2010年6月11日金曜日

Presubmission inquiry

今朝がた、カナダのAJR先生に「現代生物学」へPresubmission inquiryを出していただいた。
よき返事が来るのを24時間待とうではないか。

それにしても毎回思うのは英文書きの難しさである。もちろん僕がまだまだ未熟なのがすべての原因なのだが、、、
「こういう意味の文章が書きたいのだが英語ではどう書くかね???」と無い頭ひねって毎回考え、書きあげてラボのボスであるYI先生に送るのだが、そのたびにすっきりした英語になって返ってくる。さらに今回はAJR先生もそれに加わり、英語だけ見れば申し分ないものになっている。もちろんデータの内容や新規性も自身はあるのだが、前回「科学」では求められるgeneral interestsには合わないと判断された模様。競合者がいるのが気になってしまい、「自然」を諦め「現代生物学」にした判断が正しかったと信じたい。今回でなんとかなってほしい。

0 件のコメント: