2011年6月5日日曜日

長い!


スキンダイビングを初めて四年と半年にして、2回目のフィン買い替えに踏み切った。

今回買ったのはGullのバラクーダ。市販品としては世界最長を誇る全長735mmのラバーフィンは、これまで履いていたワープフィン630mmがまるで子供用に見えるくらいの存在感がある。

さっそくプールで使用してみたが、まず思ったよりフィンが柔らかいことに驚いた。柔らかいフィンはスピードを出すのに向いていないのだが、そこは長さでカバーしているのか、水面での体感速度はワープフィンと同じくらいだった。
圧巻なのは潜水中の推進力で、長いブレードをしならせることによって存分に水を押し出しているのが感じられた。それでいて脚への負担はワープとほとんど変わらないし、履いた時のフィット感も勝っている。

潜行距離が伸びるというのはとても魅力的なので、今年も式根の海が楽しみだ。

おまけ:最近クロスバイクの調子が良くなかったので、購入した店に持っていった。初回点検ということで点検費は無料だったが、ブレーキパッドが磨り減り過ぎということで交換することに。コイツもなかなかの金食い虫である。

0 件のコメント: