2012年3月6日火曜日

半分終わった

双子アップデートと、mpiBLASTのインストールまで終わった。

SUSE12.1にしたのでGNOME3に”なってしまった”わけだが、相変わらずこの無駄なオシャレ具合は気に入りませんね。

あくてぃびてぃ(笑)とか、ファイルマネージャのUIがところどころ変わってたりとか、解析用マシンにそんなもんはいらんのであって、イモ臭く古臭くあればよいのですよ。

まあ、そんなこといったらSUSEなんか入れんでGentooとかDebianにしたり、リモートログインで端末操作だけするようにしとけよ、という話なんですが・・・

あと、更新自体にもかなり時間が掛かってしまった。ミラー使おうが何しようがどうしてもリポジトリにアクセスできなくて、zypperではなくDVDでアップグレードしないといけなかったり。片方はすんなりいったんですけどねえ・・・


やっぱりLinuxのディストロはメジャーどころ(=いろんなトラブルに対する解決策がネット上に散らばっている)一つに絞って、システムの深いところまで知っておく必要があると思いました。


明日はmpiBLASTのテスト解析。多分すんなりいってくれるはず。多分。

共有ストレージやローカルストレージの設定があるけど、many coreの計算機一台で走らせるだけなのでそこらへん適当にやれば走りそうな気はするけど、どうでしょうねえ。

0 件のコメント: