2011年3月21日月曜日

ガソリン満タン

つくば周辺のガソリン不足はようやく解消されつつあると感じる。まだ閉まっているスタンドも多いが、あいているところもそれほど長蛇の列ではない。今日グランステージ近くのEssoで、震災後初めて給油したが10分も待たなかった。1Lが151円には引いたけど。

今後必要があるときは車を使うつもりだが、ガソリンの無駄使いはしないようにする。

その後桜のまるもへ。ここも久しぶり。節電で店内は少しくらめ、客数も少ないが、商品は十分にある。納豆(3個いり1パック)は売り切れてたけど、牛乳とかパンも沢山売っていた。

うちはパン焼機で朝食用のパンを作っているのだが、強力粉が売り切れ。みんな自宅でパンを焼き始めたか?

酒屋にも行ったが、震災でビンのワインや日本酒が割れ、200万くらいの被害だったとか。どこでも大変だ。

北関東の野菜・牛乳から放射性物質が出たのだが、ハウスものの野菜類などは大丈夫のはず。変に敬遠しないで買っていかないと、地元の農業がダメになる。もちろん本当に危険なものは買う必要はないし、買うべきではない。しかし、同じ地域に住む我々が地元の産業(農業を含む)をサポートせずに誰がサポートするのか。

0 件のコメント: