2011年6月27日月曜日

春季クラブ対抗戦

昨日、有明テニスの森で東京都に所属するソフトテニスクラブのリーグ戦があった。

8チーム1部(同じ部の試合では8チームが2つのパートに分かれる。10部、11部は16,24チーム構成)として、上から順に1部から11部まであり、東京都の大会としては最大規模だ。

リーグの各パートで優勝すれば、上の部に昇格して、もっと強い相手と対戦することができる。さすがに学生時代にあった同様のリーグ戦と比べれば雰囲気が緩いところがあるが、どのチームも勝ち上がろうとして緊張感もあるので現役時代に戻った気分になる。

ちなみに自分は個人戦よりも団体戦の方が好きだ。勝ったときにチームメイトと盛り上がって喜びが倍増するし、団体戦ならではの雰囲気を利用した戦略や戦術を考えるのも楽しい。この大会は春季秋季と年二回あるので、この大会で試合することを目標にして今は練習をしている。

自分の所属するチームは現在4部、昨年秋5部から昇格したので、その勢いで今回も4部優勝3部昇格を目指した。でも、今回は人数が集まらなかったこともあり、4部残留という結果になった(自分は2勝1敗だった)。


学生時代と違うのは雰囲気だけでなく、試合の運び方も社会人のテニスは大分異なる。若い人も勿論いるが、30以上の人が多いので、当然どうしても身体が動かず、学生のように無茶できないところがある。だからその分、社会人は頭と経験を使った試合運びをする。すると、自分が現役時代と同じようにやっては通用しないところがある。対戦相手の中に東京都の個人戦を制したとか、大学時代一部校だったとかいう人もちらほらいるので、そういう人が社会人のテニスをするとなおさら手強い。

自分も早く社会人のテニスに慣れて、団体戦だけでなく個人戦でも勝ち上がっていけるような選手になりたい。

また、今回のリーグ戦では学生時代に同じリーグで戦った大学の選手にも会い、今自分よりも上の部のクラブに所属し、活躍している所を見た(ちなみに現在同じチームにも、同様に学生時代対戦したことのある大学の卒業生が数人いる)。

そいつらとまた対戦するためにも、秋は絶対優勝し、上の部に昇格したい。

0 件のコメント: