2010年7月22日木曜日

MIRAのインストール

マナに入れた。アセンブリをやるためのソフトらしい。

とりあえずexpatとboostlibの導入が必要らしい。

前者はMacPortsを使ったが、後者はパッケージがなかったのでソースコードからビルドした。

boostのビルドにはbjamが必要。バイナリをとってきてboostのディレクトリに入れればおk。

ただ、ビルドするときに気をつけなければいけないのは、そのままやっちゃうと実行時にdylibを要求してしまい、


dyld: Library not loaded:

というエラーが出てしまう。


なので、ビルドするときに




bjam --toolset=darwin --with-thread 
link=static runtime-link=static



としてスタティックライブラリを作成する。
(threadのみにしているがMIRAのコンパイルにはこれだけあればいい)




MIRAの方は普通にコンパイルすればよい。これで終わり。




午前のお仕事終了。

0 件のコメント: