2011年11月12日土曜日

二台目:ロードレーサー

ロードレーサーへの思いが冷めやらぬまま、とうとう今日バーツクの某サイクルショップ(クロスバイクを買ったお店とはべつのところ)で2012年モデルを予約してしまいました。

メーカーはイタリアの老舗ビアンキ。色々なメーカーの同価格帯のロードレーサーを比較しながら散々悩んだけど、最終的には価格とデザインのカッコ良さとブランドと入荷時期でビアンキになりました。特に入荷時期に関しては運がよくて、ビアンキの新作モデルは普通翌年の春くらいにしか入ってこないらしいんだけど、たまたまお店側が僕が欲しいと思っていたモデル(正確にはフレームのカラーリングだけど)をビアンキの新作展示会の時に2台だけ早期発注していたので、来月くらいに届く見込みがあるというのが大きな決め手となりました。これがなければ正直春まで待つのはキツいので、先週試乗してきたうちのどれかに落ち着いた可能性が高いです。特にアンカーはフレームカラーの自由度が高く、国産で価格としてもそれほど高くないのでかなり気になっていました。弱虫ペダルの主人公の愛車になるという噂もあるし(坂道君は現在クロモリロードに乗っているので、カーボンロードを手に入れた彼が激坂を登りながら「なんて軽いんだ」とか言うシーンがインハイ編後にあると勝手に予想)。

ビアンキと言えばチェレステカラーが有名だけど、予約したのもツヤ消しの黒(マットブラック)のフレームにチェレステのラインが入っていて、ビアンキらしさをしっかり入れつつもワイルドな仕上がりになっています。素材はアルミで妥協するつもりだったけど、店員さんのセールストークに乗せられてカーボンにしてしまいました(笑)。コンポはスタンダードに105(カンパニョーロ? 買えねぇよ)。結構レース指向のモデルなので、ペダルも思い切ってShimano SPD-SLにしました。他にメンテナンスに使うケミカル類やケイデンスと心拍数が分かるサイクルコンピューター、冬用ウェア上下、鍵やライト、ボトル等々をついでに買ったら予算をかなりオーバーしてしまいました。自転車が趣味でない人が聞いたら「お前チャリにこんな使うわけ? 馬鹿なの? 死ぬの?」と絶対に思うくらい高いです。一度にこれほど高い買い物をしたのは実は初めてだし、しばらくは倹約した慎ましい生活を送らなければいけません。まあ妥協して安いモデルを買っても後悔するかもしれないことを考えると、良い選択をしたと信じています。そう思わないとやってられないのが正味な話ですが。

当面の課題は部屋の中にもう一台自転車に置くスペースを作ることと、ロードレーサーの名前を決めること。名前はM-たんに「部屋の中に入れて、出かける時も一緒なんてペットと同じじゃん。名前付けなよ」と言われたので(笑)。とりあえずはガンダルフの愛馬の名前を貰おうかと思っていたけど、ちゃんと調べたら原作基準だとあの馬は名前に反して灰色らしいので悩み中。

おまけ:Takさん、金縛り良かったですよ。

2 件のコメント:

Tak さんのコメント...

僕と同様に、愚かな金遣いをするようになったんですね。いい事です。色々凝りだすと、お金かかるよね。これ以上ないぐらい楽しいけど。楽器も、針金一本で1万円とか意味不明な値段設定だし、、、
家で自転車眺めてニヤニヤしてる姿が目に浮かぶ。おれも、家で楽器見ながら何時間でも酒飲めるし。

12月に入ったら、金縛り見に行ってみるよ~。

U-ki.Y さんのコメント...

ロードいいですな。個人的にはピストがほしいけど、それ以上にショートボードがほしい。