2012年1月9日月曜日

査読帰ってきた

先月始めに再投稿した論文の査読結果が帰ってきた。

前にえむべーえーに投稿した時に帰ってきたコメントよりはかなりポジティブ。これくらいならMinor revisionだと考えていいのかなと思う。


新たにデータをとるとしたら大まかに分けて2つ。どちらも大して労力もかけずにすぐ取れると思う。

が、そのうちの一つは色々な設定が考えられてやり始めるとキリがなくなりそう(だからこそ今回の論文ではそのような解析は行わない方針でいったわけだし)。

レビュアーに納得してもらうため、最低限どのようなデータを取ればいいか、あるいは取らなくて良いか、考え中。

それと、revisionをいつまでにやれというのがメールにも雑誌のHPにも書いてないんだけど1~2ヶ月くらいは余裕あると考えていいのかしら・・・メールに再投稿する予定日を編集者に教えるようにと書いてあった。

長くほったらかす気はないけど、ちゃんと熟慮してresponse書きたいし、データ取りは別として最終的に仕上げるのは修論と試験が片付いてからになるだろうか。

0 件のコメント: