2010年11月18日木曜日

ほう、わからん

マクスウェルの悪魔に引き続き今度は反物質ですか。


http://www.nature.com/nature/journal/vaop/ncurrent/full/nature09610.html


反物質は物質と正反対の性質を持つものです。反陽子とかだったら電荷が逆なわけですね。


反物質は自然界にほとんど存在しておらず(誕生した直後の初期宇宙において、物質と反物質の寿命の差があり、無限に近い回数の対生成対消滅を経て物質しか残らなくなったからと言われてる)、人工的に造るしかないんですが、もしこの反物質をすぐ消滅させることなく扱うことができるなら、例えば深宇宙探査機なんかのための非常に効率の良いエネルギー生成機関を作りだすことも可能らしいのです。



ただ、こんなことしてるといつか物質と反物質の衝突によって凄まじいエネルギーが発生し、地球がパーンてなる事故なんかが起こりそうで怖いんですが・・・人工ブラックホールに対する恐れみたいに。


しかしまあ、かがくのちからってすげー、ですね。

0 件のコメント: