2010年7月10日土曜日

ISEP終了~能登半島旅行

今までネットのできる環境に居なかったので、まとめて日記を書く。

7月7日、ISEP終了。

最後のシンポジウムは純粋?なプロティストとは一味違った、生態学や古生物学、方法論も交えた発表だったので、個人的にすごく面白かった。AJRの話がやっぱり一番興味深かった。彼の話はかなり物議をかもし出していた気がする。


個々の発表に関しては自分の英語力の低さ故9割方何言ってるか分かんなかったが、いろんな人に自分の研究を紹介して、下手糞な英語ながら自分の意見を伝える練習ができたので、この学会は十二分に意義のあるものだったと思う。中国から来た人が詳しく聞きたがっていたので、一枚だけ持ってきていたポスターのハンドアウトを渡した。近々またコンタクトがあると思う。

ただ、今学会の一番の感想としては、「カラオケはもう嫌だ」。

名だたるビッグネームが次々とバグっていく様を見るのは面白かったけど・・・

来年のSMBE in KYOTOが思いやられる。


ISEP後は、AJRを加えて親しい人たちと能登半島の別荘を借りて二泊三日の小旅行をした。

別荘も広々していて、すぐ下にプライベートビーチもあってとても快適だった。

一日目は三時ごろについて、軽くみんなで泳いだり、魚釣りをしたりした。YNはダイビングをしていた。
魚釣りの面々は漁港に行ったが、アブみたいな変な小さな虫に刺されまくって早々にリタイアした。


夕食は近くのスーパーで適当なオカズを買ってみんなで食べた。値段の割りに刺身とかがすごくおいしかった。

食事の後は酔っ払いながら卓球をした。AJRとゲームをしたが、むちゃくちゃ上手かった。途中から二人とも軽く本気だった。


夜は遅くまで焼酎やビールを飲んで、いろんな話をした。スーパーバイザー二人を交えて、自分たちの将来について話したりもした。別荘の庭に出て蛍を見ながら飲むビールは最高だった。



二日目に僕は朝5時に起きて釣りをしたけど、あまりいい釣果は得られなかった。唯一食べられそうなアイナメ?をゲットしたけど、魚を調理するのが苦手なので、結局何にも手をつけずに塩焼きにした。ごめんよJack(AJRと命名)。あんまり食べられなかったけど、おいしかったよ。

日中は半島を登って、輪島の朝市に行った。AYさんがソフトクリームを食べているところを後ろから鳶に襲われてみんなびっくりした。市場では日常茶飯事みたいだが、鳶ってそんなことまでやるのかとある意味親近感を覚えた。その後市場で生牡蠣や鮭と一緒に夜のバーベキューの素材を買った。

別荘に帰ってきて海で泳いだ後、疲れきって昼寝をして、六時ごろからバーベキューをした。雨が降ってたけど、別荘の庭に屋根つきのバーベキュー場があったので、外で食べた。

男ばっかりだったので、身の程知らずな量の食材を買い込んでしまった。案の定多すぎてみんな苦しみながら食べた。KTさんが若干あきれてた。でも牡蠣とか焼き鮭とか鰻とかすごくおいしかった。
お掃除係でY崎が必要だった。


さらに男ばっかりだったので、その日の夜は「これはひどい」な会話全開だった。
いろんな話をしていたようにも思うが、下ネタしか覚えてない。
とりあえずひどかった。
AJRがまた一つ新たな日本語を覚えた。

今日は能登からそのまま金沢市まで帰ってきた。行きと帰りに食べたラーメン藤とチャンカレがすごく美味しかった。いいジャンクフードだった。



僕ら学生は夜行バスで帰るので、今は時間つぶしで入った漫画喫茶でこれを書いている。


十分に時間があるので、論文の直しを終わらせたい。
つくばに帰ったらまず系統解析のソフトウェアのインストールなど、Linuxのセットアップを終わらせないとなあ・・・


とにもかくにも、楽しい国際学会でした。

0 件のコメント: