2010年8月5日木曜日

放置

2か月強放っておいたrevisionを今日投稿した。
期日まで2週間くらいなので、まあギリギリの部類に入る。
僕はこれまでcommentが返ってきたら直ぐに対応する派だったので、今回は特に遅い。

あと抱えている論文は「現代生物学」のrevisionと「分子生物学と進化」の投稿前原稿だ。

前者はAJP先生がrefereeの一人から要求されている実験について「... completely unnecessary.」という攻撃的なメールを書いてくれたので、それについての返事待ち。メールの入りはだいぶ丁寧なのだが、後半は激しい。。。yinagai先生曰く

「おそらく書いているうちに興奮しちゃったんだろうね」


後者は解析は終わっていて、書くだけだが、「現代生物学」が片付くまでは温めておこう。
これは来年の申請までに通ってくれればいい。結構いいデータが取れていると思うので、急ぎたいのは山々だが、ここは慌てず着実に一本一本通して行こう。この姿勢が必ずテッペンに通じているはずだ(テッペンがどこにあるのかは未だ分からないが。。。)。


0 件のコメント: