2011年7月6日水曜日

Eigenfactor 2010

とりあえずまとめとく。()はこの前書いたIF

Nature (36.101)  1.74466
Science (31.364)  1.46485
PNAS (9.771)  1.66833
Plos One (4.411)  0.32131 
Syst Biol (9.532)  0.02671
MBE (5.510)  0.09129 
Proceedings B (5.064)  0.09093
MPE (3.889)  0.04073
BMC Evol Biol (3.702)  0.03976
Evolutionary Bioinformatics (2.684)  0.00926
Gene (2.266)  0.03425
GBE (2.674)  0.00128
JME (2.311)  0.01359
Genome Res (13.588)  0.12633
Genome Biol (6.885)  0.07688
Curr Biol (10.025)  0.20777
Mol Microbiol (4.819)  0.10483
J. Eukaryot Microbiol (2.397)  0.00599
Protist (3.329)  0.00373
Eur J. Protistol (2.322)  0.00146
Algorithm Mol Biol (2.800)  0.00148
Bioinformatics (4.877)  0.17973

ほか
Mar Micropaleontol (2.321)  0.00548
J. Syst Palaeontol (3.844)  0.00280
Paleobiology (3.045)  0.00602
Biol Letters (3.651)  0.02728
Environ Microbiol (5.537)  0.04522
J. Bacteriol (3.726)  0.13002
Biostatistics (2.769)  0.01177



やっぱりEFを見ると、特にMBEなんかのIFの低下を鵜呑みにするのは適当ではないように思いますね。それとおねぇのEF高っけー。それだけ面白くて注目を浴びる(ビッグジャーナルに引用される)論文が出ているのだろうか。だとすればおねぇは結構高い質も維持していることになるが・・・


ただ、EFの計算時に引用の重み付けをする場合、どの雑誌が重要な雑誌なのかをどう判断しているのか? それぞれのEFを参照するような計算式があるのかな。まさかIFを参照することはないだろう。それじゃIFのバイアスがそのまま影響しちゃってEFの意義ないし。

0 件のコメント: