2010年6月1日火曜日

何これ・・・ふざけてるの?

27日の衆院本会議で放送法改正案可決されちゃいました。
25日の総務委員会で強行採決されたものです。


これ、簡単に言うとこういう危険があるんですよね。

・「放送」の定義が変わり、ネットも「放送」になることが可能となる。

・総務大臣の権限において、(総務大臣がけしからんと思った)「放送」に対し、直接業務停止の命令を下すことが出来る。

・電波監理審議会の権力も拡大。電波監理審議会は総務省の諮問機関であるが、そのメンバーは総務大臣が決める

ネットでの言論の自由\(^○^)/オワタになる危険性が生まれるわけですね。


マスコミは殆ど取り上げてないですが、それは多分今回の改正案では大手テレビ局は「基幹放送」という枠で業務停止の対象から外されてるからでしょうね。・・・まあこんなんなくても既にTVの放送なんざあてに出来ないですけど。口蹄疫関連の報道みてりゃ分かる。



多分ネット選挙の解禁とも関連があるんでしょう。

要は、特定の党や政府の悪口言う汚物は消毒だー! という事態になりかねんということだ。

http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/505

↑ 詳しくはこことか参照

鯖が外国にあるサイトでも、プロバイダが国内のものであればそこを抑えることも可能らしいし。


上はあくまで可能性にすぎませんけど、バカに権力持たせるとロクなことにならないというのは歴史が証明しているし、そもそもこういうものは可能性すら排除できるように厳格な制度が必要でしょうに。


http://www.nicovideo.jp/watch/sm10841017

これは総務委員会での質疑+強行採決の様子。まったく質問に答えてない。

「誰が総務大臣でも間違いが起こらないように厳格な制度が必要でしょ?」

「放送法3条があるからそんなこと起こり得ない(キリッ!」

その3条についての法解釈が都合のいいように行われることだってあるのよ?


子供手当の時と全く変わらん。都合が悪けりゃジミンガ‐。

なんでこの状態で採決なんか出来るんだよぉ。


暴走が止まらない。参議院選挙(望むべくは衆参両院選挙だが)までこの地獄を見なけりゃならんのか。

0 件のコメント: