2010年7月30日金曜日

サチュッてる

アピコの解析の結果が出た。

データコーディングとNHモデルの効果はあったようで、樹形的には期待どおりのものが得られた。一応事後確率のサポートもある。

が、これも予想通りというべきか、やっぱりアピコの枝がアホみたいに長い。


これだと、モデルがデータにきちんと適合したからこの結果が得られたのかがよく分からない。


また、対数尤度はチェインの間で収束はしているが、相互の鎖から得られた樹形を比較すると、肝心な所のサポートがかなり違う。

これはおそらく、アピコがどこにこようと対数尤度的にはほぼ変わりがなく、いい結果の方は偶然得られたもの(もう一方ももっとサイクルを増やせば最終的には同じようになるかも分からんが)と考えたほうが妥当であろう。

つまり、アピコのデータにそもそもシグナルがほとんどないということである。


このデータをどうするかだが、ちょうど今同じような条件でやるシミュレーションを考えているので、アピコのデータに対し試した解析方法が本当に有効であるのかをシミュレーションで比較検証してみようと思う。


最終的に、シミュレーションとEmpiricalなデータを合わせて方法論的な議論が出来ればいいと思う。

0 件のコメント: