2010年5月15日土曜日

ゲロ以下の臭いがするぜ・・・!

今日は実験室でスライドを作った。

夕食の後はここ最近の日課となっている国会中継動画のチェック。

今日見たのは
5月14日 衆院環境委員会での地球温暖化対策基本法案強行採決

http://www.nicovideo.jp/watch/sm10718147


自民党齋藤議員はよく粘ったと思います。強行採決させないための牛歩戦術ですかね?
まあ、質問しても小学生レベルの返答しか帰ってこないですしね。


他人の議論を見て心底ムカついたのはフィロソフィーガ‐ぶりです。科学が馬鹿にされてるとしか思えません。


「科学が主張するのはあるシチュエーションに対する根拠についてのみ。[だからこうしろ]ということは科学は決して主張しない。決断するのはあくまで政治である」


こんな初歩的なことも分からないのか?
おまけに英語(ともすれば日本語)もできないらしい。「する必要がある」と「しなきゃいけないorすることを要求する」の違いが分からんのか?ついでに主語述語の関係から見直せ!!

こんなレベルの癖に自分たちの政治的判断の責任は科学になすりつけ、挙句の果てに審議不十分のザル法案を数の暴力によって可決する。こいつらよく今まで社会人として生活できてきたな。


この調子で来週国会法改正案やらも通すつもりか?
それだけは絶対に阻止せねばなりません。

0 件のコメント: