2010年7月5日月曜日

Day Off

今日はISEPの中日だった。


昨日の接待が死ぬほど過酷だったので、うちのラボのメンバーは午前中みんなぐったりしていた。(明日明後日またカラオケ誘われたらどうしよう)

午後はEG,TA,CWSらとホテルの近くの市場へ。

ちょこちょこ見て回ってみんなで回転ずしを食べた。

去年の進化学会でも思ったけど市場が近くにある回転ずし屋はメッチャうまい。
EGが食べ過ぎて苦しがってた。


そのあとはTAが浴衣を買いたいと言っていたので金沢駅のイオンまで買い物に行った。

彼らはモノホンの日本刀が欲しいと言っていた。なんでも欲しがるな・・・

とりあえずやめておけという話をした。

途中でコーヒーブレイクをし、ホテルに一旦帰った後みんなで武家屋敷を見に行き、神社にも行った。

神社にあった絵馬に切実すぎる願いから笑っちゃうようなお願いまであったからおもしろかった。


夕食は久しぶり(?)に日本人オンリー(ラボメンバー+GFさんNOさん)で居酒屋へ。


ISEPでかなり溜まったPhylogenomicsに対する不満点について自分の中でのちょっとした理想論みたいなものも混ぜて話した。・・・まあ酒飲みの場だし?

現時点でかなり個人的な感想を言えば、僕はPhylogenomicsにはどちらかといえば反対だ。それをやるなら、特定のregionの遺伝子セットで解析をして、各々で議論した方がいいと思う。その理由は、超大規模なデータセットを扱うとき現行の最尤法やベイズ法では統計学的な限界があるように感じるからだ。今回でてきたPhylogenomicsの結果に全くと言っていいほど解像度がなかったのも一つにはその原因もあるように思う。

でも、やっぱりこういうことを誰かに話すときにつくづく思うのは、口だけにならないように早く業績(特に数)が欲しいということだ。そんで知名度が欲しい。方法論についてはあいつに聞け、みたいな。
そういった意味では今回のISEPでPhylogenomicsに穴がありすぎることが自分の中で再確認出来たりAJRと話すことが出来て、いろんなアイデアを得られたのは収穫だったと思う。突っ込める問題点が多々あり、それがあまり認知されていないのは自分にとってはある意味では好都合だ。といっても僕自身もまだまだ勉強不足だけど・・・。

とりあえず、Day Offなので大ボスにチェックしてもらった論文をちょっと見直して、今日はちゃんとした時間に寝ようと思う。

0 件のコメント: