2010年7月26日月曜日

下準備

Indelibleでコドンモデル使っての配列生成は組成のバイアスの設定も含めうまく行った。


あとはこれをどうやって解析するか。

今度の実験は単純にアミノ酸でやってみるのと、いろんな解析法方のパフォーマンスの違いをより詳細に調べることが目的なので、ここらへんはよく考えなければならない。


アピコのrecorded dataの解析は今PhyloBayesでの結果を元にnhPhyloBayesを走らせている。こちらは何かいい結果が出るといいなーレベル。


シミュレーションのセッティングが予定より遅れているので、明日はこちらを集中的にやることにする。

0 件のコメント: