2010年7月12日月曜日

参院選

自民党が51席、民主44席で自民が圧勝、参院の改選後第一党になった模様。

とりあえず、参院でも与党過半数、民主第一党という最悪の事態は免れたようですね。事前のテレビ報道ではちょっとひやっとするものがありましたが・・・

これでねじれ国会となり、与党の政治運営にすくなからず障害が生じることになるわけだが、亡国に向かって一直線!である現状よりかは、まだ停滞している方がましだろう。民主の有り様を時代を担う革新派であるような見方をする人もいるみたいですが、「バカが革命するとロクなことは起きない」のであり、現状政権を握っている面々が無能無知無策(+無恥)であることは火を見るより明らかです。かといって一度野党落ちした今の自民党が再び政権をとったとき、素晴らしい政治運営が出来るかというと甚だ疑問ですが、少なくとも超党派の議論も呼びかけずにアホな法案を数の暴力でポコスコポコスコ通したり(前の自民でも少なくとも十分な議論をしようという姿勢はあった。どこかの野党が選挙優先で拒否したけど)はしないだろう。

望むべくは、新たに強力な野党が出てくることですね。自民が堕落したのは一つには十分にライバル足り得る野党がいなかったことが起因しているだろうから。だから党内での派閥争いに終始するしかなかったと言えるし、それが腐敗した政治集団を形成する要因となったようにも思います。

今回の選挙ではごく一般の国民に対しても隠し切れないような重大な失態、失策の数々がこの結果に反映されたと思います。(消費税、政治とカネ、普天間基地等々・・・)

ただ、もっと根本的な所で民主はダメだ。人間的に可笑しいと感じることが例え国会の場であっても日常茶飯事レベルで見受けられる。

まずは今回の選挙で自民に勢いをつけてもらって、なんとか早急に衆議院解散総選挙に追いやってほしいものです。

そういえば、谷亮子は当選したそうな。票を入れた人は何考えて入れたんだろう?選挙中に富士山登るくらいなら、当選後を考えて時間を惜しんで勉強すりゃいいのに・・・

まあ、タレント議員が当選するのは参院選では珍しいことではないし。

やってみないと分からないこともありましょうから、転んで足の骨折ったりしないように気をつけてほしいものです。

0 件のコメント: