2010年5月28日金曜日

つらい、つらい、つらい、つらい・・・

現在デッドラインオーバーしている論文の審査をしている。いい加減片づけないといかんので。自分が悪いのだが、reminderのメールもうざい。

ただ論文の出来が悪く、読むのが辛い・・・! 展開されている議論が、提示されたデータで保障されていない、という致命的な欠点があるのだ。だれが客観的にその数値を評価できるの?ってなデータをもとにメインの議論(の1つ)が始まってる。

それに、「Aじゃないか、あるいはBじゃないかのどちらかと考えられる」という文章があるが、それは「何も言えない」ということでは?ふつう「AかBだと考えられる」とは書くけど。

Nativeだからといってそれはないんじゃないか。そんなもんをIP=6以上の雑誌に載っけようなんて、俺様もお天道様も許さねーンだよ!

ありえへん!ありえへんぞ!

0 件のコメント: