2011年3月31日木曜日

都合の悪い証拠は残しません(キリッ!

原発問題に関する統合本部では議事録は作成していないという報道


訳が分からない。
確かに、「議事録の開示」については、会議の中では放射性物質の基準値などについてかなりぶっちゃけた話をしているでしょうから、混乱を避けるという観点から必ずしも即時に行うべきではないとは思います。しかし、今回の原発事故が未曾有の災害+人災であることからも、今後同じような状況が発生する場合に備え、どのような対応をしたのかは正確に記録されなければいけないはずです。それでなくても、福井県の高速増殖炉「もんじゅ」では、福島原発の事故など比べ物にならないくらいの事故に発展する危険性が、打つ手がないという理由で放置されているという現状もあります。

もし、議事録が本当に存在しないならば、これは責任逃れのための愚策としかいいようがありません。

先日の防衛大臣の発言といい、(というかずっと)、このサヨク政権には「責任」という言葉がないんですね。

きっと、脳内で"rm -f 責任"というコマンドが随時実行されているのでしょう。

緊急時には、たとえ無能であっても、上に立つ人間が責任は最終的に自分が全てとるという姿勢を見せなければ、現場で体を張って作業している人間の士気に大いに影響し、作業結果に大きく影響します。もし、とんでもない事態が起こってしまっても、現場の人たちを責めることはできません。その時のために最高責任者は存在するのに・・・



今は無理ですが、この震災が復興の段階に進んだとき、民主党政権はすぐにでも失脚させねばならないと思います。

被害の少ない地域では統一地方選が行われていますが、当事者の方々には、ぜひ感情論ではなく冷静な判断をしてほしいと思います。

2011年3月30日水曜日

桜あたりの新しいラーメン屋

桜に新しいラーメン屋が2つほどできた。うなぎ屋の隣の「銀の豚」と、忍屋の奥の「小五郎」である。

昨日はkamiさまと「銀の豚」に行ったのだが、イマイチであった。つけ麺を食ったが、まずつけ汁がぬるいのはいただけない。自分はつけ麺でもあつもりが好きなのだが、すっかりあつもりで注文するのを忘れていて、麺はキンキンに冷えていた。その上つけ汁がぬるくては話にならん。麺をつけるたびにつけ汁が冷えてゆき、後半は最悪なことに。

一緒に行ったkamiさまは普通のラーメンを食ったが、汁がただ単に塩っ辛いだけだったとか。

今日はAY君がいて、(また)kamiさま、有機酸くんと4人でラーメン。最初は4人の暗黙の了解で百香亭へ向うも閉まっていた。AY君はあそこの麻婆豆腐定食が好きなので。次にトライしたのはかつ大だが、これも「勝手ながら」閉店。最終的に、AYくんの提案で「小五郎」へ。

醤油ラーメンを4人とも食べたが、基本的な味でおいしかった。「小五郎」はまたいってもいいかな。

あ、AYくんの製本したD論を頂いたが、クソ分厚くて迫力満点。もちろんD論は何ページあるかが問題ではないが、5年間でやった成果をまとめた結果があの厚みになったのである。おめでとう、そしてこれからもよろしく、AY博士!

大分整ってきた

約一ヶ月溜めた疲労で首が限界に近づいて来たので、今日は久しぶりに治療院に行った。

途中で散髪もし、Daysの活龍で昼食をとり、非常に天気が良かったので国際会議場の隣の公園のベンチで30分ほど日光浴+昼寝をした。すごい気持ちよかった。


治療院に行くまでにも、道路などは殆ど大きな亀裂などはなく、殆どの店(GS含め)も開店していることから、筑波はもうほぼ平常時にまで回復したのではないかと思う。

治療院も無事だった。太陽光発電をしているので、電気には困らなかったが、水が出なくなり、井戸水も飲料用には使えなかったので苦労したらしい。

ここの先生は鳥栖のあたりで副業として建材関係の仕事もしているらしい。
よく治療後に経済とか政治とか治療に来る筑波大の関係者の漏らす愚痴とかを話す。今日は1時間くらい原発の設計などについての話を伺った。

原発の問題や被災地の復興などはこれからも年単位で続いていくだろうと思うが、段々、自分の日常が帰ってきたように思う。

実験室も掃除が終わり、あとは試薬の補填を待っている段階。うちのラボは幸いにして物理的な被害は殆どなかった。

自分の研究は電気以外は必要なくすぐに再開できたので、筑波に帰ったあたりから自宅PCも含め断続的に解析を行っていた。

今日大体まとまった結果が出たが、予想通り、期待通りの結果だった。

大ボスに報告に行ったら、ボスは花粉でフルボッコにされており、正に (´;ω;`)ブワッ という表現の似合う悲惨な状態になっていた。

が、結果には満足だったみたいで、学振の原稿が終わったら論文を書こうという話になった。このテーマは4年生の初めから取り組んでいたものであるので、纏めるのが今から楽しみである。今回の解析では、如何に手作業での地道なアライメントが現状の系統解析では重要なことであるかを再確認した。実質やったのは自分じゃないけど(爆)。

ともあれ、まずは学振の書類を自力で書き上げなければならない。しばらくは解析はお休みだ。電気も無駄に使えないし。


そういえば、実験室表のポスターを貼ってある場所に、ポスターを吊り下げるためのカーテンレールみたいなのとフックが何時の間にかついているんだが、自分の買ったやつだろうか?

それにしちゃ4カベ分くらいあって数が多すぎるのだが。。。

2011年3月29日火曜日

月刊柳仙 4月号

昨日は我らが柳仙が震災を無事にしのいだこと(あの掘っ立て小屋が震度6弱に耐えたのは驚異的だと思う)を祝して柳仙会が行われた。

今回はD308からの出席者6人のみという比較的少人数だったのだが、途中からK. N先生が入店していたので、同じテーブルを囲むことになった。

聞けば、K. N先生週一くらいの頻度で柳仙に通う常連らしい。いままでバッティングしなかったことについては、「月曜から飲む人なんてそんなにいないでしょう」とのことだった。言われてみれば、いつもよりお店が空いていた気もする。

そしてK. N先生も相当に酒飲みらしく、よく「やらかしてしまう」ことがあるらしい。

一番面白かったのが、つくばで飲んでいて二次会の途中から記憶が無くなり、気が付いたら守谷の東○インの一室で目覚めたという話だ。タクシーやTXに乗った記憶すらないのだが、ちゃんと上着はピシッとハンガーに掛けてあったし、歯も磨いていたらしい。
ちなみに我々の考えでは、多分N先生はアブダクトされたのだということになっている(笑)。置いてくる場所が守谷だったのは、宇宙人からすれば誤差みたいなものなんだろう。

昨夜はそこまでのことはなかったが、話の繋がりがなさ過ぎて可笑しかったことが何回もあった。
 
なんにせよ、柳仙で飲む仲間が増えたのは喜ばしいことだと思います。


おまけ:次回の柳仙会は4月19日、感染研の人たちを交えて行う予定です。

2011年3月25日金曜日

つくば市の水道水について

24日時点での検査の結果は「暫定基準値を大きく下回る」とHPに記載されていましたが、災害対策本部に電話で確認したところ

ヨウ素: 8.3 Bq/L
セシウム: 不検出

とのことです。
今後、水道水の検査は断続的に行うみたいですが、具体的なスパンについてはまだ決まってはいないみたいです。

株情報

ネット回線がダメになってるのか、何なのかわかりませんが、ネットが昨日からめちゃくちゃ遅いです。
1ページ開くのに、5分ぐらい読み込みにかかります。
なので、メールでなくてここに書いておきます。青つどだけ、なぜかつながりやすい。

レピドの株に関しては、増え方は遅いですが無事に生きてました。
Y崎のカレは、全滅しているフラスコも幾つかありました。停電の影響か、植え継ぎ期間が長すぎたのが原因かわかりませんが、つくばっくし次第植え継ぎした方がいいと思います。

2011年3月24日木曜日

水について

WHOの定めた「通常時の基準値」について、その値がどういうことを示すのか。

 このサイトで、具体的に説明されています。
が、例によって信じる信じないは個人の責任で

以下、サイトなどを参考に個人的まとめ。

WHOの資料でも書いてありますが、この「通常時の基準値」というのは今の様に原発から放射性物質が漏れているような緊急時には、指標として用いられるには適切なものではないです。

そういった時には、基準値を大きく上回る値が検出されるのは当たり前だからです。


では、国の原子力委員会が今回定めた、WHOの基準値を大きく上回る暫定の基準値がどういうものかというと、サイトにもありますがこういう説明があります。

しかし、WHOの基準値を例えばヨウ素ならば30倍も大きく見積もっている以上、この値ギリギリだった場合でも、通常時よりもそれだけ大きな被曝(年間3mシーベルトくらい)を、受けてしまうことになります。その分だけ発がんリスクなども高まるでしょう。(被曝の影響はWHOの基準値の設定観点から年単位と見るのがいいし、体内被曝であることから体外被曝の基準よりももっとリスキーに考えた方がいいでしょう。)

なので、当然のことながら、この原子力安全委員会の出した基準値は、決して「安全値」ではないということですね。そもそもの通常時の基準をブッちぎっている以上、その上で公的な機関の出した基準値に安心を求めるというのも、当たり前ながら不適切ですね。

確かに直ちには影響はないでしょうし、リスクがあっても確率的なこともあるので、どの程度までが日常生活に耐えうる量なのかははっきりしませんが、 もうそこの所は完全に自己責任で判断するしかない。疑わしきものからは逃げるのが、今の時点の最善策なのは間違いない。

水や食物の汚染と、大気の汚染、それらを逐一チェックし、自分で「自分がまだここにいられる基準値」というのを持っていなければいけないですね。

ただ、福島原発の3号機は現在どのような状況なのか。
3号機のみはMOX燃料を使ったプルサーマル発電なので、あれがヤバくなったら今程度の騒ぎじゃ済まないと思います。一番注視するべきものなのですが、安易に近づけないという現場の状況から、炉の状態について詳細な情報が分かりません。

原発の状態は、決して終息段階ではなく、まだ綱渡りでフラフラしている状況です。

現場での復旧作業が無事、順調に行われることを本当に願います。
追記

水道水のはこっちで出てました。

筑波の水道水の水源は霞ヶ浦ですので、竜ヶ崎市とかが参考になるかな。

追記2

つくばみらい市などでの水道水の検査結果は市のHPに載っているのですが、つくば市(というか霞ヶ浦水域)の検査結果はまだ出てないみたいです。

明日一杯には出てほしい。
ustreamとかであったNHKのニュースは今は見られないみたいですね。

ラジオのニュースなら、午前、正午、夜のニュースがそれぞれここで聞くことができます。

まあ、ほとんどの人はテレビを持っているから意味ないですけどね。。。

東京での水道水の汚染を受け、茨城県では県知事の指示で本日全ての市町村で水道水の調査が行われています。

つくば市のHPでも後ほど結果が確認できると思います。
ちなみに、現在のつくば市の大気中の放射線は産総研災害対策中央本部のページでも確認できます。(更新は10時から17時まで、一時間ごと)

今回の水道水での放射性物質の増加は、福島原発でベントが行われ、大気中に放射性物質を含んだ水蒸気が放出された段階で、当然予測される事態です。問題は、これが続くのかどうか。

原発の事故の修復自体、(あくまで個人の認識ですが)
電源復旧作業が始められるような状況にするための放水活動

電源復旧後、津波や海水放出などでイカレた機器の修復(これがないとずっと手動での放水活動を続けないといけない)

冷却機能の回復から実際に反応炉が冷温停止するまで
という作業が、1〜4号機全てで成功する必要があります。

これらの作業は一週間かそこらで出来るようなものではないでしょうし、場合によっては(反応炉の圧力が上昇するなど)中途複数回のベントを行う必要もあることから、もし現在も放射性物質が漏れている、あるいはベントによって大気中に放出されるならば、水道水の汚染は今後も続くでしょう。

ちなみに、日本の水道水の放射性物質濃度の基準値がどう決められているかは、WHO水道水水質ガイドラインに計算式も含めて書かれています。

これを見てどうこうと書くのは、いらぬ誤解を与える可能性が大きいので、個人の判断で水道水の扱いを決めなければいけません。

ただし、現在国側が基準値として提示しているのは、この資料に書かれている本来の基準値を大きく上昇させた(ヨウ素131ならば30倍、セシウム137ならば20倍)ものであるので、この点は注意が必要です。

いずれにしろ、自分で危ないと思ったなら、買い占めなんてことはやらずに、さっさと西の方へ逃げたほうがいいですね。

2011年3月23日水曜日

Macs are alive!

さきほどnerdy、hanky、pankyに電源を入れた。全員起動した・・・ よかった・・・

ただ節電のため、解析時のみ電源を入れることにする。

ブラザープリンターも地震で台から落下し、地震直後には電源が入らなかった。さきほどプリンターにも電源を再投入したが、なんと復活!テストページのプリントアウトもできた。

通常地震を含む天災で破損しても、補償はきかない。しかし、ブラザーさんは「今回の地震で故障したプリンターは無償で修理します」との太っ腹ぶり。今回必要はなさそうだが、素晴らしいと思う。

またプリンターを購入する機会があれば、ブラザーさんを選ぶ。絶対。

リンクいろいろ

つくばは当座の計画停電には組み込まれていないが、将来的には組み込まれる可能性が高い。実験、生活に役に立つ情報を発信しているサイトをリストアップしておく。

東京電力 電力使用状況グラフ

東京電力 計画停電情報

あと、原発からの放射性物質が気になるなら(なるよね)

つくば(@KEK)の放射線線量 携帯用サイトだけど

余震が多発していますが、ここ↓ではこれからの日本の地震について分かりやすく解説されている。

以上のリンクはすべて計算科学研究センターのtwitter(CCS_PR)で知った。担当者のヒト、マジ力入れてます。


カナダの数人の友人から「避難してこいよ。実験スペースもあるし」との誘いを受けた。ただ,
いまカナダに数か月避難したら(行く気はさらさらないが)、職を失うわ。公私両面からみても無責任だし。でも心遣い、ありがたい。持つべきものは友。

2011年3月22日火曜日

帰筑

先ほど福岡から筑波に帰ってきた。

秋葉原からTXに乗ろうとしたら、計画停電の影響で客が足止めを食らっており、1kmくらい行列ができていた。

これじゃ筑波に帰ることができず、ネカフェにでも泊まろうかと思ったが、幸い東京駅からのバスは出ていたのでそれで帰ってきた。

この一週間はニュースが気になって、本来やろうとしていたことが全然できなかったので、明日から実験室の整理含めて急ピッチでやっていこうと思う。

2011年3月21日月曜日

ガソリン満タン

つくば周辺のガソリン不足はようやく解消されつつあると感じる。まだ閉まっているスタンドも多いが、あいているところもそれほど長蛇の列ではない。今日グランステージ近くのEssoで、震災後初めて給油したが10分も待たなかった。1Lが151円には引いたけど。

今後必要があるときは車を使うつもりだが、ガソリンの無駄使いはしないようにする。

その後桜のまるもへ。ここも久しぶり。節電で店内は少しくらめ、客数も少ないが、商品は十分にある。納豆(3個いり1パック)は売り切れてたけど、牛乳とかパンも沢山売っていた。

うちはパン焼機で朝食用のパンを作っているのだが、強力粉が売り切れ。みんな自宅でパンを焼き始めたか?

酒屋にも行ったが、震災でビンのワインや日本酒が割れ、200万くらいの被害だったとか。どこでも大変だ。

北関東の野菜・牛乳から放射性物質が出たのだが、ハウスものの野菜類などは大丈夫のはず。変に敬遠しないで買っていかないと、地元の農業がダメになる。もちろん本当に危険なものは買う必要はないし、買うべきではない。しかし、同じ地域に住む我々が地元の産業(農業を含む)をサポートせずに誰がサポートするのか。

2011年3月19日土曜日

みんな待ってるぜ!

国際会議場も、二宮の同峰公園の体育館も、福島から避難場所となる。センターの西武は1階の食料品フロアだけ開いてた。Q'tのミスドもやってる。

つくばのぼくの自宅周辺は静か。かなりの家庭が里帰りしているのだろう。

科研費の繰越が可能らしいので、火曜日までにその書類を書かねば。あと、つくばにいる我々にできることは、自分たちの仕事を粛々とやること、節電すること、買占めなど他人(特に被災者)の迷惑になることをしないこと、くらいか。

あと、もう一回「流言飛語には惑わされるな」と言っておこう。特に組織の上の方がアタフタすると、エライ恥をかくことになるゾ。

ここでは書けないが、地震後の大学・研究所関係者での「なんだかなぁ…」という話が多い。みんな帰ってきたら、そんな話を肴に柳仙で焼鳥・煮込み・チャーハン・ドライカレーを喰って、酒飲もうぜ!

2011年3月18日金曜日

かなり復旧

所属のセンターはかなり復旧した。ようやく水が出るようになり、ライフライン的には元に戻った?感じ。エアコンも使えるようになった。

ニュースで知っていると思うが、ここのところまた寒くなり、空調なしでオフィスにいると足が寒い。ここのところ、gamiさんに去年頂いた膝かけの有難みが身にしみる。

大学周辺の食べ物屋さんはかなり開店している。かつ大も開店していた。昨晩は天久保に用があり、そこから自宅まで歩いて帰宅したのだが、気になっていた「龍郎」が開店していたので夕ご飯を食べた。

活龍の姉妹店ということもあり以前から興味があったのだが、結論からいえばあまり口には合わなかった。なんか大盛りの野菜も「ただ火を入れただけ」みたいで、味わいが無くって。あと極太麺は、つけ麺以外には口に合わないことが分かった。

あそこには土浦ラーメンもあったけど、あれも個人的にはダメだったなぁ。



大学は連休明けの22日から通常業務が始まる。ただ卒業式は無くなった。fksmch嬢が栄えある卒業生総代に選ばれたのに。

2011年3月17日木曜日

レート

現在保険会社の払い戻しのための円確保などによって、一時急激な円高が起こっています。
11時に各銀行におけるT/C, 現金両替相場も発表されましたが、こちらも昨日よりかなり円高が進みました。

が、今後はこの反動と円の暴落で急激な円安に進むと思われます。

自分のTraining Course(行けるかどうか不安になってきましたが)の参加費、航空券などは既に支払いが完了しているので影響はありませんが、現地での資金として数万円分は持っていくつもりなので、今のうちにポンドを確保しておきます。

2011年3月15日火曜日

ラボメンバーの皆さんへ

ラボメンバーの皆さん

東北地方太平洋地震では、幸いにも我々の人的被害はありませんでした。あの規模の地震で、建物、物品の被害も出ていることは仕方のないことです。お金では買えない貴重な冷蔵サンプルを失ったことも極めて残念です。でも、ここは気を取り直して、これ以降最善を尽くすしかありません。

地震直後からいろいろと動いてくれたMちゃん、石川君、kamiさま、ありがとう。

さて先ほどのkamiさまのポストもありましたが、3月末の学会はキャンセルとなりました。残念ですが、また富山には行く機会があります。それにはいいデータを持っていけるよう、今後復旧・実験・解析にベストを尽くしましょう。

さて、大学からの情報などはホームページ(http://www.tsukuba.ac.jp/topics/index.html)に出ていますが、CCSの広報のツイッター(http://twitter.com/CCS_PR)も便利です。大学、計算科学センターの情報だけでなく、他の情報もかなりの頻度で情報のアップデートしています。これをフォローすると便利だと思います。

あと福島原発からの放射能漏れの件ですが、我々は科学者の端くれ、あるいは科学者の卵として、一般の人の不安を煽るような言動・行動はすべきではありません。我々こそが落ち着いて行動すべきです。

この件についても、チェーンメールや、ソースのわからない、あるいはソースがわかってもその情報の精度が判らない情報を得ることがあると思います。これをそのまま(良かれと思ってやったとしても)ネットワークに拡散させることは慎むべきです。

今後Eメールベースでのコミュニケーションが中心になると思いますが、実際に会話で打ち合わせなどが出来ると便利です。可能ならskypeができるよう、自分たちのPCをセットアップし、必要な機材を用意しておきませんか。

双子生存!そして今後。

Mana&Kanaが生きていることを確認しました。
電源が入るだけでなく、ハードディスクにも何ら問題ないと思われます。
取り出したデータも無事でした。

、、、とここまで確認した段階で、大学から退避命令が出たので帰宅しました。
他に被害と言えばドラフトチャンバーが転落していたくらいです。うちのラボの再開はスムーズに可能だと思われます。もちろんフリーザー、ディープフリーザーの中身はほぼダメでしょうが、、、

ただし、ボスとも話しましたが、学会参加は不可能でしょう。
各自学会事務局に連絡を入れて下さい。連絡を入れた人はボスとK川にメール連絡をお願いします。どうしても出たいと言う人は止めませんが、ボスにその旨伝えて許可を取ってください。

2011年3月14日月曜日

生存報告

生きてます。
つくばで自宅待機中です。
電話は通話も留守番電話再生もまともにできない状態で、返答が出来ていませんでした。ご心配おかけいたしました。

RNAの様子が気になるので、問題なければ火曜日に研究室までいこうと思います。
以上取り急ぎ。
石川福岡に避難します。

今から出れば、最悪横浜の友人宅にはいけると思います。

事態が収束すれば今週末をめどに帰ってきます。

実験室のことはよろしくおねがいします。

今後のラボの予定に関して

大学も機能停止し、復旧作業に追われることは容易に予想ができると思います。
このような状況を鑑み、学会は不参加にする方がよいと思います。
これに関しては、火曜日に大ボス・ボスと相談の上、また連絡します。

2011年3月13日日曜日

水道に関して

みんな無事でした。つくば近辺では電気、ガスは開通しているようですが水道が止まっているようです。
僕のうちは井戸水なので水道は普通に使えています。水が必要であればすぐに連絡ください。

メールや電話がまだつながりにくいので、みんなの状況をまとめておきます。

YI:筑波に待機中。
RK:現在帰省中。火曜日に僕とラボに向かう予定にしてます。
TM:筑波に待機中。
HK:昨日は平砂に避難していました。それ以降連絡とれません。
SI:帰省?待機?
YN:帰省中。
YY:帰省中。

帰省連絡

当たり前ですが、お楽しみだった卒業旅行は中止になってしまったので、今日復旧したTXの始発を使って帰省しました。(ちなみに今日予定されていたサークルの追いコンもパァです。はぁ・・・)

こちらでウォーターフォール高校の同窓会もあるので、当初の予定通り今週一杯はつくばを離れていることにします。サキエルも持って帰ったので、のんびりしながら学会の準備をしようと思います。

既に帰省する旨を連絡した人もいますが、念のためこっちにも書いておきます。
先ほどメールがありました。

筑波大学の施設について、現在も余震が続いているため、大学側から連絡があるまで、学内には立ち入り禁止になっているようです。

また、研究室についてですが、橋本先生によれば、物が散乱してはいるが、水漏れなどの目立った被害はなかったとのことです。現在はどうかわかりませんが、どのみち電気が復旧するのはまだ先のことでしょう。


福島原発では、現在も海水の注入による冷却が続いているようです。
余震が続くため、予定よりもかなり時間がかかっていますが、炉心内の気圧などは若干ながら下がり始めてきているとのことです。(2時ごろの保安院の会見より)


まだ予断は許されない状況ですが、悪いほうに行かないことを祈ります。

原発の状況次第では、自分は明日早めにつくばを出て一度実家に帰省します。山陽新幹線は今のところ通常運行しているようですので。


追記


先ほどの保安院の会見で、冷却用海水の注入が完了した模様。
まだ完全に冷却できたわけではないが、このまま連続的に海水を供給すれば、事態は収束すると思われる。

とりあえずは一安心ですか。
第一原発の1号機はもう使えなくなると思われます。



・・・この作業において尽力くださった方々に感謝の念を、そして、第二原発における事故で殉職された作業員の方に深い追悼の念を表します。


あとは、岩手、宮城、福島での救助活動ができうる限り迅速に行われること、多くの被災者が救われることを願います。


とりあえず、自分は筑波に残ります。大学に入れるようになったら、実験室の点検と整理を行います。

2011年3月12日土曜日

福島原発の現在はこちらから確認できます。
テレビの報道では、混乱もあって誇張気味に言われているように思います。
自衛隊も出動していますが、予断のならない状況であることは確かです。

テレビない人、映らない人はここで中継が見られます。


逐一情報をチェックするようにしましょう。
地震災害時の対応はこちらを参照ください。


宮城、福島では津波の被害で死者・行方不明者が400人を超えたそうです。
当該地域における一刻も早い救援措置が行われることを切に願います。

また、現在福島第一原発の冷却用電源が作動せず、危険な状況となっています。



とりあえず、今夜は起きたままで様子を見守りたいと思います。
就寝される方は必ずガスの元栓を締めて下さい。

茨城でも余震が耐えません。 この余震は1ヶ月は続くとのことです。

現在でも「地震酔い」にあっている方がいるかもしれません。
その場合、「目をつむって10秒間深呼吸するのを繰り返す。また辛くても水分補給する」ことをして下さい。症状が和らぎます。


明日一杯は、スーパーコンビニなどで混乱が生じる可能性があると思われますので、備蓄をしていない方は十分気をつけて下さい。

大学の方は、7時頃に様子を見に行きましたが、完全に停電していました。

中から水の音が聞こえたので、どこかで下水管が破裂した可能性もあります。

なお、休日中には棟内には入れないとのことです。


今回の地震は一度目が三陸沖で、二度目が茨城県沖でした。
三度目が無いとは限りません。24時間以内は気を緩めず行動しなければなりません。

2011年3月11日金曜日

おめでとう

AYくんに娘が誕生したそうです。おめでとう!Kちゃん、ご苦労様でした。

2011年3月10日木曜日

こんなにも違う

コンピュータの発展は秒進分歩ともいいますが、2年ぐらい経つと絶大な差が生まれてしまうのは確定的に明らか。

双子のプロセッサはXeonの5400番台だが、Peggyのi7 960と比べるとその性能には歴然の差がある。

ほぼ同じ最適化オプションでコンパイルしたMrbayes MPI版を4コアで走らせた。配列長は同じ、Taxon数はPeggyで走らせた方が3つ多いにも関わらず、解析速度はPeggyのが約三倍も速い。

やっぱPCは消耗品なんだなと、改めて思うような違いである。

系統解析のような確率計算を反復して行うような解析では、浮動小数点演算性能の高低は重要なファクターで、1年も空けば月とすっぽんになってしまう。そういえば、AMDとIntelで、同スペックのプロセッサだと、どっちが系統解析に向いてるのだろう。一部には数値計算にはAMDのが強いと聞いたが、IntelにはICCの組み合わせがあるから、多分Intelのがいいんじゃないかと思う。


今回はMPI版のMrBayesを使ったが、PhyloBayesを使って同様のデータを解析しても、そこまでの違いは見られない。やっぱり並列解析したときに性能差(クロックの差)が顕著になるのだろうか。


Peggyもあと1年くらい経ったらそこらのミドルクラスに余裕で負けてしまうようになるのだろう。

Sandyはいいけど、次にIvyが出たら新しいの買いたいなあ。たぶん10コア以上使えるのが出てくるだろう。今もあったかしら・・・

そんなに違うのか?

HKY85とT92ってそんなに違うのかなぁ・・・

塩基組成を各塩基ごとにカウントするかGC含量でカウントするかと、ts/tv ratioの計算の仕方が少し違うというぐらいの認識だったんだけど・・・

NH modelにするとパフォーマンスがかなり異なる。


まあ自分にとって悪い結果じゃないんですが

2011年3月5日土曜日

ゾンビ蟻を操るFungi

PLoS ONEに3/2付けでPublishされた論文。

これ

ブラジルの熱帯雨林で、蟻の脳に寄生して行動を支配し、自身の生育に有利な場所まで自分を運ばせるという菌(4種)が発見されたとのこと。蟻は目的地に着くと殺されてしまうので、まさに使い捨てのゾンビ。

論文見ると写真がなんかグロい。バイオハザードですねぇ。

どうやって蟻の行動を抑制するかというのは、まだ良く見てないので詳しくは分かりませんが、感覚異常を起こさせ、「凄い体が乾いているから湿気のある場所へ・・・!」と思わせたりして行動をコントロールするんでしょうか?


なんにせよ、熱帯雨林は怖い生き物が一杯だ。自分は研究目的であっても行きたくはないですね。

Workshop No.2

Woods Holeで夏にやるMBLのWorkshop on Molecular Evolutionの日程が決まったようです。

こちらを参考。応募締切は4/15です。

参加費は1800ドル。やっぱ高いですね・・・


で、肝心の日程は7/24~8/3,SMBEが7/26~7/30なので、もろ被りですね。

レクチャーに来る人も論文で良く見る人達ばかりだし(4月のやつとはまた違う人たちが多い)、内容もかなり濃そう。あと、クラスターを使った解析も出来るみたいなので、かなり魅力的。

といって、SMBEに行くのも大事だと思うし・・・

これにも参加しようかという話がありましたが、本当に応募するか否か、ボスとも話し合ってよく考えて決めねばなりません。

2011年3月4日金曜日

報道がおかしい

そんなこと僕が生まれた前からずっと続いてきたことなんでしょうけどね・・・

大学入試でのカンニング事件について、マスコミ(最近ではマスゴミとも呼ばれず、カスゴミと言われてるみたいですね。まあ2文字も合ってるし、本質的なことも捉えてるから間違いじゃないんじゃないですかw)の対応、必要に犯人探しを行う姿勢は、常軌を逸しているとしか思えません。

この問題は、別に「ネット社会があーだこーだ」いうようなレベルにすら達して無いですよ。試験会場にカンニングペーパー持っていったのと何ら変わりが無い。 事実Yahoo知恵袋なんていう、得られた解答が素人のものか正解をちゃんと知っている者のものかも判別できないような所にアクセスし、足跡もばっちり残してすぐさま見つかってしまったのですから。

ちなみに、「こういう奴こそ合格に値する」とか頓珍漢なことを言う人もいますが、本当に頭のいい人なら、誰にもバレないようにやりますよ。そしてもっと頭のいい人は、ルール(法)に則って、誰にも文句を言われないやり方で試験に合格するんです。受験勉強なんて程々にやって、合格点をチョロッと取って、その間やってた自分の好きなことでものすごい結果を出すんです。


まあそれはそれとして、自分としてはこの話題は体のいいスケープゴートとして利用されたと思います。
相撲の八百長問題のときも、この問題を散々引っ張って藤井副官房長官の15億円横流し疑惑や「紅の豚」疑惑やらをできるだけ隠そうとする意図が見え見えでした。
今度はこの話題で、前なんとかさんの政治資金規制法違反の問題やらを遠ざけていくつもりなんですかね。こういうことは少なくとも4月の統一選挙までは続くでしょう。ほんと、自公政権の時とは対応がまるで違う。
自分は現在行われている国会の質疑は休日に殆ど見るようにしていますが、予算委員会での委員長の横暴や与党の体たらく(ひどいのが多すぎて書ききれない)こそ、報道で何度も晒し、国民に知らされるべきでしょう。これが熟議の国会(失笑)で、政権与党がこんな姿勢で、国の大事な予算や関連法案が決められようとしているのだと。

ちなみに、今日から国会の舞台は参院へと移りましたが、僕は参院の「一方通行の時間制」を衆院にも適応するべきだと思います。これを用いれば、答弁者がぐだぐだとくだらない話して時間を潰し、質疑者が十分に問題を追求できないのを避けることができるでしょう。その分全体の時間が長引くなら、国会議員は深夜まで質疑を続ければいいんです。


閑話休題


上記のような「政治と金」の問題ばかりでなく、TPP(これについてはここを見ると、問題点が何か分かります)についての議論や、運用3号についての法改正についての議論も含めた問題もあるし、そもそも尖閣諸島事件での政府の対応や、防衛省の出した事務次官通達の問題も解決しておらず、自民党だったら10回は内閣総辞職、総選挙になっててもおかしくない問題が山積みです。

ただ、民主党を政権与党にのさばらせておいてこの問題を追求しても、はっきり言って時間の無駄。
もはや政権与党である意義、資格を失っている者たちが権力にしがみついていることこそが国益を損なう最大の障害です。

党首討論で総理(絶望)が「予算を通すことが最優先だ。総選挙して政治が止まることを国民が望むと思うか?」と言いましたが、喜んで「Yes!」と言いますね。マイナスしかない現状より、数ヶ月の政治的空白(ていうか民主政権誕生後ずっとそんなもんだったし)の方がはるかにまし。

前までジミンガーとか、最近では「自民も同じ」といってる人もいますが、自民が糞なら、民主は毒です。
何か食べなければ死んじゃう状況で、何故毒を食い続けなければならないのか。


少なくとも、自民党には個人的に賛同できるしっかりした考えを持っている人はいます。
 国防なら石破議員(この人は愛国者だけど右派じゃないと思う。むしろ中庸よりほんの少し左寄り)、佐藤議員(ちなみに国防に関してはここのサイトとかおもしろい)
経済なら林議員、茂木議員
外交なら小野寺議員
農水なら赤澤議員
法なら森議員、西田議員
(教育、科学がないのが不安点)
など。あとは、公明党と離れてくれれば・・・


ただ、予算に関してはもう時間が無いので、妥協点を見つけて成立させるしかない。
(民主党は野党の修正案をよく見もせず、熟議の国会といいながら修正案に関する与野党協議のないままに強行採決しましたけどね・・・ )
また、四月終わりに自民が改憲案を出すので、判断をするのはその後がいい。

なので、解散総選挙は、統一地方選のすぐ後が望ましいと思います。
だからこそ、今の偏向報道が不安なのですが。

しかし、報道とは偏向されるものであり、それらをどう判断するか、その責任は自分が負っている、ということを国民がもっと自覚しなければ、報道に関する現状は改善されないでしょう。

久しぶりにこういうこと書いたら、やっぱり長くなった。

電話

問い合わせたいことがあって電話する。

「ただいま電話が大変混み合っております。しばらくお待ちください。」

↓暫く待つ

「電話が大変混み合っているので、後でかけ直してください。ガチャッ・・・ツーツー(一方的に切られる)」

もう一回かけ直す

「ただいま(ry」
「電話が(ry」  ×3

最後

「本日の案内は終了しました。」



この時のイライラをどうすればいいのだ?
俺の電話代返せや。

フリーザー

来週木曜日にフリーザーを交換します。
D308の学生は木曜日は常にラボもしくは周辺に待機していてください。
具体的な仕事は、
・フリーザーの搬入のための経路を確保する
・フリーザーの中身を新しい方へ移す
・上記2つの仕事を率先してやってる人たちを応援
です。

2011年3月3日木曜日

大は小を兼ねる?


既にI川さんが書いているが、昨日乾燥棚が届いた。

さっそくY崎と組み立てたのだが、予想外に底面積が広くて場所をとる。そして高い。とにかくデカい。D508にあるやつくらいのサイズを想像していたが、優に倍はある。

確かに今までの水きり場は手狭ですぐに満杯になるが、うちのラボでこのサイズの乾燥棚が必要か!?  置き場所を作るために色々と動かさないといけなかったから、なんかよく分からない箱が迷子になってしまった。

まあ文句ばっかり書いたけど、そのうちに慣れるだろう。カーテンを取っ払えば、上半分は物置として重宝する気がするし。

おまけ:長い間消えたまま放置されていた蛍光灯を交換したら、ラボが驚くほど明るくなった。文明の明かりだ。

疲れた

夜中に実験室に行ったら、新しい乾燥棚ができてた。

これで水回りもすっきり。
ただやっぱりモノが増えると実験室が手狭に感じる。

元々半分の大きさしかないからねぇ・・・

今建設中の新しい棟に移れないかしら。二倍の大きさになれば、小規模なクラスタも置けるのに。冷房もあるし。

 そういうことを考えながら、深夜作業用のアルコールを注入し(忘れて帰ってきてしまったw)、さっき今シミュレーションの追加実験のデータをまとめ終えた。


ここのところ、4時過ぎに寝るのが続いている。

体にはよくないが、やり始めると止まらない。この体質をどうにかせねば。


でもバクテリアのデータは取り終えた。リストも作成し、解析をする段階に入れる(といってもこれはだいぶ後になるなぁ)。BioPerl(Perl)を使えること、正規表現を使えることが如何に便利であるかを、この作業を通して感じた。

手でやる作業は全部自動化。「楽をするためにはどんな苦労も厭わない」という言葉は、本当にそのとおりだと思う。



そういえば、自分は何故か、月の終わりと月初めにかけては集中力とやる気が増すように思う。逆に中旬はダレる時が多いが、みんなそんなもんなんだろうか?


・・・大ボスに見てもらっているアライメントはあさってくらいには帰って来るだろうか。

それが来たら、使える全てのコアを使って解析だ。月末の電気代が心配だが。。。


あ、来週のセミナーにも当たってるんでした。今回は何か論文紹介をしよう。この前より早めに準備(といっても1、2日だが)を始める。

それが終わったら学振だっ。