2011年7月7日木曜日

メモ:openMPの簡単なコード

実行には
gcc -fopenmp hogehoge.c
./a.out

#include
#include   --- おまじない

main()
{
   printf("start ...\n");
   #pragma omp parallel  --- openMP並列化のための指示文
   {
      printf("proc id=%d n=%d\n",
      omp_get_thread_num(),omp_get_num_threads());
      --- omp_get_thread_numでスレッドの番号取得、**_num_threadsで総スレッド数(このコードでは=プロセッサ数)
   }
   printf("end...\n");
}

openMPの利点の一つは、指示文を逐次処理コードに加えるだけなので、並列処理のコードへの実装(と削除)が容易ということですね。

0 件のコメント: