2010年5月18日火曜日

日本の畜産が・・・

口蹄疫について


ちなみに今までも政治関係のことを書きましたが、これらは拡散目的で書いてます。
一応このブログは公開しているので。

もっと情報が欲しいかたはhttp://mynippon.jp/へ。ここに書いてあることを見るだけでも、少なくともテレビでニュースを見るよりは有意義だと思います。


国会中継での自民の佐藤議員の質疑によると
本日までに感染例が110例を超え、殺処分頭数は牛豚ヤギを合わせ11万頭を超えたそうです。


自衛隊も災害派遣として出動しております。



「まだ宮崎県内だけ」という認識は全くの間違いであり、甘すぎます。
「人にはうつらないからご心配なく(キリッ」   バカジャネーノ?


例えば宮崎の肉牛は、それ自体のブランドだけでなく、種牛として全国の畜産に広がっています。
よって、その根本が絶たれれば日本の畜産自体が消滅することも想像に難くありません。
豚についても同じです。


口蹄疫は、牛→豚と様々な生物に感染が広がるし、その経路も多岐に渡っている。
少しでも早くこれを根絶せねば、血みどろの未来が待っています。

http://green.ap.teacup.com/mutuo/

川南町の畜産家のブログです。見ていて胸が痛みます。
宮崎の現状もどれだけ恐ろしいことになっているのか想像するのも怖いです。



殺処分をするときのタオルが足りないとのことですが、第一次の募集は終わってしまったようです。
次また募集が開始された時は、家にあるタオルを送りたいと思います。

エース級の種牛が次々と殺され、残るは6頭とのこと。6頭ですよ!?

今テレビとか新聞とかどうなってるか知らないですけど、政府についてもマスコミについても今一番優先すべきなのはこの問題でしょ?


沖縄の人に喧嘩売るつもりはないですけど、普天間の問題は今は置いときましょうよ。
どうせ5月末決着とか無理なんだから、それの尻拭いより大事なことがあるでしょう?
優先順位ってのがあってしかるべきでしょーよ!

0 件のコメント: