2012年2月7日火曜日

デュアルディスプレイ+ディスプレイ共有

どうもDebian squeezeでのXRandRを使ったデュアルディスプレイの設定がうまくいかず、ドライバ更新してもディスプレイが認識されなかったので、NVIDIA Server Settingsでディスプレイの検出+デュアルディスプレイの設定して、/etc/X11/xorg.confの上書きでうまくいきました。

こんな感じ↓













メインとサブで別々のデスクトップにしているので、移動できるのはマウスポインタだけ、ディスプレイを跨いでアプリケーションの最大化とかもできるみたいですが、今回はそこら辺は目的とは合致していないのでこの形にしました。

メインの方は切替機使ってWin PCと共有させているので、サブはそのまま、メインだけ切り替えることが可能です。

こんな感じ↓












デスクトップがカッコイイ(キリッ
ちなみに画像は落ちてたのを勝手に拾ってきました。

今回さらにUSB機器用に別に切替機も用意したので、マウスやキーボードなどとディスプレイの切り替えは別々になります。例えば上の画面でマウスとキーボードをWinからLinuxに切り替えて、サブの画面で作業することも可能です。(ただ、あらかじめサブの方にポインタを乗せておかないと、切り替えても操作できないみたいです)

ちょっと画面を切り替えるたびにボタンをカチカチしないといけないのが億劫ですが、まあ慣れるでしょ。これでWinの画面を見ながらサブでコーディングや解析などができます。デュアルブートより相当楽になりますね。

0 件のコメント: