2010年6月30日水曜日

準備完了

今日はポスターも印刷紙終わったので、今までPeggyへのOSの再導入をしていた。

Peggyには結局Fedoraを入れた。
パッケージ数もそこそこあるし、入ってるものもかなり新しいものだ。
Bio PerlとSeaviewが入ってるのには少しびっくりした。

最初はDebianにしていたが、64 bitでデスクトップOSとしても使うことにするといろいろと面倒くさい障害が生じた。それならFedoraにすればいいじゃん、という感じ。Ubuntuは使い勝手はいいがカスタマイズの自由度が少し制限されているように感じたのでやめた。


今まで試した中だと、64bitデスクトップとして使うならFedoraが一番自分にあってる。adobe flashも比較的簡単に64bitで使えるように出来た。これはAdobe labの64bit用の奴ではなく、32bit版を64bit環境で使えるようにしたものだ。
参照:http://fedoraproject.org/wiki/Flash



とりあえずデスクトップ環境の整備と、OpenMPI, Bio++ライブラリーの導入は終わった。


系統解析ソフトについては、ISEPから帰ってきた後。gccの最適化オプションについて勉強しながら導入し定稿と思う。

せっかくいいCPU(Corei7 960)を使っているのだから、nhPhylobayesやBppMLなんかが少しでも早くなればいいなあ。



KanaについてはBootcampでUbuntuを使っているが、どうせUnixマシンとしてしか使わないから、Arch Linuxにでも入れ替えてLinuxを細かく勉強してみようかな(Bootcampで動けばの話だけど)



今日はこれから夜行バスで金沢へ、実に楽しみだ・・・

0 件のコメント: