2010年8月6日金曜日

最も最新の古っちいプログラム

BppMLでNHモデルを使ってアミノ酸の解析をする場合、最新バージョンでは問題が生じる。
具体的には+Fが効かないということが挙げられる。


empiricalモデルを使い時に「モデルの名前を決めてください(?)」と言われる。

モデルの名前を指定。

頻度パラメータにモデルの名前がラベルとして付けられる。
↓(この時点で+Fのパラメータが当てはめられてない点でアウト)
計算結果を出力する時に、それぞれのパラメータを参照

出力「そんなパラメータはありません」

( ゚д゚ )

色々入力するコマンドを試行錯誤してみたが、どうもコードの問題である可能性が大きい。アミノ酸でempiricalモデルを使う場合の問題点なのだろうか?

これにクソ真面目に取り組むのもなんだかバカらしいので、それまで使っていたv0.3.0(最新版は0.5.0)を使うことにした。

シミュレーションに必要な機能がなくなるわけでもないし、Β版やα版を使うわけでもないから問題は無いだろう。第一「これじゃないと動かん」のだから。

0 件のコメント: