2011年7月1日金曜日

サブミット(?)

進化学会ニュース用の原稿ができたので、先方に送った。

字数制限はなかったが、いざ書いてみると意外に長くなった。書いてるときにも色々思い出したけど、やっぱりCoMEの10日間は短くも濃密だった。

といっても、その内容を記すためには、自分の語彙や文章構成力がまだまだ足りないことも再認識した。文章を書くのは日本語でも英語でもそれだけで難しい。大学のレポートとかはほぼ直感と思いつきによりノンストップで書き、それで済んでたが、公に出る文章はそういうわけにはいかない。

ただ、こういう表現はどうだろうかと悩みながら原稿を仕上げていくのは難しかったが、やりごたえがあって楽しくもあった。

また、このようなエッセイでなく、より論理的な文章を、英語で書かなければならず、しかも査読までつく論文をちゃんと自分の力で仕上げられるようになるにはもっと沢山経験を積まなければならず、これから大変な道のりだとも思った。

まあとりあえずは、上手くかけたかわかんないけど、自分の文章がニュースに載るのを楽しみに待つことにしましょう。

0 件のコメント: