2011年3月3日木曜日

大は小を兼ねる?


既にI川さんが書いているが、昨日乾燥棚が届いた。

さっそくY崎と組み立てたのだが、予想外に底面積が広くて場所をとる。そして高い。とにかくデカい。D508にあるやつくらいのサイズを想像していたが、優に倍はある。

確かに今までの水きり場は手狭ですぐに満杯になるが、うちのラボでこのサイズの乾燥棚が必要か!?  置き場所を作るために色々と動かさないといけなかったから、なんかよく分からない箱が迷子になってしまった。

まあ文句ばっかり書いたけど、そのうちに慣れるだろう。カーテンを取っ払えば、上半分は物置として重宝する気がするし。

おまけ:長い間消えたまま放置されていた蛍光灯を交換したら、ラボが驚くほど明るくなった。文明の明かりだ。

0 件のコメント: