦情も多い。これから暖かくなり窓を開け出すと、ベランダで吸うたばこの煙の苦情とかでてくるだろう。

2010年5月28日金曜日

な~んだ

Snow LeopardではOpenMPIがデフォルトでインストールされてるみたいですね。

双子の一方で試しにLAM入れてない状態でOpenMPIのコンパイルもさして行わず、そのままMPI Mr.Bayesをコンパイルしたらすんなり通った。最初からこれでやりゃ良かったorz

ヒャッハー! 一種だー!

今学生支援室に行って奨学金関係の書類をもらってきた。



一時間くらい待たされて軽くイラッ☆としたが、二種から一種への変更願いを出していたのが受かったとの報告を受けたので、ストレスもぶっ飛んだ。


まだ正式採用の通知は来てないけど、大学推薦の枠に受かったので、僕がよほどの悪さをしない限りこのまま採用になるとのこと。やったぜ!



ここ二カ月での二種との差額分も来月には入るので、これで安心してISEPにいけるぜ。



あとは、採用期間中に結果を出して、終わった時に免除申請を出す!頑張るぞ~!

つらい、つらい、つらい、つらい・・・

現在デッドラインオーバーしている論文の審査をしている。いい加減片づけないといかんので。自分が悪いのだが、reminderのメールもうざい。

ただ論文の出来が悪く、読むのが辛い・・・! 展開されている議論が、提示されたデータで保障されていない、という致命的な欠点があるのだ。だれが客観的にその数値を評価できるの?ってなデータをもとにメインの議論(の1つ)が始まってる。

それに、「Aじゃないか、あるいはBじゃないかのどちらかと考えられる」という文章があるが、それは「何も言えない」ということでは?ふつう「AかBだと考えられる」とは書くけど。

Nativeだからといってそれはないんじゃないか。そんなもんをIP=6以上の雑誌に載っけようなんて、俺様もお天道様も許さねーンだよ!

ありえへん!ありえへんぞ!

Minor

「欧州原生生物学雑誌」から論文のレヴューが返ってきた。
結局Minor revisionでOKとのこと。これはゆっくり直して来月中に片がつけばよい。
これで4つ目。

一応順調に論文書きは進んでいる。が、

約5か月前に投稿した論文がまだ返事無し。これが「あの」雑誌のスタンダードなのか?だとすればこれは明らかに投稿先を誤った。来月中に返事がなければ取り下げて別の雑誌に投稿する。
これ2年も前のデータなんですけどね~。

2010年5月27日木曜日

鼻水たらしながらコンパイル

僕の花粉症(豚草アレルギーやったかな?)は大体今の時期くらいにクル。

今日は一段と酷い。目は痒いしくしゃみは止まらんし、寝不足と相まってそうとう辛い。


日中整体+パスポートの手続きのため外出していたので、よけい酷くなった。
パスポートは戸籍抄本を作るのに本籍のある太宰府市役所に請求しなければいけないらしかったので、また後日になりそうだ。


あとは実験室に行って双子にMr.BayesのMPI版をインストール。すんなりいくと思ったけど案外手間取った。


まずMacPortsを使ってLAM/MPIをインストール。MacPortsは便利ですね。Finkより使いやすいと思います。

これはうまくいったけど、肝心のMr.Bayesのコンパイルがエラーを吐き出す。Snow Leopard使ってる人でも同じようなエラーが出てるらしい。


なので,
MPIの実装をLAMではなくOpenMPIにした。
OpenMPIはMacPortsからではインストールできなかったが、ソースコードからだとちゃんとコンパイルできた。なんでさ?


その状態でもっかいMr.BayesをMPI=yesでmakeして成功。ちゃんと動いた。


ちなみに、MPI版Mr.Bayesの使い方は

mpirun -np コア数 mb

です。
これでクリーンインストール全般は終わった。
あとは本棚でも組み立てようかな。。。

クリーンインストール終わり

二台分のインストールが終わった。

Mr.Bayes MPI版はまだインストールしてない。Linuxがくる前に明日にでもやっちまおうか。
MPIの実装はLAMでいいかな。


Figureはちょっと時間かかったけど綺麗なのが出来たと思う。五月終わりまでにMaterials and Methods まで書き上げたい。ISEPのポスターもあるし、なるべく前倒しでいきたいものだ。



大分首も凝ってきた。明日はまた整体かな。ついでに庁舎でパスポートの手続きしてこよう。いつ必要になるか分からんし。



これから雨の中を歩いて帰る。。。
ひっじょーにメンドクサイ。

初心

「科学」へ投稿してからそろそろ一週間がたつ。「Your manuscript was received.」以外の連絡はまだ何もない。
ということは、、、即リジェクトの危険は回避したようだ!!!
だがしかし、まだ審査に回るという壁は乗り越えていないらしい。。。

rejectならrejectでさっさと教えてほしい。そうすれば潔く「現代生物学」へtryできる。
只今切腹直後で介錯を心待ちにしている気分。

論文投稿ってこんなに緊張するもんだったか?
たぶん数年前に「水産科学」にはじめて投稿した時も同じような気分だったに違いない。
忘れていました。

そういえば「欧米原生生物学雑誌」に投稿していた論文の審査結果がそろそろ返ってくるらしい。これはすんなり通る(と思う)。


2010年5月26日水曜日

だって私は3人目だもの・・・

今日は久しぶりに学校で夕飯を食べ、実験室で双子の再々インストール&Figure作り。


クリーンインストールの効果はあったようで、今のところおかしな挙動はなし。ハードの問題でなくてよかった。

カナの方には大体のソフトをインストールした。
あとはMrBayesのMPI版を入れる予定だが、こちらはPeggyのOSが来た時に一緒にやろう。早くこんかなー


indel-seq-genはかなり更新されていたようで、なんかコマンドの仕様も変わったらしく、今までシミュレーションに使ってきたスクリプトが使えんくなってしまった・・・早く最新版に合わせないとな~


Rでグラフを作ったり統計をやることにはだいぶ慣れてきたと思う。


またFigureをつくるときには、今度はGnuplotに挑戦してみたい。

D行くまでにGnuplotとLaTexとEmacsは人並みに使えるようになりたいものだ。

お金だおかn・・・えっ?

学研災からお金が来た。

平成20年度?から学校単位で保険に入るようになったので、個人で加入して多分のお金が戻ってきたらしい。

封筒を開けると、何やら大層な用紙が入っていたのでワクワクして金額を見てみた。



¥1800


・・・(´;ω;`)ブワッ



まあこんなもんだと思ってたんですけどね(涙)。



ISEP控えた貧乏学生としては、この1800円もTA代の1290円も貴重なのです。

2010年5月24日月曜日

贅沢通勤

昨日今日と雨。普段は45分くらいかけて大学まで徒歩で通勤している。ただ雨の日はバス。

家の前がバス停なので便利なのだ。降りるとすぐ勤務先だし。小ぶりだったら傘開く必要なし。

今日は家の前からバスに乗ったら、僕をいれて乗客2人でほぼ貸切だった。センターで1人降りてしまい、誰も乗りこまなかったので、僕1人で大学までバスに乗ってきた。

4月の混雑ぶりを考えるとウソみたい。普段朝はバスに乗っていないので分からないだけで、今日が特別なのかな?

とにかく得した気がする。小市民(←懐かしい)だから。

2010年5月22日土曜日

論文書きは続くよどこまでも

kamiさまの例の論文は「科学」に投稿され、現在「一次スクリーニング」を受けている。週明けにはその結果が分かるだろう。

Mっちゃんの「原生生物」の論文はほぼreviseが終了。来週には再投稿する。

reviseと並行して、Mっちゃんの第2報目の直し(総トッカエ)が進行中。これはそれほど時間がかからないだろう。書いている内容は、懐かしいsubjectである。

それとは別に今日、AYくんから論文の原稿が送られてきた。これは大分完成近づいていて、次のバージョンはAYくんの大先輩のNYくんに見てもらう計画である。

「年始に10報の論文を・・・」と目標を掲げ、現在掲載済みと掲載決定を合わせて5報。「原生生物」の論文は6報目となるはず。このままいけば、これは僕の査読付き英文論文の通算50報目となるはず。

revision中は合計2報。査読中の論文は4報(うち1つはもうすぐ半年経つんですけど)。

期限の過ぎた査読依頼が1件。あらたに依頼された査読は1件(受けるか思案中)。べつに1件の査読以来があったが断ったんだった。


2010年5月21日金曜日

報道を信用してはいけない

http://tinymsg.appspot.com/pYp

これ本当ですか!?

しかし現在のマスコミの偏向報道を見る限りないともいいかねない。これで特番とかで大々的にプロパガンダが行われ、週明けにはテレビとかしか見てない周りの人間が「宮崎県の自業自得なんだね」とか言い出したりしたら・・・ゾッとします。

宮崎県知事が会見で切れた様子を綺麗に編集して都合よく見せるわけですね。

http://2chcopipe.blog122.fc2.com/blog-entry-5023.html

こっち(マスゴミとか国とか)は心配してやってんのに的な。へ~

でも実際はこうですよ。

http://d.hatena.ne.jp/ippei_mt/20100518/1274185636

血みどろの現場で連日対応に追われている中で、これ言われて切れない人間はそうそういないと思いますけどね。

客観的に報道する、ということは「他人事で上から目線でものを言う」というのとは全く違うでしょ?

もう現在の状況では県レベルで対応できるところにないわけですよ。ワクチン導入したとしても、結局は殺処分するわけで、そのための費用、死体を埋める土地についてなんかは全然穴だらけ、聞かれても「一生懸命頑張る」だけ、どう考えたって国の対応が甘すぎますよ。

現在の報道についても、どうも初期における獣医、あるいは県の対応を調べ上げ、責任をなすりつけるような意図を感じますね。

そりゃ、獣医が最初っから口蹄疫だと決めつけてればもっと早めに発見されたでしょうよ。

でも、10年ぶりの口蹄疫、症状も通例と違い風邪と区別がつかない(「教科書見なきゃ判断が出来ない的な素人バカな主張をする奴もいるみたいですが」)、それでもそこで判断を終わらせるのではなく、ちゃんと国の機関に検査を依頼して、4月20日には口蹄疫である、と結果が出ていたのです。で、このことは国会でも取り上げられましたが、大臣は形だけの対策本部を作ってキューバに遊びに行きました、と。

http://milfled.seesaa.net/article/150440171.html(A日のこの記事だけはまともですね)

さらに言えばこれ

http://www.nicovideo.jp/watch/sm10781423


衆院法会議での様子。地元民の悲痛の叫びを代弁する江田議員に対し、訳のわからない野次を飛ばす民主議員と、ふてくされて聞く気すらない農水大臣。人でなしとしか言いようがありません。こんな人間たちに適切な処置が出来た(これからできる)と思いますか?これで世論を誘導し、支持率低下を防ぎ(あるいは上昇させ)、あわよくば重国籍法案、国会法改正案などの危険法案の強行採決に乗り込むつもりなのか?トンデモねーな。

今報道のあるべき姿というのは、事実をきちんと報道し、宮崎だけでは手が付かず、国の対応が甘いことをしっかりと一般人に認識させること、そしてこれが国家的な大惨事であることを知らせることです。

もしかしたら海外への感染を防ぐために日本人の渡航が制限されるかもしれない。少なくともその可能性は捨てきれない。科学者だって海外の学会に行けなくなるかもしれないんです。

2010年5月20日木曜日

そろそろ機嫌直してくれ~

またKanaがフリーズした。


NHMLをかなりの回数走らせていることももしかしたら関係があるかもしれないが、RAxMLをフルコアで走らせた後もフリーズした。


ちょっとシステムのメンテナンスをする必要がある。せっかくの8コアマシン。まだまだシミュレーションでも頑張ってもらいたいが、今のままでは安心して使えん。



今日はこの前の発表の時に指摘された点についてデータと、後々使うことを想定してさらに発展的なシミュレーションのデータを取った。このデータと今のシミュレーションについてで、DC1の申請までに最低2本は出しときたいと思っている。(出来たらApicoも)

前者のデータについては、解析方法の違いも含めたもう少し細かいデータも取らなければならないだろうが、ちょっとこれについては明日ボスと話し合おう。



今日はちゃんとした時間に帰れそうだ。

検定について

結局この時間までかかってしまった。最近寝る時間帯がどんどんずれ込んでいるので、そろそろちゃんと戻さないと昼間の集中力に支障をきたす。気をつけよう。


Codon Biasの検定は、先行研究には基本的なストラテジーは載っていたが細かいところまでは説明していなかったので、大ボスと相談しながら検定を行った。


統計量のデータはすぐに出たが、そのデータから分布を作り、どうやってp値を計算するか、というところでちょっと迷った。採択域と棄却域の境目についてとかだ。


やってることはAU検定とかとほぼ変わらない。なのでAU検定とかにも疑問が生じるところだが、「差が0」というのと「0に限りなく近い」というのはどうやって区別されるのだろう。例えば「差が0」というキム仮説が棄却されたとしても、統計量の分布が0に近いところで集中しており、その中で正負に偏りがある時は、統計量が比較的広い範囲にばらついているときと同じ検定とみなしていいのだろうか?

その他もろもろ。


結局のところ今回の検定については統計量にもかなりばらつきがあったし、僕が気にしていたのは最終的な結果にはほとんど影響が無かったけど、なんか気になるな。



といっても、今かなり眠いから明日以降覚えてるか分からんが。今も何書いてるんだか半分くらい分からん。


・・・寝よ。

2010年5月19日水曜日

新しい・・・惹かれるな

今日は夕食を隣のラボの先生(バー○ラ先生じゃないよ)に奢ってもらった。この前ラボの引っ越しを手伝ったので、等価(?)交換です。フラガで食べてきた。

ライスのお替わりは4杯に止めといた。多分今でも6,7杯はいけると思うが、ドン引きされてもアレなので・・・


ISEPまでにちょっと減量しとかんとなあ。


あと、ヤトロさんにお願いしていたマシンがやっと届いた。


core i7の4コア8スレッドマシンです。


これは完全に個人用ということで、予算をもらって注文しました。

これからこれを使ってバリバリデータを出したいと思います。



ただ、Linuxを入れるんですが肝心のメディアが届いていない。
これじゃPCはPCでもPersonal Containerだよwww 早く来いー早く来いー

現時点ではあくまで予定だが、100万くらい使ってサーバーを買おうという話も持ち上がっている。もしこれも実現できればスパコンに頼らずともシミュレーションを含めある程度の大規模解析がサクサクできるようになるだろう。とても楽しみだ。


今夜は今からCodon Biasについての検定を行う。これは多分Excel使ってすぐに出来るだろう。


今週中にはレポート云々やマシンのセットアップなど諸々の作業を終わらせたい。

3つ目

前に所属していたラボの人と共著で投稿していた論文のfirst reviewが返ってきた。
軽くacceptの感じだったので今月中にも片がつくだろう。

これで3つ。
つまりあと4つ。
まだ遠い。

早いとこ自分の論文も投稿しなければ。これは遅くとも来週中には済ませたい。
7月の金沢を夢見ながらひた走る今日この頃。

2010年5月18日火曜日

R.I.P.

Newsを見ていたら、Ronnie James Dioが死去したとの事。

Black Sabbath、Rainbow、Dioと名だたるバンドでボーカルを務めた、HR/HM界の偉人の一人です。

Rainbowのボーカリストの中では1番好きです。ご冥福をお祈りします。

日本の畜産が・・・

口蹄疫について


ちなみに今までも政治関係のことを書きましたが、これらは拡散目的で書いてます。
一応このブログは公開しているので。

もっと情報が欲しいかたはhttp://mynippon.jp/へ。ここに書いてあることを見るだけでも、少なくともテレビでニュースを見るよりは有意義だと思います。


国会中継での自民の佐藤議員の質疑によると
本日までに感染例が110例を超え、殺処分頭数は牛豚ヤギを合わせ11万頭を超えたそうです。


自衛隊も災害派遣として出動しております。



「まだ宮崎県内だけ」という認識は全くの間違いであり、甘すぎます。
「人にはうつらないからご心配なく(キリッ」   バカジャネーノ?


例えば宮崎の肉牛は、それ自体のブランドだけでなく、種牛として全国の畜産に広がっています。
よって、その根本が絶たれれば日本の畜産自体が消滅することも想像に難くありません。
豚についても同じです。


口蹄疫は、牛→豚と様々な生物に感染が広がるし、その経路も多岐に渡っている。
少しでも早くこれを根絶せねば、血みどろの未来が待っています。

http://green.ap.teacup.com/mutuo/

川南町の畜産家のブログです。見ていて胸が痛みます。
宮崎の現状もどれだけ恐ろしいことになっているのか想像するのも怖いです。



殺処分をするときのタオルが足りないとのことですが、第一次の募集は終わってしまったようです。
次また募集が開始された時は、家にあるタオルを送りたいと思います。

エース級の種牛が次々と殺され、残るは6頭とのこと。6頭ですよ!?

今テレビとか新聞とかどうなってるか知らないですけど、政府についてもマスコミについても今一番優先すべきなのはこの問題でしょ?


沖縄の人に喧嘩売るつもりはないですけど、普天間の問題は今は置いときましょうよ。
どうせ5月末決着とか無理なんだから、それの尻拭いより大事なことがあるでしょう?
優先順位ってのがあってしかるべきでしょーよ!

WebからFax

http://www.myfax.com/free/

メールアドレス一個あればFaxが送れるサービスです。最近知りましたが、便利ですね~。
今までは近所のコピーセンターで送ってもらってたんですが、これだとお金もかからずに済む。

アドレス1個につき一日(24時間内)に2通送れます。フリーメールのアドレスを複数取得すればもっといっぱい出せます。

Faxの中身は添付ファイルとしてPDFやWordのファイルをアップロードすればOK。 スキャナで取り込めばペーパー情報のものも送れる。


Fax送るときには活用するといいでしょう。

千里の道も一歩から

こないだアクセプトされた論文のproofをcorrectした。
このように論文として形になったのを見るのは気持ちがいい。
今年の目標まであと5報。。。道のりは長いが必ず達成する。
さて地道に実験実験。液体窒素を取りに行くか。

2010年5月17日月曜日

空からの襲撃

今日学校行く途中(自転車乗ってた)、カラスから攻撃を受けた。


ピンポイントで頭を狙い、一発かまして逃げて行きやがった。


感触からして恐らく嘴でなく爪アタックだろう。・・・俺が何をした?



近くに巣でもあったのか。暫く通学コースを変えた方がいいだろうか・・・?



発表は無事終わった。Vistaが恐ろしく遅かった。普段はあそこまで遅くないんだが、やっぱ7に変えた方がいいんかなぇ。
追加のデータとして、すぐ出せそうなものは早くとっておこう。それを使うかどうかは、「どこまで言うか」を考えながら判断しようと思う。

最近双子の機嫌が悪いので、Peggyが早く来ればそっちでやろうかな。




明日は授業のレポートと今度やる英語のプレゼンも作らなければならない、修士の単位なんざあってないようなもんなんだから、そんな頑張って授業やらなくていいのにねえ・・・はああ

2010年5月15日土曜日

ゲロ以下の臭いがするぜ・・・!

今日は実験室でスライドを作った。

夕食の後はここ最近の日課となっている国会中継動画のチェック。

今日見たのは
5月14日 衆院環境委員会での地球温暖化対策基本法案強行採決

http://www.nicovideo.jp/watch/sm10718147


自民党齋藤議員はよく粘ったと思います。強行採決させないための牛歩戦術ですかね?
まあ、質問しても小学生レベルの返答しか帰ってこないですしね。


他人の議論を見て心底ムカついたのはフィロソフィーガ‐ぶりです。科学が馬鹿にされてるとしか思えません。


「科学が主張するのはあるシチュエーションに対する根拠についてのみ。[だからこうしろ]ということは科学は決して主張しない。決断するのはあくまで政治である」


こんな初歩的なことも分からないのか?
おまけに英語(ともすれば日本語)もできないらしい。「する必要がある」と「しなきゃいけないorすることを要求する」の違いが分からんのか?ついでに主語述語の関係から見直せ!!

こんなレベルの癖に自分たちの政治的判断の責任は科学になすりつけ、挙句の果てに審議不十分のザル法案を数の暴力によって可決する。こいつらよく今まで社会人として生活できてきたな。


この調子で来週国会法改正案やらも通すつもりか?
それだけは絶対に阻止せねばなりません。

Chacoサンダル、ゲット


先週末取り寄せたChacoサンダルの試し履きをして、サイズ11を購入した。

ソールはビブラムなので、通勤にも使えそうなほどガッチリしている。写真では見えないけど、厚みもすごい。

涼しいし、中々よいと思う。夏が楽しみ。


2010年5月14日金曜日

Kana様ご乱心

大学院の集中授業やっと終わった。といっても後半は出席書いたら速攻でバックレたけど。


双子でシミュレーションのプログラム動かしてたら、どうもKanaの調子がおかしい。途中でバグる。

この前HDDのボリュームチェックしたら破損しており、修復したんだが、他にもおかしいところがあったのか?
同じプログラムを動かしてManaの方は正常に動いているので、自分のプログラムの問題ではないと思う。

メモリの使用量とかをチェックすると、なんか分からんやつが食い散らかしていた。多分これが原因と思ったので、Killしておいた。


新参者Peggyは来週にも来る予定だが、Linux OSのメディアDVDがまだ時間がかかるとのこと。Codon Usageの検定などを優先するから、セットアップは来週五月末になるだろう。


来週セミナーの発表だが、シュミレーションのデータがまとまっているし発表時間にも余裕があるので、今回はいつもより力を入れたいと思う。

論文書くときに自分がどういう議論をするのか、それを主軸にして発表したいと思う。

2010年5月13日木曜日

twitterって役に立つ?

sugarsyncで3つのPCのDocument folderを同期しているが、とても便利。もしPCが突然壊れたら(壊れるのは突然に決まっているが)とか、バックアップを定期的に取らなきゃ、という強迫観念から解放された。

当然だがsugarsyncはサーバーのメンテナンスをする時間は、ファイル同期できなくなったり、webサイトにアクセスできなくなる。これが実はちょくちょくあるのである。

実際PCを使う上で何の不都合もないのだが、sugarsyncがdisconnectedになっていると不安になってしまう。

メンテ中かどうかを確認する方法がないか考えたが、sugarsyncのtwitterをフォローしていればいいということが分かった。

あらかじめメンテのスケジュール等をポスとしているので、なぜdisconnectedになっているのか分かる。

はじめてtwitterが役に立つことが分かった。僕の感じるtwitterの有効性は、今のところこのくらい・・・

度し難いほどの無能

眼鏡買ってきた。日曜日に出来る予定。



まあそんなことはどうでもよろしい。


昼飯を食べるがてら昨日、一昨日あった衆院農林水産委員会、内閣委員会の動画
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10686926
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10696388
を見ました。

農水委の審議、僕は見ていて本気で涙が出ました。日本の農業を預かるトップがこの体たらくとは、怒りを通り越してあきれます。答弁も「こうしたこうした」と言い訳ばかり、これからどうするかについて具体的なことは殆ど言わない。しかも今までやってきた(つもりの)対策が全く機能しておらず、前代未聞の大事件になっているということに対して全く自覚がない。

畜産家にとって、牧場の牛や豚、鶏は単なる商品ではないと思います。「不良品が出たから処理しましょうね~」なんかで済ませられるものではないのです。



そしてこういう人たちが主張する「政治主導(笑)」、どれだけ恐ろしいものになるでしょうか?今から行われる国会ではこれに関連する危険な法案が、ともすれば今日中に強行採決されてしまう可能性もあるのです。


関係議員や各党にはFax,mailを何回か送りつけました。大規模な方々が同じように断固反対を唱えています。


大学院の授業はありますが、そんなことよりも僕はこの法案の行く末が気になります。



追記

まだ衆議院は開催されてないようです。理事会で法案審議をするか否か検討中らしい。
この間にFigureの整理でもしようかね。

追記(1:30)

法案提出は明日に延期になったようです。まだ油断が出来ませんね・・・

アッー!

眼鏡がぶっ壊れた・・・


レンズを拭いてたらフレームのところが根元からボキッ!



予備の眼鏡もなんか度が合わない。


早急に修正が必要だ。


集中授業はとりあえず名前だけ書きにいこう・・・


今日はそんなことよりも衆院本会議の方が気になるんですけどね。

国会法改正案が提出される予定とのこと、昨日の国家公務員改革法案のように十分に審議されないまま「さんせー!さんせー!さんせー!」で強行採決、可決されないかがとても心配です。


普天間問題や口蹄疫など、それだけでも大問題ですが、そういった問題に隠れてこの法案や重国籍法案などの超重要(超危険)法案がぽこぽこ通されようとしているのには何か恣意的なものを感じずにはいられない。

2010年5月10日月曜日

D4C

D4C -> Dirty Deeds Done Dirt Cheap (いともたやすく行われるえげつない行為)


帰省している間、半年ぶりくらいにテレビや新聞を見ました。

僕の地元九州(特に宮崎)では今、口蹄疫の問題でとんでもないことになってます。

参考
http://netouyonews.net/archives/3132512.html

しかしながら、メディアではこの件に関してほとんどと言っていいほど報道がなされていません。

「風評被害を防ぐための情報規制」という言い訳がありますが、その間にこの問題を解決するための何らか対策がなされたか、というと何もされていない


野党であるはずの自民党の方が具体的な対策を出し、再三政府側に対応を要求しているにも関わらず、これらすべてを華麗にスル―。委員会の開催も断固拒否。おまけにGW中には担当大臣は海外にいるわ、メディアを見れば普天間普天間普天間ry)    

(・・・普天間が重要でないとは言わないけどさ。)

結果的に殺処分数は5万頭を超え、もはや風評被害なんて関係ないくらいの、日本全国の畜産業者にとっての壊滅的事態に陥っています。

このような状態になってしまっては、たんに初動の遅さ、対応の不適切さを隠すための情報規制であったと疑わざるを得ません。


口蹄疫は海外でも危険視されている疫病ですから、このまま被害が拡大すれば事は畜産のみならず、日本人の海外渡航にも影響が出てくる可能性もあるのです。このような問題は迅速に、ありのままを報道し、国民全体に危機感を呼び掛けるべきであると僕は思います。




・・・僕の妹は、現在鹿児島の大学で畜産の分野を学んでいます。将来は畜産業に関わりたいとも言っていました。


事実は定かではありませんが、鹿児島でも感染した個体が見つかったとの報告があるとのこと。


彼女の将来も含め、この問題が今後どれほどまでに拡大するのかとても心配です。

2010年5月8日土曜日

サンダル

夏といえばサンダル。日本に帰国して以来、merrellのサンダルを履いていたけど、ボロッボロになったので去年いっぱいで捨てた。

そろそろあたらしいサンダルの購入する機会だが、問題はサイズ。足がでかい(28 cm位)ので、アウトレット以外の普通の靴屋さんにはフィットする靴・サンダルはない。

2年くらい前からKeenが気になっていて、newportの緑色なんていいなぁ~と思っていた。けどカナダ西海岸の某ラボの集合写真で、知り合いがまさしく緑のnewportをはいているのを発見… 一気に冷めた。

実はスウェーデンの友人も2007年のSMBEでKeenサンダルを買ってたけど、彼とオソロになっても気にならない。なぜカナダはダメで、スウェーデンはいいのかは察してちょーだい。

ただKeen newportは湿気の多い日本で暑くないか。ほとんど「ベンチレーションのいい靴」みたいだし。

そんなこんなでwebをみていたら、いいやつ発見!Chacoのサンダルはよさそう。


これぞ探していた感じ。親指の固定できるZ/2がいいと思う。ソールは厚くて歩きやすそうだし、日本の夏でも涼しそう。価格もKeenほど高くないし。

ディーラも土浦にあるから、サイズを取り寄せてもらおうかな。やっぱ一度フィッティングすべきだと思うし。



ぜんぜん関係ないけど、一昨日、昨日のシンポジウムを聞いていて、思ったこと。

「一度でいいから"ab initio"というフレーズを論文で使ってみたい」

絶対そんな機会はないと思うけど。

2010年5月7日金曜日

暑い

4月の異常な寒さから一転、GWから暖かく、いや暑くなった。

うれしいことなのだが、オフィスが暑い!エアコンはあるのだが、僕のオフィスの並びの部屋のどこかに、冷房/暖房切り替えの親スイッチ?があり、そこが暖房のままなのである。

室温を見たら30℃越でびっくり、窓を全開にして、扇風機も出した。いま計算していなのでhanky、panky、nerdyも電源を落としているのに・・・

現在の問題は窓に網戸がないこと。虫は入ってくるし、いまはタンポポの種が沢山入ってくる。

事務の人に聞いたら、この研究棟を建てる時網戸を申請したら、財務に却下されたとのこと。

網戸があるとエコなのに。自分の経費で付けれないのかな。

2010年5月6日木曜日

小塚明朝逝ってよし

NTくんから、スタシエ(去年度まではワカスタ)の申請書の下書きが送られてきた。バーツク大在籍時から一緒にやっている研究に関連しているので、一度目を通したのです。

なぜかNTくんは小塚明朝を使って書いたのですが、これがトラブルの元。track changeなどを使っていると異常に処理に時間がかかります。ちなみに「処理」とはテキストの挿入、削除などのことです。

この程度の作業に時間がかかり、最終的にはWordはクラッシュ、おまけにPC自体もクラッシュ・・・

XP、Vistaをつかってきて、はじめてWin PCのクラッシュを体験しました。

小塚明朝は使わないと心に決めました。

2010年5月4日火曜日

祭囃子が聞こえる

今日は「博多どんたく祭」に行ってきました。


全国的にも結構有名な祭らしい(僕は殆ど行ったことはありません)が、まあ簡単に言うと

盆踊り+仮装大賞+パレード

です。踊りも恰好も様々ですが。


本来のどんたくは「博多松囃子」を指し、三福神と稚児の行進が最初に行われるのですが、残念ながらこれには間に合いませんでした。

パレードでは福岡県内のみならず、全国、海外から様々な団体が参加していました。


例えばこんなの(左)とかこんなの(右)とかこんなの(真ん中)です。












神輿を担いだり、大人数で踊ったりホントに皆思い思いなやり方で参加していました。
「ひょっとこ」もいましたね。ひょっとこ踊りは初めて見ましたが、あれは・・・・・・・ありえん(笑)
しかしながら、人が多かったですね。福岡市内、ど真ん中で祭が行われたのもあり、通りは人だらけ。まともに歩けなかったし、なによりパレードを見ている間も暑苦しいったらありゃしない。これが真夏でなくてよかった。
帰省のタイミングとばっちり合ったので見に行きましたが、個人的には地元の神社などでひっそりとやるお祭りの方が好みですね。
ただ、もうあまり見る機会はないでしょうから、いい経験にはなりました。

2010年5月1日土曜日

春の福岡食い倒れ日記

今日は実家から福岡市中央区まで出撃し、ラーメンと屋台で美味しいものをたらふく食べてきました。


ラーメンは「一風堂」にて。一風堂はチェーン店ですが、個人経営店を含めても福岡県内ではトップクラスに美味しいラーメン屋だと思います。僕は実家に帰ったら大体この一風堂と一蘭、あと実家の近くにある久留米ラーメンの店で食べますね。


あと、チェーン店のくせに店によってかなり味が違います。僕のおすすめは天神本店か中洲店で、今日は中洲店で食べてきました。


とりあえず、替え玉は二杯。ホントはもっと食べたかったけど、後に屋台も控えてたのでセーブしました。(ちなみに替え玉2,3杯はこっちじゃアタリマエです。)


僕が一風堂を好きな理由の一つに、無料でトッピングできる「辛しもやし」のうまさがあります。これは多分一回食べてもらわないと分かってもらえないですが、とんこつラーメンには最も合うものと思っています。こちらもカウンターにあったのは一箱分食いつくしてきました。

ラーメンを堪能した後は、20分ほど歩いて那珂川にある屋台へ。


福岡市中央区(天神、博多)は普通の通りにも屋台が沢山ありますが、今日行ったところは川辺でビアガーデンみたいな感じになってて雰囲気もとてもいいです。去年の夏はここで最高に贅沢な時間を味わいました。


ちなみにこんな感じ↓
まだ賑わう前ですね。





去年と同じ屋台で食べました。女将さんが一回しか来たことがない僕を覚えててくれたのに感激しましたね。


とりあえず、こんなん↓





















左はカウンターに展示してある食材。玄界灘で取れた魚介類です。右は食べたもの。
お酒は梅酒です。細かい果肉入りで、甘さも控えめ、すっきりした味わいでした。

隣にあるのはアナゴの天ぷら。身がプリプリしており、塩で食べてもタレにつけても美味しゅうございました。

最後に女将さんと一枚↓



















僕顔真っ赤っかです(笑)
まだ日が落ちる前、美味いものを肴に一人屋台で酒を飲む。最っ高の贅沢でした。学生ならでは、ですね。


いつか福岡で学会があれば、ぜひ研究室みんなで行きたい。



ちなみに、3,4日には「博多どんたく祭り」という結構有名な祭りもあります。僕は小学校以来行ったことないので、いい機会だしこちらにも参加する予定。

たのしみたのしみ。