2010年12月13日月曜日

メモ::Windows + Debianのファイル共有

DebianとWindowsのデュアルブートに関してはインストールの段階で特に問題はない。

そして、デュアルブートしているWindowsのあるドライブ(Cだと問題があったときに危険なのでそれ用のドライブDとかを用意しておく)をマウントするためには、


まずntfs-3gを導入する。

$ apt-get install ntfs-3g

そして、/etc/fstabの内容を編集する。

# /etc/fstab: static file system information.
#
#                
proc       /proc      proc    defaults        0     0
/dev/sda5  /          ext3    errors=remount-ro 0   1
/dev/sda6  none       swap    sw              0     0
/dev/sda3  /D_drive  ntfs-3g users,auto,exec,rw,
umask=000,co$

mount pointはお好みの所で。
 
typeの所にntfsではなくntfs-3gと記述すれば起動時に
自動的にマウントする。
mountのオプションではusersでroot以外のユーザでもマウント
可能に、またrwで書き込み可能な状態でマウント。
 
あとはman mountで確認してくれぃ。 

0 件のコメント: