2010年12月10日金曜日

4月にイギリス

この前出したTraining CourseのApplicationが無事受理され、4月にHinxtonに行けることになった。


Bursaryが取れなかったのはちょっと残念。
旅費は全額支給されるが、食費、宿泊費込みの参加料が大学側からどれだけカバーして貰えるかが心配。

とりあえず来月21日までに1490ポンド(約20万)振り込めとの要請が・・・おおう


当面は大ボスに負担して貰えることになったので、校費でカバーできなかった分は大ボスにお返しすることになる。大ボス親切だ・・・


来年度はもう一つ同じようなものに応募する予定だが、こちらには大学院の共通科目として海外に行く学生に資金援助をするプロジェクトがあるので、これを利用してなるべく負担を減らしたい。


なにはともあれ、行けることになって良かった。
実はこれが自分にとって初めての海外渡航になるので、ちゃんと準備して行かなきゃ。



RAxMLの作者とかも来るみたいなので、疑問に思っていることをいろいろと聞きたい。
出来ればついでに共同研究のネタとかゲットして帰ってきたいなあ。

0 件のコメント: