2010年9月7日火曜日

是非もなし

現在行っている解析はWebサーバ上で出来るので、家帰ってから解析をかけようとしたら、メモとか肝心な資料を忘れたのでデータセットが作れなかったorz 

明日まとめてかけることにしよう。

結構データが集まってきて、堅い結果も幾つかゲット出来たので、あともうちょい実験してみてから一度データをまとめようと思う。

JAMSTECから送られてきたデータは現在双子の右をフルに使ってフルに解析中。明後日くらいには終わるだろう。それにしても、ブートキャンプでLinuxを入れてからはシステムがかなり安定した。OSの相性が良かったかな?


それはそうと、弁当屋で注文を待っている間新聞を連日見ていると、代表選の話題しかのぼらない。なんか候補者両氏の支持率もコロコロ変わっているし、バラエティのノリに近い。


ま、どっちがトップになっても変わらんのでしょうけども。

カァンは演説で偉そうなこと言ってる暇あんなら景気対策しろよ、お前現職の総理大臣だろ。まあ雇用雇用と言う割には乗数効果も知らん人が出来ることも限られているんだろうけども。
一説にはカァンが円高に対して何もしないのは消費税を上げるためだとか。
円高で不景気→「税収ないから消費税上げるしかないよね?しょうがないよね?」という目論見。
んで上げたら何事もなく円安に変更。
このくらいのことは余裕でやれる程の国の財力はあるらしいんですよね。
というか赤字国債ヤバいとか言ってるけど、官僚談ではその赤字国債分返済できるくらいの貯金も蓄えているのだとか。まあ「あるない」と「使える使えない」ひいては「使う使わない」は別問題ですが。

オザーさんも剛腕なのは政局だけ。この期に及んで「海兵隊は要らん」とか「無駄を省いて財源捻出!」とか言ってるのがいい証拠。海兵隊については単に大陸方向に向かってジャンピング土下座したいだけだろうし、来年度の概算要求の額の実際を見てもこんなことが言えるというのが信じられない。


強いて言うなら「カレー味のうn<自主規制><自主規制>味の<自主規制>」どっちか選んで食え、というとこですね。


が、一番問題なのは「この選挙が日本国民のみの手で行われるものではない」ということ。

投票権をもつ民主党員に、何故か参政権を持たない外国人でもなれるという、滅茶苦茶な状態があるわけです。それでその違法な状態でこの国のトップが選ばれるという。ありえん。

しかもこの問題に対する官房長官のコメントが
「あ、マジで?今日初めて知ったわwwサーセンwwww」
なのだからたまったもんじゃない。
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100906/stt1009061201011-n1.htm

せめてこの代表選が衆院解散総選挙に結びついてくれるといいのだが。

リーマンショックの時と違って、お花畑の無能か金と自己保身に必死な無能が権力の座にしがみつくだけなら、一回政局をばらした方がいいと思うんですがね。

0 件のコメント: