2010年6月14日月曜日

Mっちゃんグロッキー

今日はY崎、N村、M本さん、自分で夕飯を食べにいった。

行く先は、大食いの筑波大生ならば一度は経験するであろうお店、RANRANである。


ここのメニューは最早「ご飯」ではない。

洗面器くらいの食器に二合くらいの飯、そして唐揚げ、麻婆豆腐、肉野菜炒め、スクランブルエッグ、もやしetcetcがてんこもりなのである。

生半可な気持ちで挑戦すると、胃袋から光が逆流することになる。

今回、僕は定番メニューのBIG丼の大盛り、Y崎は豚カツ丼(名前忘れた)の同じく大盛り、N村とM本さんは肉野菜丼とBIG丼の普通盛りをそれぞれ頼んだ。


自分、Y崎、N村は難なく完食したが、「一度食べてみたい」と言ってたM本さんは予想通り3/4くらいでダウン。「ちょ、もう無理」状態になった。


そのまま帰ろうとするM本さんだったが、そうは俺等が卸さなかった。

「勝負負けていいんすかあ?!」のプレッシャーでたべさせようとしたけど、残念ながらM本さんはヘタレだった。


結局、残りを4人で分けてM本さんの分を完食。


M本さんは店に新品のiPhoneを忘れてしまうくらい一杯一杯になってたが、
「yujiとkami様にも食わせたい」と五回くらい言ってた。



RANRAN大盛りでも大丈夫だったということは、自分はまだいけるみたいだ。



次は夢屋かバカ豚かな?
とりあえずISEPではちょっと本気出す。

0 件のコメント: