2011年3月31日木曜日

都合の悪い証拠は残しません(キリッ!

原発問題に関する統合本部では議事録は作成していないという報道


訳が分からない。
確かに、「議事録の開示」については、会議の中では放射性物質の基準値などについてかなりぶっちゃけた話をしているでしょうから、混乱を避けるという観点から必ずしも即時に行うべきではないとは思います。しかし、今回の原発事故が未曾有の災害+人災であることからも、今後同じような状況が発生する場合に備え、どのような対応をしたのかは正確に記録されなければいけないはずです。それでなくても、福井県の高速増殖炉「もんじゅ」では、福島原発の事故など比べ物にならないくらいの事故に発展する危険性が、打つ手がないという理由で放置されているという現状もあります。

もし、議事録が本当に存在しないならば、これは責任逃れのための愚策としかいいようがありません。

先日の防衛大臣の発言といい、(というかずっと)、このサヨク政権には「責任」という言葉がないんですね。

きっと、脳内で"rm -f 責任"というコマンドが随時実行されているのでしょう。

緊急時には、たとえ無能であっても、上に立つ人間が責任は最終的に自分が全てとるという姿勢を見せなければ、現場で体を張って作業している人間の士気に大いに影響し、作業結果に大きく影響します。もし、とんでもない事態が起こってしまっても、現場の人たちを責めることはできません。その時のために最高責任者は存在するのに・・・



今は無理ですが、この震災が復興の段階に進んだとき、民主党政権はすぐにでも失脚させねばならないと思います。

被害の少ない地域では統一地方選が行われていますが、当事者の方々には、ぜひ感情論ではなく冷静な判断をしてほしいと思います。

0 件のコメント: