2011年12月28日水曜日

学振受かりました。

審査結果が午前中には出ていたみたいですが、早めに福岡に発ったので、今まで確認できませんでした。

なんとか採用内定いただきました。
両親にも良い報告が出来て、嬉しかったです(「受かったよ」に対する第一声が「やった!これで来年から仕送りせんでいっちゃろ!?」だったのがまあアレなんですが・・・)。

申請書の作成、共同研究などによる業績、面接など、色々準備をする中で、沢山の方々のご助力を頂きました。この場を借りて、感謝申し上げます。

これに慢心することなく、これから三年間、次の試練であるPDに向けて、もっともっと研究してデータを出して、業績を増やしていく所存です。

帰ります。

本日、筑波から実家の福岡に帰ります。

修論も、投稿論文も、試験勉強もまだまだ途中の段階なので、帰省しても火の車なままですが、とりあえず両親に顔を見せに行ってきます。

多分今日の昼頃に学振の結果が出るんじゃないかと噂されていますが、僕は新幹線で帰るので夜まで確認できません。何だか悶々としたまま福岡までの長い旅路を耐えなければいけないんですが、とにかくいい結果が出てることを祈ります。

2011年12月27日火曜日

ねだるな。勝ち取れ! さすれば、与えられん。

クーリスマスが今年もやってくるー 悲しかったできごーとーをけしさるよーおーにぃ♪
パジャマを脱がずにトナカイのぬいぐるみを着ている人がいました。そんなクリスマス会が26日(クリスマス後)にあり、ビンゴ大会は白熱してkami様は知らぬ間(その場にいなかった)にクッションをゲットしていました。
クリスマスが終わったら、もう年末です。そこでたまりにたまったラボの誇り…埃、塵芥を排除するべく、軽い大掃除が開催されました。出てくる出てくるゴミゴミゴミ!おかげで綺麗になりました!が、数分後にはもう物が散乱し始めたのはご愛嬌。そんなラボにもクリスマスプレゼントが!蛍光顕微鏡!!なんと抗体に合わせてフィルターを合わせるめんどくさい作業がフルオート!嫌気組をはじめいろんな人に恩恵をもたらしてくれるに違いない!(←偉そう)
なんだかシュワシュワしたのが飲みたくなってきたなーと思いつつ実験しております。

うれしいクリスマスカード

いくつかクリスマスカードが来たが、特にうれしかったのはカルフォルニア大の知人からのカードであった。

彼と彼の家族とはHalifax時代からの付き合いなのだが、テキサス、Halifax、カルフォルニアとポスドクとして渡り歩いた兵である。カナダ時代は毎週末遊んでいた、大の仲良しだったのである。彼らがとうとう帰国するとのこと。まず旦那が帰国し、子供と奥さんは向こうの学校が夏休みに入る6月に帰国する予定らしい。

旦那はどんな職場になるのか詳しくはわからないが、10年以上海外にいて帰国するのはいろいろ考えがあってのことだろう。彼の帰国後の幸運を祈りたい(真剣)。

さて学振特別研究員の合否であるが、まだ出ない。例年クリスマス前に発表なのだが、うちのラボにはそわそわして待っている学生が2名いる(MちゃんとIshikawaくん)。明日こそ2人ともにいい知らせが届くといいのだが。

2011年12月25日日曜日

ようやく守りたいものを見つけたんだ。君だ



というわけで、ようやく納車してきましたBianchi sempre 105! 写真は上手く撮れなかったけど、実物は見蕩れる程カッコいいカラーリングです。漫画『弱虫ペダル』だと箱根学園の荒北3年生が色違いの同じモデルに乗っています。

購入店のマ◯ナガではバイクのフィッティングやパンク修理の説明、簡単なメンテナンスなどなど、1時間くらいかけて丁寧に説明してもらいました(ついでにバイト中のDイルさんにも遭遇)。ツーリング向けと言うよりはレース指向のフレーム設計だから、姿勢がキツくないかと少し不安だったけど、普段から運動しているお陰かこれは意外と平気でした。

実際に乗った感じはさすがのフルカーボンロードで、今まで乗っていたアルミのクロスバイクよりも断然軽くて速度もグングン上がる。ケイデンスを計れるメーターも運動強度の指標になって上々。残念ながら取り扱い説明&納車後は既にかなり日が傾いていたので、そのままサイクリングに行って長距離走行を試すという訳にはいかなかったけど、店から家までの5kmに満たない距離でも車体のポテンシャルがヒシヒシと伝わってきました。

家に着いてから部屋に運び入れるために車体を持ち上げたら、「これが自転車の重量なのか!?」とあまりの軽さにまたビックリ。メーカーは公式に重量を発表していないけど、ググってみたところ今までのクロスバイクより2kgは軽いようです。一度体験するともうママチャリには乗る気にならないくらい軽い。積載能力は皆無だけど(笑)

来年はエンジンたる自分の身体をしっかり慣らして鍛えて、レースデビューできたらいいなぁと思います。目指せツール・ド・沖縄! ダイビング以外でも沖縄に行く楽しみができて嬉しい限りです。


おまけ:三台目はMTBかなぁと思うけど、金銭以外に置き場所の問題が大き過ぎてしばらくは無理そう。

2011年12月19日月曜日

統計検定受かった

今日合格発表があって、2級に受かりました。

これで一応、大学の基礎教養レベルの統計解析の知識はあることになる、のかな。

まあ、実際の研究で役立てないと意味ないですけどね・・・

来年からは1級及び英国RSSの国際資格用の試験が解禁されるので、博士課程の間にこれらに合格することを目標として、統計学の勉学にも励んでいきたいと思います。

よーしテンション上がったぞ!!
原稿の方も仕上げるぞー

2011年12月18日日曜日

何でこうポンポンと

たかだか500KBのファイルでテキスト編集してるだけなのに、「予期せぬ理由が発生しました」で簡単に自殺するイラレさんはマジで鬼畜です。

2011年12月17日土曜日

日記によると

2年前の今日は柳仙会だったようである。この晩、kami様が起きぬけに「××を××しだきゃいいやん?」と発言したとある。あれは笑ったわぁ・・・

ただ柳仙がまだ再開しない。提灯の明かりのともっていない竹園センター入口交差点は寂しい。


パシフィコ横浜の分子生物学会は、まあね。自分のシンポに出てその後研究とかの打ち合わせしたりしたけど、ポスター見たり発表聞いたりはせず。だってデカ過ぎ。

ただ那古屋大の先輩と一瞬話すことができ、弟子達がO澤先生のシンポを計画しているとのこと。参加するのがとても楽しみである。何か手伝えることがあれば、手伝いたいけど。

先週はあまりにも実験結果がダメダメ+衝撃的すぎて、発表準備のモチベーションが全く上がらなかった。

2011年12月15日木曜日

なってない

代替案での解析結果 : 爆☆死

だがこれまで色々検証して元の方法で何が原因で問題が生じているかは大体分かった。

けれどその解決方法がまだ分からん。くそお

何とか

なったか・・・、な・・・・

あとは新しいプログラム使って実際にデータを取って、前とあんまり変わらん結果が出てくればおk。

久しぶりに人の作ったマニュアルに●意を抱いた。これだからフランス人は適当だって言われるんだよ。

マニュアルくらいちゃんと作ってろbkks

マニュアルどおりコマンド打って、それで正常どおりに動いてると思ったらバグってたでござる。

シミュレーション配列であっちゃいけない終始コドンが出てきてる・・・

マニュアルに嘘を書くんじゃねぇよ。

とりあえず、代替案は浮かんだから、これからそれでデータ取るようにスクリプト書き直さなきゃ・・・

これはちょっとジャンピング土下座の用意をしといた方がいいかもしれぬ。チクショウ

2011年12月13日火曜日

ほくほく

3,500円の値下げ交渉から入った自分が速攻で落札できた、ていうのは結構意外だった。

もうちょっと細かい所で調整入るかと思ったんですが・・・
元のキット代と製作費用考えると、元の定価もかなりタイトな感じで設定されてたと思うんですが・・・
元キット絶版だし。

それだけ出品者が凄く落札して欲しかったのかな?

まあ何はともあれ、メカキングギドラ(原型 速水仁司氏)の組み立て塗装済みガレキ、ゲットです。

数少ないメカキンのモデルでは、これが一番出来がいいんじゃないでしょうか(参考)。

コブラのように鎌首もたげてるのが格好良いですね。


こいつが手元に来るのを心の支えにして、論文作成を進めます。
K松崎さん、在庫あと一個残ってますよ!! GO!!

2011年12月12日月曜日

今まで大切にしてくれて どうもありがとう 僕は本当に幸せだった

いろんなことがあった週末が終わって、ラボにきたら奴がいました!(正確には金曜日からだけど、僕はいなかったので)
すげーでかい。
使い勝手はいかがなのだろうか・・・


どうやらぱっと写真を撮るのができないらしいので、古い方はまだまだ働くそうです。

100%の正解

我々の日々戦う「科学」というフィールドでは、自分の出した答えが正解かどうか分からないことが多い。というより、分子進化学では正解は分かり得ないわけ。何がいいたいかというと、大学入試を終えたくらいからは、科学のフィールドはもちろん一般社会で直面する各種問題では、何が正解かはほとんど場合分からないということ。

ただ、先週の土曜日にぼくは「正解」に達したので、ここに報告したい。

----

ご存知のように我々男性にとって女性への対応一般はデリケートな問題である。とくに美容院から帰ってきた直後の女性に対しどのようなコメントを吐くかは、男として、いや漢としての頭の回転と胆力を試されるシチュエーションといえる。

数ヶ月前、うちの奥様(YKKさん)は美容院から帰ってくるなり、「変じゃない?」を連発、挙句に「なんか奈美えつこっぽくなっちゃったよね」と問掛けてきたのである。

この場合「奈美えつこ」は自虐的笑いを獲りに来ているわけで、これに同意することは避けるべきである。でもこれで笑ってあげないとダメで、さらにフォローが必要なわけ。以下ぼくの解答…

「はは、奈美えつこって!(少し間を空けて)でも山口紗弥加って感じもするけど?

このフォローは我ながら高得点だと思う。あまり若いアイドルを挙げず、YKKさんと年齢が近い山口さんを挙げたのが絶妙だったと思う。ただ、YKKさんが美容師さんにどういうイメージで仕上げてくれとオーダーしたかは、このフォローには入っていないところが難である。実際、「奈美っぽい感じで」と伝えたわけないし、どんなイメージをめざしたのか、そして仕上がりはイメージ通りなのか、という点はきわめてYKKさんには重要なはずである。


さて、土曜日である。YKKさんは帰宅するなり、「変じゃない?」との問掛けを始めた。要するに、新しい髪型をどう思うかコメントを求めてきたわけ。子ザルは「うわっ、ママすげーなっ!」とか言っているが、それは6歳のガキだから許されるだけ。44歳のぼくは「いいじゃん!」的なコメントを言うのは当たり前だが、奇跡的に完ぺきな返しを達成した。

「ああ、いいじゃん。なんかあの人っぽくない?あのキム兄と結婚してたひと誰だっけ?もう離婚したけど」

年のせいで辺見えみりが出てこなかったのは悲しいが、辺見えみりこそがまさにYKKさんが美容師さんに伝えたイメージだったのである。

YKKさん:「そう!辺見えみりみたいな感じにお願いしたんだよ!」

----

すごい達成感… 今後も高得点が獲得できるよう切磋琢磨する。

2011年12月8日木曜日

再投稿

この前蹴られた論文を、先ほど再投稿した。
お忙しい中論文修正をしていただいた二人のボスに感謝です。

雑誌としては適度なランクだと思うし、良い返事が貰えるといいんだけど、まあクリスマス休暇あるから返事が来るのは来年ですね・・・


さああとは和文原稿の方を仕上げなければっ・・・!

2011年12月7日水曜日

ピーナッツかりんとう復活したんですか!


品切れしてただけだったんですか!
また食べられるんですか!

やったー!


月に2回くらい、疲れたときに食べると最高なんですよね。

2011年12月4日日曜日

君の居ない部屋がこんなに広いなんて・・・

<解説>

有機酸は今月半ばに届くはずの105カーボンビアンキたんに見合う技術と体力を手に入れるために、週に2〜3回クロスバイク(アルミ、巨人製)で練習をしています。

ある夜、路面が湿っていたにも拘らず無謀なコーナリングをしたため(30km/hくらい出ていた)、見事に落車してしまいました。

幸い身体の方は肘や膝に擦り傷をこしらえる程度で済んだのですが、運悪くバイクの右側を下に倒して転倒してしまったためにリアディレイラーがお亡くなりになり、インナートップからギアチェンジができなくなってしまいました。

固定ギアとして使うにはあまりもペダルが重過ぎるので、しかたがなく買ったお店へと修理をお願いしに行った訳ですが、部品の在庫が無いため、発注してからの修理になるとのこと。

失意のうちに徒歩で帰宅した有機酸でしたが、いつもは盗難防止のために玄関の中にクロスバイクを置いているスペースが、思いの外広いことに気付くのでした。


・・・・はい、というわけで。

しばらくは自分の足で登下校です。実は既に金土日と歩いて研究室とアパートを往復していたり。

新車が届くのが先か、修理に出したクロスバイクが届くのが先か、どちらになるか微妙なところですね。

せっかく本まで買ってライディングを勉強しようとしていたのに、全然自転車に乗れなくて不満な日々を、スライムまんを見たせいで突然やりたくなったDQ4をプレイしながら過ごしています。.

2011年12月1日木曜日

Mr. Bayes 3.2のインストール

遂にMr.Bayes 3.2がリリースされました。

前情報からはチェックポイントを作成できるようになって途中で解析がぶった切られても復元出来るようになったことなどがありましたが、マニュアルをざっと見てみると、このプログラム単独でBayes factorを使って樹形検定ができるようになった、などかなりいろんなことができるように拡張されたみたいです。

あの分厚いマニュアルと格闘する時間は今は無いですが、のちのちちゃんと調べて使いこなせるようになろう。

ちなみにちょっと前にはTreefinderもメジャーアップデートされて、MPIで使えるようになったなど新機能が搭載されてましたが、こっちと比べるとなんだか霞んで見えるような。。。^^;


とりあえずインストールは以下のとおり、

解凍して
> autoconf
> ./configure
> make

3.2ではデフォルトのインスコではBEAGLEのライブラリがないといけないみたいです。BEAGLEってのはNVIDIAのGPUでCUDA使ってGPGPUするために必要なもので、要はMr.BayesがGPGPUで走らせられるようになったということです。(これ実装するために遅くなったんじゃね?)

これはもう来年あたりGPGPUできるような計算機を買うしかないですね!(笑)
一応DD受かったらなおのこと必要だし。。。

 BEAGLEの導入は下記サイトを参照↓
http://code.google.com/p/beagle-lib/wiki/LinuxInstallInstructions

まあ、普通のだとこれはいらないので、インスコのときBEAGLEを使わないようにします。
> ./configure --with-beagle=no

また、MPIバージョンをインスコするときは
> ./configure --enable-mpi=yes

です。

とりあえずPeggy(Debian)ではインスコ成功。時間がある時に双子にも入れておきますかね。

ら、、、ぼ、む???

先日La○omeという会社からメールが来た。以下和訳(意訳)。

「こんにちは、Lab○meです。私たちは毎週一人に"Science degital subscription and AAAS membership"の権利をプレゼントしてるんやけど、あなたが選考に残っています。つきましてはe-mailアドレスと住所をメールで教えてね。」


、、、かなり胡散臭い。そしてこの会社、正直よく知らない。
そこでkamiは以下のメールを送った。

Dear person in charge,

I am very honored to be one of the candidates.
My e-mail address and postal address are below.

.....

、、、馬鹿か?
信じるなよ、おれ。
たぶん色々な書類や手続きで疲れていたからだろう。

これからいらないeメールやダイレクトメールが山のように届くんだろうな、あ~あ。
そう思っていたところ以下のメールがL○bomeから

Dear Dr. Kami,

Congratulation. You have been selected. Please use the following
information to set up your account at ....



ほんまやったんや!!!
そして当たった(笑)
これから一年間無料購読!



正直者が馬鹿を見る、信じるものは救われる、、、本当はどっちだ?