2011年3月30日水曜日

大分整ってきた

約一ヶ月溜めた疲労で首が限界に近づいて来たので、今日は久しぶりに治療院に行った。

途中で散髪もし、Daysの活龍で昼食をとり、非常に天気が良かったので国際会議場の隣の公園のベンチで30分ほど日光浴+昼寝をした。すごい気持ちよかった。


治療院に行くまでにも、道路などは殆ど大きな亀裂などはなく、殆どの店(GS含め)も開店していることから、筑波はもうほぼ平常時にまで回復したのではないかと思う。

治療院も無事だった。太陽光発電をしているので、電気には困らなかったが、水が出なくなり、井戸水も飲料用には使えなかったので苦労したらしい。

ここの先生は鳥栖のあたりで副業として建材関係の仕事もしているらしい。
よく治療後に経済とか政治とか治療に来る筑波大の関係者の漏らす愚痴とかを話す。今日は1時間くらい原発の設計などについての話を伺った。

原発の問題や被災地の復興などはこれからも年単位で続いていくだろうと思うが、段々、自分の日常が帰ってきたように思う。

実験室も掃除が終わり、あとは試薬の補填を待っている段階。うちのラボは幸いにして物理的な被害は殆どなかった。

自分の研究は電気以外は必要なくすぐに再開できたので、筑波に帰ったあたりから自宅PCも含め断続的に解析を行っていた。

今日大体まとまった結果が出たが、予想通り、期待通りの結果だった。

大ボスに報告に行ったら、ボスは花粉でフルボッコにされており、正に (´;ω;`)ブワッ という表現の似合う悲惨な状態になっていた。

が、結果には満足だったみたいで、学振の原稿が終わったら論文を書こうという話になった。このテーマは4年生の初めから取り組んでいたものであるので、纏めるのが今から楽しみである。今回の解析では、如何に手作業での地道なアライメントが現状の系統解析では重要なことであるかを再確認した。実質やったのは自分じゃないけど(爆)。

ともあれ、まずは学振の書類を自力で書き上げなければならない。しばらくは解析はお休みだ。電気も無駄に使えないし。


そういえば、実験室表のポスターを貼ってある場所に、ポスターを吊り下げるためのカーテンレールみたいなのとフックが何時の間にかついているんだが、自分の買ったやつだろうか?

それにしちゃ4カベ分くらいあって数が多すぎるのだが。。。

0 件のコメント: