2011年8月7日日曜日

ベビーシッター

昨日は仕事。
もちろん実験やら論文書きやらという類のものではない。

ボスのキッズに遊んでもらう with Mっちゃん、という仕事である。
ボスはカナダ、ボスの奥様はお仕事で外出、ということでラボの年長者二人が御指名となった。
上の長女はすでに小学〇年生だし、下の長男は幼稚園の年長さん。
しかもこれまでにも何回も遊んだことがあるので、たいして手はかからない。

昨日は昼ごろボスの家へお邪魔して昼ご飯を御馳走になった。ここで出てきたジャガイモを使った一品が気に入った。作り方を教えてもらったので、後で早速作ってみようと思う。
想定外だったのは、ボスの奥様のお母様が買っておられる駄犬(ボス談)コハルに吠えられまくったこと。
Mっちゃんも同じような憂き目に会い、僕も咬む真似をされたり、コハル嬢は相当にお怒りのご様子であった。おやつ+散歩後は顔をなめに来るくらい仲良くなった(なんて現金な!!!)。



食事の後は

カードゲーム under 長男's rules (カードが気に入らないと山札を自由にシャッフル、突然終了、etc.)を経たのち、

エキスポ〇ンターで

・プラネタリウム(を見ながらkamiとMっちゃんは爆睡)
・高分子ポリマー(いわゆるおむつの吸水材)を使った芳香剤作り by 長女
・水笛作成 by 長男

という感じで1時間を過ごした。
おやつをはさんで最後にキッズがゲームセンターに行きたがったので、メダルゲームをしに、D〇〇〇 T〇〇〇へ。
さすがに長女はメダルを元手の2倍まで増やし、ご機嫌。
長男は摩って摩って摩りまくったが、ご機嫌。


ここで本日最大の難関。
長女とともに、儲けたメダルをdepositしようとしたら、店員さんから

「16歳未満の方は保護者の方にお願いします。」

とのこと。今思えば、「いや~、知人の子供なんですがどうしましょう?」と言えばよかったのだが、その時なぜか

「あの~、僕たち血がつながっていなくて、、、本当の父親じゃないとダメですか?」

という誤解を生む返事をしてしまった。このとき店員さんがどういう意味に受け取ったかは火を見るより明らかで、店長が出てきて詳しい説明を受けた。。。大変申し訳ない、という感がにじみ出ていた表情が忘れられない。


0 件のコメント: