2012年2月4日土曜日

完璧だった

用事があったので、友人の車に乗せてもらって土浦に行った。その時の話。

駅近くのコンビニに寄り、もう一度車に乗り込み駐車場から出ようとした。
そのとき、自転車に乗ってヘルメットを被った女の子(小学校3,4年くらいだと思う)が歩道を通ってやってきたので、こっちもその女の子が先に車の前を横切るよう停止したのだけど、その子は車の前を横切る前に自転車を止めて、右手を真っ直ぐぴっと伸ばし、僕らの方に向かってお辞儀をした後通り過ぎていった。



他人からすると何てことのない一場面なのかもしれないが、僕はそれを見て強い感銘を受けた。あんなに完璧に交通マナーを遵守する子供は、ここ何年も見たことが無かったのだ。

守られて然るべきものなのに、誰もがどこかでサボりを入れている。

それをせず、安全確認をきちんと実行するその子にも感心したし、(僕みたいなのがこういうことを言うのはおこがましいかもしれないが)、その子の親御さんも凄いと思った。良く躾けておられるのだろう。


自分の交通マナーを省みれば、反省するべきことがいくつもある。今日見た光景を戒めとしていかなければならない。

0 件のコメント: