2011年9月12日月曜日

お月見

中秋の 名月光る 夜空かな 我が身を照らす うさなき白光

はいお粗末

今日は十五夜ですね。
8時くらいには少し雲が出て月が隠れていたのですが、今アパートの外に出てみるとくっきりと輝いていました。

うちのベランダからは見えないので、団子と酒で月見晩酌は出来ませんですが、少しの間考え事をしながら眺めてきました。

そういえば、ちょっと前にはnatureに「太古には月が二つあった」という論文が出ていましたね。ホントかどうか専門外なので詳しくは分かりませんが、我々生命体が生まれる前の地球では。月はどのように見えていたのでしょう。地球上は地獄のようだったと思いますが。


月を見るために外に出ると、意外にも夜風が涼しいことに気づきました。蟋蟀と鈴虫の合唱も始まり、今年は去年と違い常識的なタイミングでちゃんと秋が来そうです。

0 件のコメント: