2012年1月25日水曜日

ガリガリガリガリ

3年間で貯めに貯めた裏紙が凄まじい勢いで無くなっていく。

線形代数、微分積分、集合論、学群生時代に一通りやっていたことが当然のごとくすっぽりと抜け落ちてしまっているので、中々もどかしい。

しかしながら時間もないので、せめて部分点は取れるよう過去問をなるべく多く解こうとやっている。
まあ半分くらい解ければ御の字だろう。面接はデュアルディグリの経験者の方々に聞いてみるとそんなにキツくはないようだし、挽回は出来るだろうと思う。

そういえば、今日集合論を解いているときに問題文に出てきたこれ→ ”<>”
アングルという記号らしいがこれの読み方やら意味やらが全く分からなかった。

自分の参考書にも載ってないし、ネットの海からも情報を得られなかったので、CCSのHPC研の方々にも聞いてみたところ、TeXのコマンドから探し出してくれた。TeX使いスゲーと思った今日この頃である。

0 件のコメント: