2011年5月4日水曜日

椅子新調

金が戻ってくるまでが我慢できませんでした(笑)

CCSのデスクと自宅用の椅子を購入。ランクアップしないと意味がないので、かなりお金はかかりました。

一応、9月くらいまでの大まかな支出を計算した上なので、なんとかなるでしょう。

自宅用のはBauhutteのBriezeを買いました。正直イロモノかなあとは思いましたが、レビュー見てると座り心地も柔らかく、耐久性もありそうだったのと、値段のわりに座部や背部のスライドなど可動域が多かったので購入しました。

組み立てが非常にやりやすかったのが印象的でした。大抵この手のはユーザーフレンドリー(笑)なものが多いんですが、この椅子に関しては随所随所の細かい所で物理的に組み立てやすいようにする工夫がなされていて、好感がもてましたね。

実際の座り心地は一言で言うと「思ったよりいい」。今までになかったタイプなのでまだ慣れませんが、最大角度までロッキングして寝るとハンモックみたいな感じ(ちなみに顔の本で画像うpしたらMKから「拷問器具みたいじゃね?」と言われた)。が、ロッキングを戻したときでも背部が後ろに傾きすぎなのが難点ですかね。通常時には背筋をまっすぐ伸ばした状態で背部に身体が触れるぐらいが丁度いいのですが・・・

CCSのデスク用のは極めて一般的な椅子を買いました(同社のPreciosso)。デスクへはY崎の力を借りて搬入。Y崎ありがとう。下の方お大事に。

CCSのような所はGWと言えど人がそこそこはいるかなと思っていましたが、全然ヒトイナイ。意外でした。

おかけで音に気兼ねすることなく椅子は組み立てられましたが、完成後座ってみたら、最大角度までロッキングしたあと元に戻らなくなるアクシデントが発生。

また不良品かよ!?とイライラしながら試行錯誤したところ、最後に「バキャァッ!」という音とともに元に戻りました。自分は「これで完全に逝ったな」と思いましたけど、その後は正常な動作をするようになりました。大丈夫かな・・・

ともあれこれでデスクの環境は整いました。あんまり拘るものでもないかもしれませんが、この後最長で4年いることを考えれば、スタートはなるべく良い形から入りたいもんです。特に椅子は自分の研究にとってコンピュータの次に大事な資材ですのでw

ちなみに3番目は資料としての本。次に作業用BGM。これだけあったら他はいらないといっても過言じゃない。

0 件のコメント: