2011年2月16日水曜日

楽しい見積もり

PC(大ボス用)を新しくすることになったので、自分が現在見積もり中。


今回はパフォーマンスはそこまで要求されていないので、ドス○ラでそこそこの奴をそこそこにカスタマイズして見積もりをする。

これはBTOだが、DOS/Vショップで一つ一つのパーツについて色々調べて自分なりのベストのPCの構成を考えるのは凄く楽しい。あとは自分の手で物理的に組むことが出来ればもっと楽しいし、後のメンテも楽なのだろうが、まだ手は出せてない。

時間と金の余裕のあるときに、やっすいPCでも組んで練習したい。



もうひとつ、来年度に大規模計算用の計算機を買おうかという話になったので、こちらもざっと見積もりを考えてみたのだが、やっぱすんごい高い。

GPGPUとかどのくらい効率のいいものか興味はあるが、系統解析においてはプログラムのソースコードをGPGPU用に根本から書き直さなければ使えない(CPUによる計算だけになるので意味がない)。だけど、やってることは行列計算なので、実現すれば多分かなりの効率化が見込めるんじゃないかと思う。


予算の関係上、PCクラスタになるかワークステーションにCPUを複数積むかのどちらかになるか(というかそもそも買うのかどうか)はまだ分からないが、PCクラスタにした時に計算ノード間でのプロセス同期のための通信にCPUがどれだけ食われるか。。。やってみたこと無いから分からんが、通信方法を一番効率の良いものにすれば解決できる範囲ではないかね。


どっちにせよ、計算に使えるコアが大きく増加することはいいことだ。こういうのは、「何か計画があってそのために用意する」類のものではなく、「あればあるだけ使ってその分効率が良くなるのだから余裕があるなら積極的に装備を増やしていく」ものだ。(もっと言えば計算機なんて消耗品だ)
当然他との折り合いをつけるべきだし、そもそも予算を獲ってない身分で偉そうに言うべきものではないのだけれど・・・
学振必須。

0 件のコメント: