2011年3月24日木曜日

水について

WHOの定めた「通常時の基準値」について、その値がどういうことを示すのか。

 このサイトで、具体的に説明されています。
が、例によって信じる信じないは個人の責任で

以下、サイトなどを参考に個人的まとめ。

WHOの資料でも書いてありますが、この「通常時の基準値」というのは今の様に原発から放射性物質が漏れているような緊急時には、指標として用いられるには適切なものではないです。

そういった時には、基準値を大きく上回る値が検出されるのは当たり前だからです。


では、国の原子力委員会が今回定めた、WHOの基準値を大きく上回る暫定の基準値がどういうものかというと、サイトにもありますがこういう説明があります。

しかし、WHOの基準値を例えばヨウ素ならば30倍も大きく見積もっている以上、この値ギリギリだった場合でも、通常時よりもそれだけ大きな被曝(年間3mシーベルトくらい)を、受けてしまうことになります。その分だけ発がんリスクなども高まるでしょう。(被曝の影響はWHOの基準値の設定観点から年単位と見るのがいいし、体内被曝であることから体外被曝の基準よりももっとリスキーに考えた方がいいでしょう。)

なので、当然のことながら、この原子力安全委員会の出した基準値は、決して「安全値」ではないということですね。そもそもの通常時の基準をブッちぎっている以上、その上で公的な機関の出した基準値に安心を求めるというのも、当たり前ながら不適切ですね。

確かに直ちには影響はないでしょうし、リスクがあっても確率的なこともあるので、どの程度までが日常生活に耐えうる量なのかははっきりしませんが、 もうそこの所は完全に自己責任で判断するしかない。疑わしきものからは逃げるのが、今の時点の最善策なのは間違いない。

水や食物の汚染と、大気の汚染、それらを逐一チェックし、自分で「自分がまだここにいられる基準値」というのを持っていなければいけないですね。

ただ、福島原発の3号機は現在どのような状況なのか。
3号機のみはMOX燃料を使ったプルサーマル発電なので、あれがヤバくなったら今程度の騒ぎじゃ済まないと思います。一番注視するべきものなのですが、安易に近づけないという現場の状況から、炉の状態について詳細な情報が分かりません。

原発の状態は、決して終息段階ではなく、まだ綱渡りでフラフラしている状況です。

現場での復旧作業が無事、順調に行われることを本当に願います。

0 件のコメント: